周囲からなめられない人の特徴

最終更新日:2017年4月10日

世の中には、どこへ行っても理不尽な扱いを受けて苦労する人がいるという一方で、決して人になめられないというタイプの人もいます。

この両者の違いとは、一体何なのでしょうか。

そこで、なめられない人に共通する具体的な特徴についてご紹介します。

1.どんなに難しいことでも最後までやり遂げ、結果を出すことができる

なめられない人は、どんなに難しいことでも、諦めずに最後までやり遂げることができます。

そして、周りの人を納得させるだけの結果を、必ず出すことができるということが共通点です。

自分のやるべきことを満足にできない人は「大人として失格」という烙印を押され、なめられてしまいます。

困難な状況に音をあげ、途中で諦めてしまうような人も同様です。

しかし、泣き言を一切こぼさず、やるべきことを淡々とやり遂げることのできる人には、威厳のある雰囲気が漂います。

その迫力ため、誰もその人を馬鹿にするようなことができなくなってしまいます。

ただやり遂げるだけでなく、周りの人が納得するような結果を出すことができる人は、信頼され、尊敬されます。

そのため、良い結果を出し続ければ出し続けるほど、周りから「大切な人」として扱われるようになり「なめられる」などといったこととは無縁になります。

2.相手の目をまっすぐ見ながら話すことができる

人と話している時、目線が安定しないような人はなめられる傾向があります。

目線を安定させられないということは、自分に自信がなく、その場に落ち着いて存在することができないという精神状態の表れだからです。

しかし、なめられない人は、人と話す時、いつでも相手の目をまっすぐ見ながら、落ち着いて会話をすることができます。

話している相手の目をまっすぐ見ながら会話ができるということは「相手の心を読み取りながら会話をする余裕がある」ということでもあります。

そのため、その精神的な余裕が自然と相手にも伝わり、相手に「この人をなめたりしては大変だ」という思いを抱かせるようになります。

会話をしている時の目線がどのような状態であるかで、なめられるタイプかそうでないかがすぐにわかるでしょう。

3.常に外見がきちんと整えられている

常に自分の外見をきちんと整えるように心掛けている人は、どこへ行ってもなめられることがありません。

例えば、常に清潔感のある外見を意識したり、きちんと手入れされているものを身に着けたりすることで、自信と威厳に満ちた外見になります。

このことに関しては、元々の容姿が優れているかどうかは全く関係ありません。

あくまで「常により良い状態の見た目を維持するために、自分を整える」という意識の問題です。

自分の外見を整えようとすることで、その意識が全身に行き渡るようになると言われています。

その結果、全体的に良い気が満ち溢れた雰囲気を醸し出すようになり、大きな存在感を作り上げます。

そのような威厳のある人を、人はなめたりすることはできません。

なめるどころか、尊敬のまなざしで見つめる人の方がはるかに多いでしょう。

4.自分の考えをわかりやすくはっきりと述べることができる

なめられない人は、自分の考えを、わかりやすい言葉ではっきりと述べることができます。

世の中には「人から反感を買われたくないから」「恥ずかしいから」という理由で、なかなか自分の考えを口にできない人が多くなります。

しかし、そのようなタイプの人は、心の中にある恐怖や不安を相手に見透かされてしまうため、どうしても人から舐められてしまう結果になります。

しかし、自分の意見をハッキリと口にできる人は「恐怖や不安を乗り越えて自分の考えを口に出している」という強さが醸し出されるため、決して人からなめられることはありません。

自分の意見を述べる際、わかりやすい言葉を選ぶことで「適切な言葉を選ぶことができる」という余裕も感じさせることができます。

その余裕が落ち着きのある雰囲気を作り上げ、なめられないオーラを更に大きく放つようになります。

5.いつでも冷静な自分を保つことができる

どんなことがあっても決して感情を暴走させることなく、冷静な自分を保つことができる人は、人からなめられることがありません。

自分の感情をコントロールするという行為は、大人として持っておきたい最低限のマナーです。

そのマナーがきちんと身に付いている人は、周囲から「この人は一人前の大人である」と認められ、人から敬意を持って接してもらえるようになります。

どんな時でも冷静な自分を保つことができる人は、その内面の強さがオーラとなって醸し出されます。

その結果、いつでも自信と威厳ある空気を放つことができるので、決して人からなめられるようなことはありません。

周囲からなめられない人になろう

なめられない人には、落ち着きと威厳ある雰囲気を持っているという共通点があります。

しかし、生まれつき、この雰囲気を持っているという人はいません。

色々な経験を積み、自分の内面を鍛える努力をして身に付けるものです。

なめられない人は、常日頃からその努力を怠らない人であると言えるでしょう。

もし「どこへ行っても人からなめられてつらい」という状況に苦しんでいたら、まずは自分の内面を磨き、勇気を出して様々な経験を積む努力をしてみましょう。

すぐに結果が出るものではありませんが、努力を続けることによって揺るぎない自信が生まれ、それに伴って威厳も醸し出されるようになってくるでしょう。