マンネリ化する時の兆候とは。カップルのマンネリ化を防ごう

最終更新日:2017年4月5日

付き合いが長くなってくると、どうしても訪れるのがマンネリ化です。

マンネリ化してくると明らかに付き合い当初の好きな気持ちとは違うので、別れることを意識することもあるので注意が必要です。

そこでカップルがマンネリ化する時に見える兆候についてご紹介します。

1.行動パターンがいつも同じになってきた

マンネリ化してきたカップルの兆候としては、行動パターンがいつも同じになっていく傾向にあります。

デートにいく場所がパターン化してくると、二人でいく場所も限定されてきます。

どちらかがたまにはどこかいきたいと言っても、めんどくさいと言われて結局いつものパターンになることが多いです。

いつもと同じパターンでも、お互いがそれなりに満足してるので、それほど大きな不満を抱いていないことがマンネリ化の兆候のひとつです。

不満が大きくなれば違うところにいくようになりますが、お互いがマンネリ化した行動パターンに安心感を抱いていることで、さらにマンネリ化が進んでしまいます。

2.目を見て会話や返事をしなくなる

マンネリ化してきたカップルも兆候としては、お互いが目を見て話をする機会が急激に減っていきます。

会話をする時の基本としては、相手の目を見て話をするのが基本ですよね。

しかしお互い一緒にいることが当たり前な関係になってくると、わざわざ相手の目を見て話をしなくてもいいと思ってしまいます。

何か作業している時に話をされれば、普通は作業を止めて相手を見て返事をするものです。

しかしマンネリ化してきたカップルの場合、わざわざ手を止めることなく作業しながら気のないような返事をするようになります。

わざわざ相手のために自分のことを止めてまで話をしようとすることがなくなっていくのも、マンネリ化してきたカップルの兆候のひとつです。

マンネリ化してきたことで相手との会話の優先順位が、昔に比べて下がっていることが要因となります。

3.会う時はいつも同じ服装

カップルがマンネリ化する時に見える兆候としては、オシャレや服装に気を遣わなくなっていくことです。

自分が好きな人の前ではカッコよくいたいとか、可愛い自分でいたいと思うものです。

付き合う前や付き合い当初は、相手に自分が良く見られたいという思いが強いので、ファッションにもこだわっていることが多いです。

しかしマンネリ化してきたカップルの場合には、相手のためにオシャレをするのがめんどくさいと思ってしまいます。

初めはファッションを褒めてくれたとしても、マンネリ化してくると相手のファッションに興味も薄れていくので、頑張ってオシャレをしてもムダに思えてしまいます。

いつの間にか相手の前ではオシャレをすることもなくなるので、自分が気に入っている同じような服装になってしまいます。

4.連絡するのが義務化してくる

付き合っている時はお互いがメールや連絡をとり合うことによって、付き合っている安心感を抱くこともあります。

しかしマンネリ化してくると連絡をとることが義務化されてきたと感じるようになり、連絡をするのがめんどくさいと考えてしまいます。

カップルがマンネリ化する時に見える兆候としては、連絡するのが義務化されていると感じて、そっけない返事になります。

付き合い当初はラブラブな内容のメールを送ったり、絵文字なども使ってメールを送ることも多いでしょう。

しかしマンネリ化してくると毎日メールや連絡をしているので、だんだんと連絡するのが義務化されてきます。

そのためメールもそっけない内容になったり、絵文字なども使わない業務連絡のようなシンプルなものになっていきます。

電話でもお互いが用事だけ話をするようになり、時には返事だけして終わることもあります。

マンネリ化する時に見られる兆候として、連絡が義務化されてくることもありますが、その時にマンネリ化してきたと感じることが多くなります。

5.相手の笑顔を見る回数が明らかに減った

カップルがマンネリ化する時に見える兆候としては、相手の笑顔を見る回数が明らかに減ってくるとマンネリ化してきたと言えるでしょう。

好きな相手と一緒にいる時には自然と笑顔になるものですし、付き合い当初は相手と一緒にいるだけで嬉しい気持ちでいっぱいだったはずです。

自然と笑顔になっている自分がいたのに、付き合いが長くなってくるとだんだんと一緒にいることが当たり前に感じて笑顔も少なくなっていきます。

新鮮味がなくなるのと同時に、お互い会うのが当たり前だと感じるので、喜びや嬉しさも減ってしまいます。

デートの待ち合わせをしてその日初めて会ったとしても、お互い笑顔もなく淡々とデートをするようになると、マンネリ化してきた兆候と言えるでしょう。

付き合っているので相手のことは好きだけど一緒にいるのが当たり前すぎて、嬉しさの感覚がマヒしていることが笑顔を減らしている要因のひとつです。

マンネリ化の兆候を見抜いて対処しよう

カップルがマンネリ化する時に見える兆候としてはいろいろありますが、付き合いが長くなってもマンネリ化をしていないカップルもたくさんいます。

それは意識的に新しいことにチャレンジすることによって、いつまでも新鮮な気持ちを忘れずに付き合うことができます。

マンネリ化を打開するにはお互いの意識改革が必要不可欠です。

お互いが積極的にマンネリ化から抜け出すために行動すれば、これからも良い関係のまま付き合い続けることができるでしょう。