結婚してはいけない人物の特徴とは。結婚したらダメになる相手を知ろう

人の特徴 結婚最終更新日:2018年4月28日

結婚したいという夢を持っていても、実際には結婚してはいけない人はたくさんいます。

結婚しても失敗するか、もしくは相手を不幸にしてしまうなど、結婚する前にしっかりと責任を持つことが大切です。

そこで結婚してはいけない人の特徴についてご紹介します。

1.ギャンブル好き

結婚してはいけない人の特徴としては、ギャンブル好きな人は結婚には向いてないといえます。

ギャンブルをすること自体は問題ないのですが、遊び程度に抑えられるかが問題です。

結婚すれば将来を考えてしっかりと貯金をしたり生活設計を考えなければいけないので、お金遣いが荒いと生活設計を立てることができません。

毎月着実に貯金をすることが大切ですが、貯金のお金をギャンブルに使ってしまっては、幸せな結婚生活を送ることは難しいでしょう。

子供が生まれればさらにお金が掛かりますが、必要なお金までギャンブルに使ってしまう恐れもあります。

ギャンブル好きな人は一発当てれば逆転できるという発想なので、堅実な結婚生活を送ることは難しいです。

2.浮気性

結婚生活においてお互いを信頼し合う関係性は当然ですが、浮気を繰り返すような人には結婚は向いてはいません。

結婚とは一人の相手を一生愛することですが、浮気性の人は一人の相手では満足しません。

これは男女どちらもいえますし、浮気性の癖は直せないともいわれています。

時には魔が差して浮気をしてしまうこともあるかもしれませんが、相手が許してくれるとまた浮気をしても大丈夫かもしれないという甘えが生じます。

浮気性の人は体の関係を求めることが多く、心の寂しさや退屈な時間を埋めてくれる相手を探してしまいます。

結婚すると一緒にいても心の隙間が生じてしまった時に、相手が埋めてくれるとは限りません。

幸せな結婚生活とは程遠いと感じた時に、ふと浮気をしてしまうので、浮気性の人は結婚しても上手くいかないので結婚しない方がいいでしょう。

3.嘘つき

結婚生活を幸せな物にするには、お互いが正直でいることです。

パートナーに対して嘘をつかないことは当然ですが、一緒に住んでいるとちょっとずつ嘘をつくこともあります。

相手のことが好きだからこそ嘘をついてしまうこともありますが、結婚することは相手に正直でいることが大切です。

夫婦生活の中で隠し事があると相手を信頼できないので、嘘をつかないことが夫婦円満に秘訣です。

元々自分のことを他人に言いたくない人は嘘をつきやすいので、嘘つきの人が結婚すると相手との信頼関係を作ることは難しいでしょう。

いずれ嘘はバレてしまうので、一気に信頼関係が崩れてしまい、結局は離婚してしまうハメになる可能性が高いです。

結婚することはパートナーを一番に信頼することが大切なので、嘘つきは結婚してはいけませんし、結婚しても上手くいかないでしょう。

4.仕事をしない人

仕事をしない人は結婚どころか生活もままならないので、仕事をしない人は結婚してはいけません。

結婚後はライフスタイルも変わるので、お互いが仕事を頑張って生活をしていかなければなりません。

どちらかが頑張って仕事をしていると、相手に頼りきった生活では負担が掛かってしまうので、結婚生活も上手くいかないでしょう。

そもそも仕事をすることは大前提なので、仕事がなかったり年齢によって就きたい仕事に就けなくても、どんな仕事でもいいから働かなければ生活できません。

仕事に対してやる気がない人や仕事をしない人は、結婚すると相手が不幸になってしまうでしょう。

結婚してはいけない特徴のひとつとして、仕事をしない人は論外なので、結婚するからこそ頑張って仕事をする人でなければなりません。

5.親に依存している

親にとって子供が何歳になっても子供のままなので、かわいい存在といえます。

しかし社会人になってからもいつまでも親に依存している人は、結婚してはいけない人の特徴ともいえます。

結婚はパートナーと一緒に支え合って生活をしていくものですが、そもそも自分が自立をしていないので、支え合うことができません。

何かあったら親が助けてくれる生活を送ってきた人にとって、結婚生活で困ったことがあればすぐに親に依存してしまいます。

親も困ったら当たり前のように助けるので、パートナーとしては嫌な気持ちになるでしょう。

マザコンやファザコンは結婚しても親が介入してくるので、どちらにしてもパートナーはあまり良い気はしません。

親に依存している人が結婚すると当然のごとく親が介入するので、自分たちで好きなように決めることもできません。

親に依存している人が結婚するなら、まずは自立することを目指さなければなりません。

自立していない人は結婚には向いていない

結婚生活はパートナーと助け合って生活していくものなので、お互いが自立している相手でなければ助け合うことができません。

結婚に向いていない人は自立していない人が多く、自分のことばかり考えたり、好きなことばかりしている人が多いです。

結婚する相手を選ぶ時には、自立しているかを見極めてから結婚することをオススメします。

 

    「結婚してはいけない人物の特徴とは。結婚したらダメになる相手を知ろう」への感想コメント一覧

  1. 1. taka2018/05/01(火) 09:45

    どれももっともで納得できる特徴ばかりですね。
    特に「結婚に向いていない人は自立していない人が多く、自分のことばかり考えたり、好きなことばかりしている人が多いです」というのは良い視点だと思います。色々な男性を観察されているのですね。
    でも「自分のことばかり…」というのは女性側にも言えるのかも知れませんね。

  2. 2. 名無しのイケジョさん2018/05/18(金) 23:13

    これは当を得ている部分がありますが、それを全て除外していくと結婚相手がいなくなってしまうかもしれません。どこかで妥協をする事は必要ですが、重要なのは生活費の部分と習慣が受け入れられるかどうかだと思います。

この記事への感想を書く