路上でのナンパを簡単に断る方法!気弱な女性がナンパ男を撃退!

日々の生活最終更新日:2014年9月22日
撃退されるナンパ男

道を歩いていたら急に声をかけてくるナンパ。
他に用事がある時にナンパをされると迷惑ですよね。

でも気が弱い女性の場合、これをきちんと断ることができず
ナンパ男がずっと横を一緒に歩いてくるなんてことも。

そこで今回は気が弱い女性でも、簡単にナンパを断る方法についてご紹介します。

1.無視をする

ナンパ男がどんなにしつこく話しかけてこようとも、反応してはいけません。
徹底的に無視しましょう。

そこに何も無いように、ナンパ男が空気であるかのように無視しましょう。

「ごめんなさい」とか「時間がないんで」等、相手に反応しないようにしましょう。
コミュニケーションを成立させてはいけません。ナンパ男はあの手この手でしつこく迫ってきます。
目を合わせず、何も聞こえないふりをしていると大概のナンパ男は自然と諦めて離れていきます。

2.立ち止まらない

例えばあなたが街中を歩いていたとしたら、決して立ち止まってはいけません。

仮に目の前の信号が赤だった場合、関係ない方向に歩いて行く等して、その場に立ち止まる事を避けましょう。
「少し早歩きをする」「走って逃げ出す」等して、ナンパ男から物理的に離れてください。

3.電話が鳴ったふりをして立ち去る

携帯電話を耳にあてて適当に喋り始めましょう。
電源は入っていたほうがいいです。

もしバッグの中に入っていたら、通話状態にして喋りだしましょう。
「あ、もしもしー!今どこら辺?私もうすぐ着くー、もうちょっと待っててね~。」等と会話して、これから予定が入っているという事を喋ります。
仕事の電話を装うのも効果的です。

もし社会人の女性でしたら
「もしもし、いつもお世話になっております○○です。打ち合わせの時間ですが…」などと言って立ち去りましょう。

学生の女性の場合なら
「もしもし、お父さん?待ち合わせ場所分かる?」と喋り始めると、家族との待ち合わせを無視して話しかけてくることはないでしょう。

4.音楽プレーヤーを持っていたら、イヤホンをつけて聴き始める

ナンパされた際、もし音楽プレーヤーを自分が持っていたらイヤホンやヘッドホンを装着して聞いていない姿勢を貫きましょう。

音をガンガンあげて、ナンパ男の喋りかけがきこえないようにしてしまいましょう。
とにかく会話する意思がないというのが相手に伝わればいいのです。

5.「私結婚していますので」「主人と待ち合わせていますので」という

自分が既婚者であるとアピールする事で、立ち去ってくれる事もあります。

既婚者である事を伝えるとしつこくナンパしてくる事はなくなるでしょう。
またもうすぐその相手がやってくるということを匂わせると
鉢合わせしたらまずいと考え逃げていきます。

6.お店に入ってしまう

歩いていたら、お店の中に入るのも手です。
お店の中に入ってまで、ナンパしてくる男はあまりいないでしょう。

もし周りに交番があれば、その交番に入ってしまうのも一つの手です。
あまりしつこかったら、警察の人に助けを求めましょう。

 

    「路上でのナンパを簡単に断る方法!気弱な女性がナンパ男を撃退!」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。