一人暮らし女性が模様替えを簡単オシャレにする方法

最終更新日:2015年6月14日

念願の一人暮らし。

オシャレでセンスのいい部屋で気分よく過ごしたいし、友人や恋人にも居心地良く過ごしてもらいたいですよね。

と思いつつ一人暮らしを始めても雑誌のようにはならないし、イマイチオシャレじゃないような…と思っている女性は多いのではないでしょうか?

今回はそんな悩める女性への、模様替えのポイントをご紹介します。

1.まずはテイストを決めよう

まずはどんなお部屋にしたいのかを決めましょう。

北欧?カフェ?モノトーン?ナチュラル?ジャンク?メンズライクに?

好きなテイストは何ですか?

お部屋のテイストを決定しておけば、まず部屋に統一性が生まれ、無駄買いがなくなります。

とても重要になってきますので、きっちり決めましょう。

一つに絞れない…のであれば、いくつかテイストを上げても良いですが、2つか3つ、そして似たテイストを選びましょう。

インテリア雑誌やインターネットの画像検索など、たくさん見て憧れるお部屋のテイストを見つけましょう。


2.模様替えのテーマを決めよう

テーマは、季節でもいいですし、モノや人物でもいいです。

例えば、テイストが「北欧」テーマが「夏」といった感じです。

「カフェ風、コーヒー」「モノトーン、アイドル」といったように自由に決めて良いです。

テーマが決まると、部屋のカラーや置くものが決まります。

「夏」だとマリンアイテムやホワイト、ブルー。

「カフェ」だと木目調のアイテムにブラウンやグリーン等。

ちょっとしたテクニックですが、カラーは3色を目安に構成するとまとまりますよ。

ちなみに「3」という数字は、雑貨を飾るテクニックにも使えます。

3.ファブリックを変えてみよう

決めたテイストとテーマに基づいて、まずはファブリック類を変えてみましょう。

カーテンやラグ、クッションやベッドカバーですね。

今はIKEAやニトリなど、お手軽なインテリアライフスタイルショップにお手頃な価格で購入できますし、チェンジしやすくなりました。

ファブリック類は目に大きなものとして写りますので、変えた時の印象の変化も大きいのです。

模様替えのポイント、まず「大きなものを変えるべし」と覚えておきましょう。

「北欧風」であれば、北欧ブランドであるマリメッコやカウニステのテキスタイルを選んだり、「夏」であればシンプルなブルーのカーテンにマリンデザインのクッションカバーを合わせる等、予算に合わせてですが、ファブリックは妥協せずこだわって選びましょう。


4.壁にフレームをかざる

オシャレな家だと思われるポイントの一つに「壁の使い方」があります。

日本の物件の壁は大抵白で、シンプルですが印象が薄く、広いと何もなく、寂しく見えたりします。

そこで、フレーム。

お気に入りの写真やポストカード、ポスターを飾り、壁の印象を変えましょう。

大きなポスターだとインパクトがあり、ポスターフレームやクロスポスターで固定して飾るときちんと感がでます。

そのまま飾るなら可愛いマスキングテープで張り付けるのもオシャレです。

フレームはシンメトリーに飾ったり、小さなものは数をたくさんつけると外国のお部屋のようでオシャレに見えます。

中に入れるものもテイストやテーマにあったものを選んで入れましょう。

ここが違うととても違和感を感じますのでご注意。

また、壁に画びょうを刺すのに抵抗がある方は、石膏ピンを使いましょう。

跡が残りにくく、しっかり固定できます。

大きなものが変わってきたので、ここで大きく模様替えの効果を実感するでしょう。


5.家具や収納、小さな生活用品を変える

予算に応じてになりますが。

テイストを極端にがらっと変えるのであれば家具を変えるのは必要です。

例えばナチュラルテイストのお部屋から、モノトーンのメンズライクな部屋に変える等。

ナチュラルから北欧といった似たテイストであれば、そのまま活かしていきましょう。

その場合は、中から小サイズくらいの大きさの生活用品を変えること。

小さな家具や収納を変えてあげるのもいいでしょう。

ディッシュボックスを布製の物から木製に変えたり、ダストボックスを変えたり、観葉植物を置いてみたり、夏素材の籠を置いてみたり…。

予算に合わせてインテリアを変えていきましょう。

また、テイストや、周りの見た目と合わないものは必ずしまいましょう。

高いから…気に入っているから…といって、テイストの違うものをいくつも置くと、違和感の原因になります。

模様替えは「プラスしていくだけでオシャレになるという事ではなく、整理し、マイナスしていくこと」が重要な要素です。


6.最後に、細かい雑貨をディスプレー

ここまでくると、すでに部屋はかなり変わっていることでしょう。

最後に雑貨類をプラスしてお部屋の模様替えは完成です。

ただし、買いすぎ、出しすぎはオススメしません。

素適な小物、飾り、小さい雑貨は可愛いです。

そしてお手頃。

つい手に取り買ってしまうでしょう。

最近100円均一でも可愛い小物は増えました。

コレクションとしてはいいのですが、模様替えのために使うのは少しだけ考えましょう。

模様替えの最終ポイントは「細かいものは最後に」です。

こまごま買ってしまうと、まとまりがなくなり、物の多い部屋に見えてしまいます。

物が多いと、目移りしてしまい全体の印象が薄くなります。

買ってはみたもののお店で見たように可愛く飾れない…という方もいるでしょう。

よくある模様替えの失敗は小さいものをメインに考えながら変えると、変化が小さい分、何も変わらないというケースです。

しっかりイメージしながら、購入しましょう。

ただ小さい飾りスペースなどがあるお部屋もあるでしょう。

その時に覚えていて欲しいのは、雑貨は3点並べると可愛く見える法則がありますので、意識してみてください。

三角を意識して飾る、というのもオススメです。

テイスト&テーマもお忘れなく。

模様替えをオシャレに簡単にしよう

模様替えって難しい。苦手。

うまくいかないという方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

大きいものから変えれば模様替えは簡単にオシャレに変えられるのです。

うまく考えながら変えればお金もかかりません。

洋服を変えるように気軽に、お気に入りの部屋で、素敵な日々を過ごしましょう。