年齢を聞かれた時に上手くかわす方法とは。年齢を言いたくない時の回避方法

友達との付き合い方最終更新日:2018年4月28日

年齢を聞かれた時に上手にかわす方法を知っていれば、もっとスムーズな会話をすることができます。

「なぜそんなプライバシーに関わることを聞くのだろう」と、ツンツンした気持ちを見せないようにして、うまく答えるようにしましょう。

1.「10歳です」や「100歳です」と思いっきり違った年齢を伝えてみる

年齢を聞かれた時に上手にかわす方法、それはあえて思いっきり若い年齢をいてみることです。

30代なら「20歳です」、20代ならいっそ「10歳です」と答えてみるのです。

逆に思い切って「100歳です」なんて、あっけらかんと言ってみるのもいいですね。

そういう風に返してみることで、相手の質問には答えずに、かわしてしまうことができるでしょう。

「今いくつなの?」と聞かれた時に、正直に年齢を伝える必要はありません。

笑いながら思いっきりさばを読んで、若い年齢を伝えるのです。

そうすれば、相手もきっと笑いながら「嘘つきだなあ」とか「そこまで若く見えないんだけれど」と言ってくれるはずです。

そういう感じで笑いをとれる方向に話題を持って行ってしまいましょう。

そうすれば、いつの間にか「年齢の話」から「笑い話」に変えてしまうことができるでしょう。

2.「いくつだと思いますか?」と聞き返す

年齢を聞かれた時に上手にかわす方法には、逆に相手に「いくつだと思いますか?」と聞き返してみる方法があります。

そして、相手が「何歳?」って答えたら、適当に「あたり」とか「はずれ」と言って、けむに巻いてしまいましょう。

「私っていくつに見えますか?」と逆質問してしまえば、一瞬会話のペースを切り替えることができます。

質問した相手は「うーん」と考え込んでしまって、あなたが何歳かを推測しようとしてくるでしょう。

「○○際でしょ」と、自分の年齢を当てられてしまっても「あたりです」なんて言う必要はありません。

「近いかな」とか「全然違います」と言ってのらりくらりと返事をしておけば、そのうち相手も「もういいや」という気持ちになるはずです。

年齢を聞くということは、かなりプライバシーに突っ込んだ質問です。

底まで相手は意識していないことが多いので、上手にかわしてしまうのが一番です。

3.ユーモアっぽく「それはトップシークレットです」と言ってみる

年齢を聞かれた時に上手にかわす方法として、ユーモアっぽく返事をするのもオススメです。

「それはトップシークレットです」と真面目な顔をして言ってみましょう。

そうすれば質問した人は「それは申し訳ありませんでした」と笑いながらジョークで返してくれるでしょう。

「女性に年齢を聞くなんて」とか「わ、私のことを色々知りたいんですか?」という感じで、ちょっとオーバーに答えるのがポイントです。

ふざけた感じで「ショックなことを聞かれてしまった」と驚くふりをすれば、相手もそれが冗談だと分かって、笑ってくれるでしょう。

年齢のことを聞かれたときに「どうしてそんな質問するんだろう」と思ってしまうかもしれません。

そういう気持ちが表面に出てしまうと、気まずい雰囲気となってしまいます。

しかし、その質問をユーモアで返すことによって、楽しい会話を続けられるでしょう。

もし誰かに年齢を聞かれたら「トップシークレットです」と言って、相手を笑わせてしまいましょう。

そうすれば本当の年齢を言わなくてすみますし、会話も途切れることもないからです。

4.「実は最近物忘れがひどくて」と忘れたふりをする

年齢を聞かれた時に上手にかわす方法に「忘れたふりをする」という方法があります。

「実は最近物忘れがひどくて」と言えば、相手もそれ以上聞いてくることはないはずです。

「年齢ねえ、いくつだったかなあ」と考えるふりをして「あ、やっぱり思い出せない」などと答えてみましょう。

そして、最近色々なことを忘れてしまうということを話して、物忘れの話に切り替えてしまいます。

そういう風に話題を変えてしまえば、そのまま相手も「そうそう、自分も忘れっぽくなっていて」と、物忘れについて語りだすかもしれません。

いちいち年齢を伝えなくても、年齢など忘れてしまったことにすればいいのです。

そして「忘れっぽくて困るよね」という風に話してみれば、きっと会話の方向性を変えることができて、上手にかわすことができるでしょう。

5.「もしかして私に興味津々ですか」とからかってみる

年齢を聞かれた時に上手にかわすには「もしかして私に興味津々ですか」などと言って、相手をからかってみましょう。

そうすれば、相手は慌てて「そんなことないですよ」と言って、質問をひっこめることでしょう。

相手が男性でも女性でも、年齢を聞かれた時にはニヤッと笑って「もしかして○○さんって、私に近づきたいんですか」とか「そんなプライベートなこと聞いて、仲良くなりたいんですか」と言ってみるのです。

ポイントは、笑いながらジョークっぽく言うようにすることです。

そういう風にからかってしまえば、相手は慌てて否定したり、逆に「そうなんですよ」などとジョークで答えてくるはずです。

そうしたら「私って持てているんですね~」という風に笑って、そのままごまかしてしまえばいいのです。

相手が年齢を聞いてきたら、こちらも相手をからかってみましょう。

本当の年齢などは答えずに、冗談を言い合ってそのままスルーしてしまうのが一番です。

年齢を聞かれたら上手にかわそう

年齢を聞かれた時に、何だか「そんなことを聞かないでほしい」と腹が立つこともあります。

しかし、相手はそこまで真面目に質問しているわけではなかったりします。

ただ何となく聞いてみただけという事もあるので、こちらもうまくとぼけて、上手にかわしてしまいましょう。

 

    「年齢を聞かれた時に上手くかわす方法とは。年齢を言いたくない時の回避方法」への感想コメント一覧

  1. 1. 優子2018/05/09(水) 15:05

    確かに年齢を聞かれるとドキッとする年齢です。
    聞かれて嫌な顔をしてしまっては、こちらが性格悪く思われがちなのでそれも腹がたちますよね。冗談で返すのがよいのかもしれません。
    参考になりました。

  2. 2. サーモン2018/06/14(木) 12:58

    大人同士で年齢を聞かれたときは、うまくはぐらかして会話進むんですが、一番困るのは子供に何歳?と聞かれたときです。100歳だよ、なんて言っても、嘘だ!ちゃんと教えてと言ってゆるしてくれません。
    結局最後は本当の年齢を言うはめになります。