寝たいけど寝たくない理由とは。その矛盾する気持ちの真相を知ろう

最終更新日:2016年4月12日

眠いし、寝ないといけないけどなかなか眠れないという心理状態になったことがあるという方は多いのではないでしょうか。

そんな寝たいけど寝たくないという気持ちになる理由をご紹介します。

1.仕事や学校に行きたくない

寝たいけど寝たくないという気持ちになる理由の一番の理由がこれという方は多いでしょう。

特に次の日大事な会議があったり、試験があったりする時に寝たいけど寝たくないという気持ちになってしまいがちです。

翌日目がさめると辛いことが待っているので「ずっとこのまま夜が続けばいいのに、寝たいけど寝てしまったら明日になってしまう」と考え、無理して起きてしまっているのです。

辛いことがあると寝たいけど寝たくないという気持ちになってしまいますが、ここはやはり次の日のためにしっかり寝ておきましょう。

寝たいという気持ちがあるので、静かで暗い場所で布団の中で目をつぶるとすぐに寝ることができます。

しっかり寝ておかないと次の日全力を出すことができませんし、眠たい中行動しないといけないので集中力が落ちてミスをしてしまう可能性が高くなります。

そうなると周りの人に迷惑をかけてしまうので、より辛いことになってしまいます。

よく寝ておくことで次の日元気な状態で行動をすることができるので、どんなに辛い事でもしっかりと乗り越える事ができます。

辛い事を乗り越えた後の清々しさや達成感はとても気持ちがいいものです。

しっかり寝て、辛いことに立ち向かいましょう。

ただ、自分ではどうしようもない事や辛くてたまらないとう場合は、メンタルが疲れきってしまっているので休むことを考える事も大事です。

「最終的には休む事ができる」と考えると少しでもメンタルが楽になります。

ずっと動いている人は、休む事も考えましょう。


2.次の日楽しみな事が待っている

旅行やデートの前日等楽しみな事が待っている時は「早く明日になって欲しいけど、でも今のこのワクワク感も楽しんでいたい」とドキドキして寝たいけど寝たくないという気持ちになります。

「明日になったら楽しいことが待っている、でも今のこの待っている時間も楽しい」とふわふわした感じを楽しみたいという気持ちになっているからです。

旅行は準備をしている時が一番楽しいという方がいますが、これも同じで旅行等楽しいことの前日が一番ドキドキして楽しいのです。

「寝たいけど寝たくない、この時間をずっと楽しんでいたい。

寝てしまったらもったいない」と言う気持ちになります。

この時、ずっと寝ないでいると興奮していますので目が冴えてしまう事があります。

目が冴えてしまうとせっかくの旅行やデートの途中で眠たくなってしまいます。

少しでも眠気がきたらこの時間を楽しみたい気持ちは分かりますが、素直に寝るようにしましょう。

しっかり寝ることで旅行やデートを全力で楽しむことができます。

目が冴えてしまった時は、ホットミルク等温かいものを飲むようにしましょう。

温かいものを飲むことで気持ちが楽になりますので、また眠くなります。

ラベンダーのリラックス系のアロマを使うのもオススメです。

ラベンダーには心を落ち着ける効果がありますので、リラックスして安眠する事ができます。

また、次の日楽しみな事がある時はストンと眠るためにストレッチを長めにするとさらに早く眠れるようになります。

3.達成感のある事をして、この気持ちをずっと持っていたい

テストが予想以上にできた、スポーツで優勝したり上位入賞した、仕事で上手くいってノルマを達成した等何かを乗り越えて達成感のある事をした時、人は誰でもその余韻に浸りたいでしょう。

特に夜眠る前に「今日は本当にいい日だった。

この気持ちをずっと持っていたい」と寝たいけど寝たくないという気持ちになります。

次の日のために寝た方がいいですが、こういう時は特に興奮状態になりますので、身体は疲れているし寝たいと思っているのに、何故か眠ることができないという状態になる事は多いです。

こういう時は、せっかくですのでその気持ちを文字にすることをオススメします。

普段日記等文章を書かないという方も是非今の素直な気持ちを書くことにチャレンジしましょう。

その文章は、今しか書くことができません。

今の嬉しい気持ちをそのまま書く事で「自分はこう思っていたんだ」と客観的になる事ができるので気持ちが落ち着きます。

また、文章を書く事で自分の知らなかった自分を見つけることもできます。

そして、何よりその文章は将来何か困難に出会った時に「過去の自分はこれだけの事ができたんだから、今回もきっと大丈夫」と未来の自分へのメッセージになります。

寝たいけど寝たくない理由を知ろう

寝たいけど寝たくないという気持ちになる理由についてご紹介しました。

辛かったり、嬉しい事があったり、頑張って目標を達成した時に人は寝たいけど寝たくないという気持ちになる事が多いです。

寝たくないという時でも、次の日のためにしっかり眠るようにしましょう。

しっかり眠ることで自律神経を整えることができるので、辛い時でもしっかり成果を出すことができますし、楽しみな事がある時はより楽しむことができます。