耳栓をして睡眠をする効果。周囲の音がなく熟睡できるかも

最終更新日:2016年4月12日

十分に睡眠がとれないという時には睡眠時に耳栓をしてみてはいかがでしょうか。

今回は耳栓をすることによる睡眠への効果をご紹介します。

1.騒音・雑音カットによるストレス軽減効果

最初に述べたように、睡眠中でも人間の耳からは様々な情報が脳に届けられます。

これは当然ストレスの原因になる場合があります。

これをカットすることで、それまで睡眠中にかかっていたストレスを軽減する効果が期待できます。

さらに、睡眠中のストレスがかからなくなることで、脳がよりゆっくり休むことができるようになり、普段の生活でかかっていたストレスからの回復効果もより高いものとなります。

ストレスは、現代人の生活にはつきものですが、ためすぎるとうつ病や腹痛など、様々な病気の原因になります。

ストレスの多い生活を送っている方、最近イライラしてばかりの方、最近ずっと気分が落ち込んでいる方などは、試してみる価値があります。

ストレスを、食べることやお酒などの不健康な方法で解消している方には、一度試してみることをオススメします。


2.睡眠時間を濃密にすることによる睡眠時間短縮効果

睡眠中に耳栓をして、耳に入ってくる情報を減らせば、当然脳に余計な情報が入らなくなり、睡眠の質は上がります。

その結果、脳はより短い時間で回復することができるため、睡眠時間もより短い時間で済むようになります。

同じ睡眠時間でも、より濃厚な睡眠をとることができるため、忙しすぎて少ない時間しか睡眠に充てられない方でも、十分な睡眠を確保できるようになるかもしれません。

忙しいというわけでもない方でも、それまでの睡眠時間が短くなり、起きている時間が長くなることで、普段の生活に余裕が生まれます。

その余裕を勉強や運動に充てることで、生活をより豊かにすることができます。


3.脳を休めて頭をすっきりさせる効果

起きている間、人間の脳は膨大な情報を処理しており、かなりの負担がかかっています。

寝ている間にそれを回復させるわけですが、寝ている間にも騒音などで脳に負担がかかると、当然脳は休むことができず、疲れが次の日に残ってしまいます。

耳栓で睡眠中の騒音をカットすることで、脳を疲労回復に専念できるようになります。

頭がしっかり休まった結果、アイデアがどんどん出てきたり、記憶力も向上して、より生産的な生活を送ることができるようになるでしょう。

日中に頭がボーっとしている方、頭がスッキリしないという方、普段頭をフルに活用する仕事をされている方など、一度耳栓をして寝てみることをオススメします。


4.生活リズムの調整効果

耳栓をして寝ると睡眠時間を短縮することができます。

そのため「夜遅く帰ってくるので、毎朝眠くしょうがない」という方であれば、短時間で十分な睡眠をとることができるようになった結果、朝の眠気を改善できる可能性があります。

また、昼夜が逆転してしまっているというような方についても、夜遅くに寝ても、いつもより早い時間に起きることができるようになります。

このように、乱れてしまった生活リズムを正常に戻したい場合にも、耳栓は役に立ちます。


5.どこでも安定して眠りにつける効果

耳栓をして入眠体勢になることで、騒音などを気にせずにいつも同じような条件で眠りにつくことができます。

そのため、旅行先など、普段と異なる場所で寝なければならない時でも、リラックスしながら眠りにつくことができます。

重要な会議やプレゼンテーションを翌日に控えているのに、ホテルがうるさくて眠れない場合などには、耳栓は力強い味方となってくれます。

耳栓を着けて睡眠してみよう

耳栓をして寝ることで、様々な効果が期待できます。

もちろん個人差はありますが、睡眠について悩みがあるという方は、一度試してみることをオススメします。