なで肩女性に似合うファッションとは。パワーショルダーなど肩にボリュームを持ってくることが大切

最終更新日:2015年5月20日

日本人は比較的なで肩が多いと言われています。

そのためなで肩の人は和服は似合うのですが現代のファッションでは似合わない作りのものも多くあります。

なで肩の人の中には、顔が浮いて協調されてしまうことから顔が大きく見えてしまうのではないかと悩んでしまう人も多く見受けられます。

今回はそんな「なで肩」女性に似合う、とっておきのファッションアイテムをご紹介します。

1.パワーショルダー

今流行のパワーショルダーのトップスもいかり肩の女性が着てしまうとがっちり見えてしまいます。

肩を余計強調させてしまうからです。

ところがなで肩の女性が着るときれいに着こなせてしまうのです。

パワーショルダーは肩にボリュームが出るデザインが施されたものです。

肩にボリュームが出て上がって見えるのでなで肩の人にはまさにもってこいなデザインであるといえます。

パワーショルダーと聞くといかついイメージが持たれやすいですが実際はシンプルなものからドットやボーダー柄など、フェミニンなスタイルとして使われることの方が多いのです。

パワーショルダーデザインでありながら華奢に見せてしまえるのはなで肩の女性の特権といえるでしょう。


2.ビッグフリル袖

今年はビッグフリル袖が大流行しています。

肩から二の腕にかけて大胆にフリルが施されているデザインのものが多く出ています。

中には2枚、3枚重ねてフリルがついているものもあり、例年に比べてお袖がかなりボリュームアップしています。

そんなビッグフリル袖のトップスなら腕をほっそり見せてくれるだけでなく肩にもボリュームを出してくれるのでなで肩も気になりません。

中には縦にフリルが施されているタイプのものもありますが、それでもOKです。

目線がフリルのボリュームのほうへ行くからです。

ビッグフリル袖のトップスを持ってきたらボトムはタイトなものを合わせましょう。

メリハリがついてスタイルが良く見え、なで肩も気にならなくなります。


3.パフスリーブ

パフスリーブも袖にボリュームがあるタイプのものですが、パワーショルダーやビッグフリルと違って女性らしい丸みがあるのが特徴です。

今は半そでのものだけでなくジャケットやコートなどもパフスリーブになっているものが多く季節を問わずファッションに取り入れることができます。

肩がパフになっているだけでフェミニンな印象になります。

そして丸みがありながらもコンパクトな作りになっている場合が多いのでボトムはふわっとしたスカートやボリュームのあるボトムを合わせても相性が良いです。

なで肩の女性はバッグを肩にかけたときに落ちやすいという悩みを持っている人もいると思います。

パフスリーブなら肩にバッグをかけると引っかかり、落ちにくいという利点もあります。


4.異素材アンサンブル

OLの必需品といっても過言ではない必須アイテムがアンサンブルです。

以前はニットの同色同素材のアンサンブルが主流でしたが、今年は異素材アンサンブルが多く作られています。

ブラウス×ニットのサンサンブルや花柄オパール×ニットのアンサンブル、ニット×レースのアンサンブルなどなどです。

同色同素材のアンサンブルだと見た目はシンプルでなで肩も目立ってしまいがちなのですが、異素材アンサンブルなら目立ちません。

インナーの袖にデザインがあしらわれているものなどは上にカーディガンを羽織ると肩がモコッとしてしまうのですが、なで肩の女性が着ると華奢に見えます。

またチェックや花柄などの大きな柄はインパクトを上半身に持ってきてくれます。

今年アンサンブルを購入するなら断然異素材アンサンブルをオススメします。


5.カーディガン肩がけ

軽やかなサマーワンピース。

さらっと着られてこれからの季節に重宝しますが、なで肩が気になるときもありますよね。

そんなときはカーディガン肩がけで解決です。

シンプルに肩がけするも良し、肩にかけて前で結ぶも良しです。

エアコンが効いた室内は寒いですよね。

そんなときでもカーディガンがあれば羽織れますし、肩がけファッションとして取り入れるだけでもなで肩を目立たなくすることができます。

何もないよりワンポイント入れるだけで印象はガラリと変わります。

おしゃれ度もアップするので是非いつものコーディネートに加えてみてください。

なで肩女性のポイントは肩の位置にボリュームを持ってくること¬

なで肩女性に似合うファッションをご紹介しました。

着こなしのポイントは肩の位置にボリュームを持ってきて視線を集め全体のバランスを取ることです。

なで肩もいかり肩も、自分で思うほど周りの人は気づいてはいないものです。

しかしどうせおしゃれをするなら似合うものを着たいですよね。

似合うものを着れば魅力はますますアップします。

また、自分自身の気持ちも明るくなります。

たまにコーディネートを間違えて家を出てしまうと一日憂鬱な気分になってしまうものです。

自分に似合うファッションを見つけてこの夏もおしゃれを楽しみましょう。