女性がオシャレな店でディナーする際の服装ポイント4つ

最終更新日:2015年10月6日

これから年末にかけて、クリスマスなど普段とは少し違う、オシャレなお店でディナーをする機会も増えてくるのではないでしょうか。

そんなときは、服装にも気合が入るでしょう。

では、そのようなお店でディナーをするときには、どのような服装をしていけばよいのかご紹介します。

1.ワンピース

やはりオシャレ服の定番と言えば「ワンピース」でしょう。

清楚でオシャレに見えるので、ワンピースを選べばほぼ外れません。

そしてワンピースを嫌う人はほとんどいませんので、好印象を与えます。

ただ、ワンピースといってもいろいろな種類がありますが、スウェット素材などのカジュアル感があるものは避けた方がよいでしょう。

サテンやサラっとした素材などはゴージャスに見えるので、オススメします。

また、年齢にもよりますが、あまり丈が短すぎてしまうと、かえって品がなく見えてしまうので、ひざ丈のワンピースにしましょう。

少しお値段は高めですが、アメリカのブランド、ダイアンフォンファステンバーグのワンピースなどはよりオシャレに見えます。

柄物から、シンプルなデザインまで幅広く、おもにラップのワンピースですが、シルクを使いとても品があり、なおかつゴージャスに演出してくれるでしょう。

丈もひざ丈ですので、万人受けするようなデザインのものがきっと見つかるでしょう。

また、もっとお手頃なワンピースでも、素材やデザインを選べば、安く見えないものがたくさんあります。


2.クラッチバッグを使う

ワンピースなどでせっかくオシャレに着こなしていても、持っているバッグが普段使い用だと、すべて台無しになってしまいます。

そんなときに使えるアイテムとして「クラッチバッグ」です。

小さくてものがあまり入りませんが、結婚式の二次会や、パーティー、オシャレなディナーの時に持つと、一段とオシャレに見えます。

クラッチバッグは、比較的安く売っていますので1つ持っておくと、とても便利で使いまわしができるでしょう。

メインはワンピースなどの洋服ですので、そこまで高いものを持たなくてもいいと思いますので、安くても服装に合ったクラッチバッグを選んでみてはいかがでしょうか。

また、ラインストーンを用いるなどしたバッグだと、より華やかになるのでオススメします。

小さくてものはあまり入りませんが、必要最低限のものに抑えて、その日くらいはクラッチバッグを使ってみてはいかがでしょうか。


3.しっかりとアクセサリー

いい大人が、アクセサリーの1つも身につけていないのは貧相に見えます。

ダイヤのアクセサリーや本物のパール、ゴールドのアクセサリーは身につけるだけでとても華やかで、品が出ます。

しかしもしそれらが無ければ安くてもいいので、ピアスもしくはイヤリング、ネックレスは最低限身につけましょう。

また、パールネックレスや、少し大ぶりのアクセサリーを身につけることで、インパクトを与えてくれるでしょう。

ワンピースは黒などの無難な色が多くなりがちですが、そんなときこそ、アクセサリーでアクセントをつけて華やかさを出してみてはいかがでしょうか。

リングやブレスレットなども、用意できる人は身につけると、なおさらリッチな感じがだせて良いでしょう。


4.ワンピースに合った靴

「オシャレは足元から」という言葉がありますが、いくらセンスの良いワンピースを着ていても、それに合わない靴をはいているようでは、すべてが台無しです。

なので、ある程度のヒールがあるパンプスもしくはサンダルを必ず履くようにしましょう。

普段はぺったんこの靴やスニーカーばかり履いているという人も多いでしょう。

しかしこういう日には絶対にそれらをはいてはいけません。

黒のシンプルなパンプスでも良いので、全体のバランスがとれるような靴選びをするよう心がけましょう。

足元からも「特別感」を醸し出してください。

そして、靴まで選び終わったら、一度上からコーディネートしたものをすべて自分に合わせてみましょう。

どこか不自然なところや気になるところがないか確認をしたうえでその服装を決定しましょう。

オシャレな店にふさわしい服装をしよう

女性同士か男性との場合かによって多少服装も変わってくるでしょう。

しかし、いずれにせよ、上から下まで手を抜かず、オシャレに着こなすことがとても大切です。

どこか1か所くらい手を抜いてもいいか、なんて甘い考えはせず、せっかくの食事を服装からも楽しむようにしてみましょう。

そうすることで、おいしい食事をいただけるだけでなく、自分自身の気分も上がっていきます。

相手に見せるということも意識するとよいでしょう。