シャワーの効果的な浴び方。美容や健康に良いお風呂の入り方を知ろう

最終更新日:2015年5月3日

疲れをとるには湯船につかるのがいいと、分かっていても暑かったり面倒だったり水道代を気にしたりして、お風呂はシャワーで済ませてしまったという経験は誰にでもあると思います。
しかし、シャワーの浴び方を変えたり工夫したりすることで、美容や健康に効果的な方法があることをご存知でしょうか。

そこで今回は効果的なシャワーの浴び方をご紹介します。

1.そもそも、湯船とシャワーはどちらがいいの?

湯船とシャワー、どちらがいいかといわれれば断然湯船でしょう。

乾燥肌や冷え性、便秘、ストレスなど多くの症状に対して、シャワーよりも湯船の方が効果があるといわれています。

効果的な湯船のつかり方として、41度以下の程よい温度のお風呂に10分以上つかるそうです。
ゆっくり入る事で、全身の血流が促進され、新陳代謝が活発になり、体内の老廃物を汗や尿として排出しやすくしてくれるのです。

また、自律神経系の副交感神経を優位にさせることで、リラックス効果もあり入浴後の睡眠も質のよいものにしてくれるのです。


2.効果的なシャワーの浴び方

シャワーだと湯船のようにゆっくりお湯につかる事ができません。
しかし、シャワーでも全身の血液の循環をよくする方法があるのです。

それは、熱いお湯と冷たいお湯を交互にかける方法です。

つま先から足の甲にかけて、42度くらいの熱めのお湯を10秒から20秒間勢いよくかけます。
次に20度くらいの冷たい水を同じように10秒から20秒間勢いよくかけます。
これを、5セット行いましょう。

足のむくみも解消され、全身の血液の巡りがよくなったのを感じます。

お湯と水を交互にかけるのは、頭にも効果的で、42度くらいの熱めのお湯を3分間頭にかけ、その後に20度くらいの冷水で30秒ほど冷やす、これを3セット行う事で頭重感を和らげてくれます。
また、目にシャワーを6分間あてることで眼精疲労にも効果的で、爽やかな気分になれる方法もあります。

交互にあびたあとに、マッサージをすればますます効果はあがります。

さらに、皮脂が多い部位(額、胸、背中)や汗がこもりがちで蒸れやすい足の裏、汗腺のある脇の下に意識的にシャワーをかけることで、加齢臭や体臭を和らげる効果もあります。


3.シャキっと目覚める!朝シャワーのすすめ

学校へいく前や出勤前にシャワーをあびるのもいいといわれています。
特に低血圧の人は、朝シャワーをあびることで仕事効率をあげ、意欲的になるようです。
顔の血行もよくなるので肌の調子も整い、化粧ノリがよくなるでしょう。

朝起きたら、まずコップ1杯の水を飲んでからシャワーを浴びましょう。
シャワーの温度は、41度くらいの熱めがおすすめです。

首→肩→背中→全身の順に勢いの強いシャワーをゆっくり当てます。
なるべく5分以内におさめましょう。
短めに入る事で交感神経が優位になり、脳は働きやすくなりますが、長く入ると副交感神経が優位になり眠気が襲いやすくなります。

また、まぶたやうなじに冷水をかけると、目の疲れを和らげ気分をすっきりとしてくれます。


4.1日の疲れを流しましょう。
夜シャワーのすすめ

1日の疲れをとるために、ゆっくり湯船につかりたいけど、その気力すらない…という方に、簡単で短時間にできる効果的なシャワーの浴び方をご紹介します。

シャワーの温度は42度くらいの熱めがおすすめです。

まずは、腕を上げて脇の下にシャワーをあてます。
次に、右耳の下にあるリンパ節付近、首の後ろ、左耳の下のリンパ節付近にシャワーをあてます。

そして、左右の太ももの付け根のリンパ節、両膝の後ろのリンパ節、両足首の内側の順にシャワーをあてていきます。

身体の様々な部位のリンパ節に熱めのシャワーをあてることで、血液や老廃物の滞りが解消され、普通にシャワーを浴びるよりも身体が温まります。

身体へかかる負担も少ないので、夜の睡眠に向けて程よい気持ちよさを感じることができるでしょう。


5.香りを楽しんで気分もあがる!シャワーアロマ

アロマや香りの良い石鹸などで、よりリラックスできる工夫もあります。
シャワーを浴びる前に、お風呂の床にお気に入りのアロマオイルを1滴垂らしてみましょう。
シャワーが勢いよくあたると香りが浴槽全体に広がり、良い香りの湯気に包まれリフレッシュした気分になるでしょう。
香りが広がりすぎて気になるという方は、コットンにアロマオイルを数滴垂らし、小皿にのせて浴室においておくだけでも十分に香りを楽しむ事ができるでしょう。

朝は、爽やかなペパーミントやレモンなどの柑橘系がおすすめです。
夜は安眠効果のあるラベンダーや女子力の高いローズマリーもいいでしょう。

自分の好きなものやその日の体調に合わせて香りを選べば、生活の質もグッとあがりそうですね。