ネックレスの最適な長さとは。場所や容姿でベストな長さは異なる

最終更新日:2016年3月5日

皆さんネックレスを購入するときに、長さに迷うことはありませんか?また、人からもらったネックレスの長さに一喜一憂することもあるでしょう。

意外とネックレスの長さをどうしたらわからない、なんかこのネックレスの長さが自分に似合わないな、などネックレスの長さにおける悩みがあるでしょう。

自分がネックレスを使うタイミングに合わせて、新しいものを購入する際のヒントとなるようにシチュエーション別でも紹介していきます。

ここでは具体的にどのくらいの長さが女性に相応しいのか、相手にあげるプレゼントを考えている方は、どのくらいの長さが意中の女性の心を捉えるのかをご紹介します。

1.オフィスネックレスは鎖骨あたりの長さ40〜50センチのものを選ぼう

ネックレスは女性らしさを象徴する華奢なさりげないものが、働く大人の女性には好まれます。

職場など服装や装飾品にある程度制限があるなど、そういったTPOにも対応できるのが控えめな華奢ネックレス。

モチーフも小ぶりな清楚なものが多いので、首回りを少しだけ女性らしく飾ることができるので人気です。

そんなネックレスをすることの多い働く女性には、だらりと長いものや、チョーカーのようなものよりも、鎖骨のあたりできらめく方が丁度よく女性らしさを演出できます。


2.服に合わせたネックレスの長さが大事45センチくらいはとっても清楚

清楚なオフィス系の服装の時や、女性らしい服装の時には、首回りが空いている服を着ることも多くあるでしょう。

そこに光るネックレスこそが女性らしさをうまく演出します。

鎖骨や手首、足首などの華奢な部分を出すと女性らしさが増すのは、オシャレにおいても常識になりつつありますが、その出ている部分にキラリと控えめに光るアクセサリーが、おとなしく可愛らしい女性に見せてくれます。


3.TPOに合わせたアクセサリーの長さ選び長めのものは50センチ以上のものを

前述した中には、オフィス系ファッションに際したネックレスの長さのお話をしましたが、ネックレスをつける機会はオフィスのみではありません。

その他のシチュエーションごとに変えてみることで、オシャレさんに見えて、同性からも支持を得られます。

パーティーや新学期の学校行事など、少しだけいつもよりも華やかにまとめたい時は、少し長めにするとよいでしょう。

短いアクセサリーに比べると、動きも多く、ボリューミーにも見えるため華やかさを演出できます。

ラフな格好をする際のアクセサリーは、短く華奢なものの方が良いでしょう。

Tシャツにジーンズのような格好をする時にこそ、足元はパンプス等で女らしさを出すことはファッションにおいてマストになってきています。

短めの華奢なネックレスを用いることで、全体的な見た目からは一見ラフでボーイッシュな感じに見えるラフな服装から、近づいた時やふとしたときに女性らしいアクセサリーがちらりと見えた時にギャップ効果を与えることができます。


4.顔の形で選ぶネックレスの長さ

ネックレスは顔まわりや首回りの見え方を変えてくれるアイテム。

これを使って小顔になれるなら使わない手はありません。

面長さんは少し短めのネックレスがオススメです。

少しボリューミーなものを選べば顔まわりに視線をずらすことができ、顔の長さがカバーできるかもしれません。

丸顔さんは少し長めのネックレスがオススメです。

下に流れるネックレスの様子が縦の動きをプラスし、丸顔さんの横幅をカバーできるかも。

このように顔型に合わせてみると自分の良いところを伸ばし、気に入っていないところをカバーできるかもしれません。

その時のポイントは自分にない部分を足すこと。

面長さんなら横幅のボリュームが足りてないからボリューム感のある短めのもの、丸顔さんなら縦幅が足りないからそこを足すようなイメージです。

場所や自分に合わせてネックレスの長さを変えよう

ネックレスの長さなんて考えずにモチーフの可愛さだけで購入して失敗するなんてもったいないですよね。

自分がよく行くスポットやイベント、勤務する職場など、それぞれのシチュエーション、それぞれの場所へ行く時の服装、これらを考慮していれば、どのくらいの長さのものが必要なのかわかるはず。

まとめると女性らしい首元の空いた服や、あえてラフな格好の時には短めの華奢なものをつけたり、入学式、卒業式などの行事ごとの際やパーティーの際には少し長めのものを選ぶと、よりエレガントで豪華な雰囲気を演出できることでしょう。