寝る時に靴下を履くメリットとは。冷え性の人は靴下を履いて寝るのがオススメ

睡眠最終更新日:2018年5月18日

夜寝る時に、靴下を履くメリットには、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

靴下を履いて眠る人もいれば、中には「靴下を履いて眠るのはちょっと」という人もいます。

今以上に快適に眠りにつくためにも、寝る時に靴下を履くメリットというのを考えてみませんか。

1.足先を冷やすのを防いで眠りにつきやすくしてくれる

寝る時に靴下を履くメリット、その中で最も大きいのが「足先が冷えるのを防ぐ」というものです。

足元を温めてくれるので、すぐにそのまま眠りにに引き込まれてしまい、寝つきが良くなることでしょう。

冷え性ではなくても、寝る時にはベッドや布団の中で足首から下が冷たくなっていることがあります。

人間は、眠っている時には足先は冷えているものではありますが、それが分かっていても「なんとなく足先が冷えていて眠りにつきにくい」と感じてしまうことがあります。

特に冷え性の人は、足の先の冷たさが気になって、なかなかねむりにつけなかったりします。

そういう時、モコモコした温かい靴下を履いて眠るようにすれば、足先が温められて「冷え」が気になることはありません。

段々と足の先から寒さが取り除かれていって、ゆったりとした気持ちで眠りにつくことができます。

寝ている間には、足も結構汗をかいてしまい、その汗が足を冷やしてしまうこともあるので、吸湿性と通気性に優れた靴下を選ぶようにしてみましょう。

そうすれば、靴下を履いて眠る良いところだけを手に入れることができるはずです。

2.いざという時にすぐに避難できるメリットがある

靴下を履いて寝るメリットはいくつもありますが、いざという時にすぐに避難できるというメリットもあります。

それは、もしかしたら命を救うきっかけとなるかもしれないくらい、大きなメリットと言えるでしょう。

靴下を履いていると、何かあったらそのまま家の外に飛び出すことができます。

もちろん靴を履いて外に出るのが一番安全ですが、たまたま玄関から出られないという場合もあります。

そんな時、靴下だけでも履いていれば、外に飛び出すのもそれほど躊躇しないですむはずです。

夜中に地震や家事が起きてしまうようなことあっても、靴下を履いていれば「いざ避難する」という時にも慌てないですみます。

暗い部屋の中で「何か履くものないかしら」と、必死に探したりする必要はなくなります。

いざという時に、速やかに避難するためには、靴下を履いて寝ているということは、非常に大きなメリットとなると言えるでしょう。

また、そこまで重大なことではなくても、靴下を履いて寝ていることで、何かと便利なこともあります。

急にトイレに行こうとした時に、冷たい床の上に足を下ろさなくても良いでしょう。

他にも、朝起きた後に着替えをする時に、クローゼットまで移動する間も、靴下を履いているので、寒い思いをしなくてすみます。

靴下を履いて眠ることで、いざという時にスムーズに避難できるということ、それはとても大きなメリットだと言えるでしょう。

3.クリームなどを塗った時に靴下がカバーの役目をしてくれる

寝る時に靴下を履くメリットの一つにあるのが足の先にクリームなどを塗った時に「カバーの役目をしてくれる」というものです。

足先がガサガサしているような時、たっぷりと保湿クリームを塗って、靴下を履いて寝てしまいましょう。

きっと翌朝は、足の状態が少しは良くなっているはずです。

足をキレイにするために、様々なクリームがあります。

ただ、そういうクリームを塗っても、そのまま布団に入るのは少し勇気がいります。

「今塗ったばかりのクリームが布団についてしまうのではないか」などと考えてしまって、つい足先のケアを怠ってしまうこともあるでしょう。

そういう時、靴下を履いて寝るようにすれば、クリームなどがベッドや布団につくのを防ぐことができます。

靴下にクリームが付いてしまっても、簡単に洗うことができるので、足のケアをしたい時には、靴下を履いて寝るのがとてもオススメです。

4.普段靴下を履いて眠る人は安心して寝ることができる

寝る時に靴下を履くメリットで「安心して寝ることができる」というものがあります。

普段から靴下を履いて寝る人というのは、いくら「靴下を履いて眠るメリットはない」と言われたとしても、それでも靴下を履いて眠りたいのです。

そうすれば、気持ちが落ち着いて安心して眠りにつくことができるからです。

靴下を履いて寝ることが一般的ではないとしても、いつも靴下を履いて寝ている人は、やっぱり靴下を履いて眠りたいのです。

そうすることで、気持ちを落ち着かせることができて、ほっとした気分でベッドに横たわることができるでしょう。

眠る前には、気持ちをリラックスさせることが、何よりも大切です。

安眠するためにも、普段から靴下を履いて寝ている人は、その習慣をそのまま続けるようにしてみましょう。

寝る時に一番大切なこと、それは安心して落ち着いた気分になることです。

普段から靴下を履いている人は、無理にその習慣をなくそうとしないで、今まで通りに靴下を履いて寝るようにしましょう。

そうすることで、気持ちを穏やかにして安心して寝ることができるでしょう。

寝る時に靴下を履いてみよう

寝る時に靴下を履くメリットは様々です。

人によっては「足がむくみそう」とか「汗をかきそう」という心配をするかもしれません。

しかし、通気性と吸湿性の良い靴下、そしてむくまないようにあまりきつくない靴下を選ぶようにして眠れば大丈夫です。

きっと気持ちをリラックスさせることもできますし、何よりも冷えの改善などにも役に立つかもしれず、寝る時に靴下を履いて眠るというメリットを感じることができるでしょう。

 

    「寝る時に靴下を履くメリットとは。冷え性の人は靴下を履いて寝るのがオススメ」への感想コメント一覧

  1. 1. beatles12018/05/31(木) 21:17

    実は私も靴下を履いて寝る派の一人です。
    元々は冬に足のひび割れを防止するため、軟膏を塗ってその上から靴下をはいて寝ることにしていました。
    朝起きると状態が良くなっているので、それを続けていたものが、習慣化したものです。
    確かに靴下をはいて寝ると不思議に安心感があり、気持良く寝られるようです。
    皆さんも一度試されたらいかがでしょう。

  2. 2. junjun2018/06/05(火) 17:35

    靴下を履いて寝るのはよくないと聞いていたので、履いて寝たほうがいいというのが意外でした。確かに、足先が温まって、血行もよくなりそうだし、クリームなどの保湿をキープすることもできますね。これからは寒い時は通気性のいい靴下を選んで履いて寝たいと思います。

この記事への感想を書く