生ビールと瓶ビールとの違いとは。生ビールとビールの違いも知ろう

最終更新日:2018年1月10日

あまりビールを飲まない人やお酒を知りだしてから不思議に思うのが生ビールと瓶ビールはどこが違うのかという事です。

ここでは、生ビールと瓶ビールの違いについてご紹介します。

1.入っている容器が違う

生ビールと瓶ビールの一番の違いは、入っている容器が違うという事です。

外食で生ビールと呼ばれているものはビール樽に入っている事が多いです。

居酒屋等で見た事があるという人は多いでしょう。

対して瓶ビールはその名前の通り瓶に入っています。

スーパー等で気軽に購入できるので、家で美味しいビールを楽しむ事ができます。

2.生ビールと瓶ビールの中身は実は一緒

そんな生ビールと瓶ビールですが、入っているビールは実は一緒です。

ビール樽に入っているか、瓶に入っているかの違いしかありません。

では、そもそもビールとは一体どういう飲み物なのでしょうか。

ビールとは、麦を使用したアルコールの事を言います。

喉越し爽やかで美味しいので、飲み会には欠かせない飲み物として日本はもちろん、世界中至る場所で飲まれています。

その歴史が始まったのは驚くほど古く、なんと紀元前四千年紀にはすでにビールがあったと言われています。

それよりも数千年前にはあったという話もあります。

中国でも紀元前にビールがあったという事が分かっており、人とビールの歴史は非常に古い事が分かっています。

日本でビールが広く飲まれるようになったのは明治以降とその歴史に対して驚くほど最近です。

そして、現在日本各地多くの場所で色々な味の美味しいビールが作られています。

3.生ビールは基本的にお店の人にお任せ。瓶ビールは自分で注ぐ事が多い

生ビールは、基本的にビール樽に入っているので、居酒屋等でお店の人にお任せする事が多いです。

お店の人はビールのプロです。

生ビールを美味しく注いでくれます。

対して自分で注ぐ事が多いのが瓶ビールです。

実は瓶ビールは美味しく注ぐコツがあります。

このコツを抑えておく事で瓶ビールの味がお店の生ビールの味に変わります。

美味しい瓶ビールの注ぎ方ですが、まずはグラスを冷やしておきましょう。

これをしているか、していないかで味が大きく変わります。

そして「三度注ぎ」をします。

この三度注ぎをする事でビールの美味しさの命である泡がしっかりとできます。

三度注ぎの方法ですが、まずは高い位置からビールを注ぎます。

そしてできるだけグラスを泡で満たします。

次に、最初に注いだ泡の量がグラスの約半分程度になったら今度はグラスの縁のあたりから泡がグラスから少しはみ出るまで注ぎます。

そしてまた少々時間を置き、再度グラスの縁から泡が少しはみ出るまで少しずつ注ぎます。

こうして注いだビールは泡まで美味しく飲む事ができます。

ビールが好きな人は是非この注ぎ方をマスターして下さいね。

4.生ビールとビールの違いは

生ビールと瓶ビールは同じです。

容器が違っているだけです。

両方共同じ生ビールです。

これは缶ビールも同様です。

中身は全て生ビールで、今日本で飲まれているものの多くがこの生ビールです。

では、生ビールはどうして「生」という漢字がついているのでしょうか。

これは、生ビールではない「ビール」があるからです。

生がついていないビールは、ビールの品質を保つために加熱をしています。

加熱をする事で常温でも保存をする事ができます。

以前の日本ではこの加熱したビールが主流でした。

このビールは、常温保存できる代わりにどうしても加熱した事により味が変化してしまう事が課題となっていました。

ですが、技術が向上した事により加熱しなくても美味しいビールが作られるようになりました。

これが現在日本で広く飲まれている生ビールです。

ですので、今日本では生ビールはビールと同じ意味になっています。

もちろん、加熱したビールの味わいが好きという人のために現在でも作られています。

もし飲み比べる機会があれば、是非飲み比べて下さいね。

5.ビールを美味しく飲むために

せっかくビールを飲むのですから、美味しく飲みたいですよね。

上記のようによく冷やしたグラスにビールを三度注ぎし、そしてビール特有の喉越しを味わうのが美味しい飲み方です。

また、ビールの味を変えたいという人のためにアレンジレシピもあります。

まずはビールにジンジャーエールを加えたシャンディガフです。

さっぱり、かつ甘く飲む事ができます。

また、甘くないカクテルが飲みたい場合はビールにトマトジュースを加えたレッドアイがオススメです。

レッドアイにタバスコを入れる人もいます。

まだまだ他にもビールをアレンジする方法はたくさんあるので、是非色々試してみて下さいね。

生ビールと瓶ビールに中身の違いはない

生ビールと瓶ビールの違いについてご紹介しました。

実は、生ビールと瓶ビールは同じ生ビールです。

違いは、居酒屋等で生ビールと呼ばれているものはビール樽に入っており、瓶ビールはその名前の通り瓶に入っています。

瓶ビールの場合、三度注ぎをする事で美味しく飲む事ができます。

ビールはアレンジしてもとても美味しいので、是非マスターして下さいね。