寝起きが悪い。寝起きを良くする方法

最終更新日:2016年4月12日

疲れが溜まる時期になってきましたね。

涼しくなる朝はなかなか起きれない…という方が多いのではないでしょうか。

寝起きが悪いと朝のメイクもうまくいかないですし、できればスッキリ目覚めて明るい気持ちで出かけたいものです。

そこで今回は寝起きの悪い女性が寝起きを良くする方法をご紹介します。

1.眠る時間を変える

人間は2種類の睡眠をしていると言われています。

あの有名な「レム睡眠」「ノンレム睡眠」です。

これらは90分の間隔で変わっていると言われているようです。

レム睡眠は極めて浅い眠りで瞼の下では目玉がぐるぐると動いていて、このレム睡眠の間は目が覚めやすく脳を目覚めさせるための睡眠であると言われているようです。

逆にノンレム睡眠というのは深い眠りについていて脳を休ませている状態だといわれています。

このレム・ノンレム睡眠のうちレム睡眠の場合は寝起きがよくなりやすく、ノンレム睡眠の場合は眠りが深いので目が覚めてもぼーっとしたりまだ眠たかったりして「寝起きの悪い」状態になります。

ですから、目覚める時間帯を「レム睡眠」をしている時間帯になるように計算をして眠ると目覚めがすっきり寝起きのよい朝を迎えられるでしょう。

一般的には6時間か7時間30分くらい睡眠時間をとって眠ると一日に十分な睡眠をとれて、かつレム睡眠の周期中に目覚めを迎えることができるので、目覚めがわるいなと思ったらまずは眠っている時間を見直してみましょう。


2.生活リズムを整える

学校でのテストの時期や仕事の追い込みの時期など忙しくて生活のリズムがついつい崩れてしまう事ってありますよね。

食事を抜く、徹夜をするなどして一度生活のリズムが崩れてしまうと自律神経が乱れてしまい朝の寝起きが悪くなってしまうようです。

自律神経は人間が朝目覚める時に交感神経を働かせ、脳や体が活発に動けるようになります。

けれど自律神経が乱れてしまうとうまく交感神経を働かすことができずに体や脳が活動しにくくなってしまうのです。

ですから、寝起きが悪いなと思ったら、生活リズムを整えましょう。

毎日決まった時間に起きて三食欠かさず同じ時間帯に食事をとって、夜更かしせずに寝る。

このように生活リズムを整えたくらしを続けることで自律神経の乱れが次第によくなって朝の寝起きもよくなるでしょう。

3.貧血を治す

貧血状態になっていると寝起きが悪くなってしまうと言われています。

貧血によって寝起きが悪くなる理由は、ヘモグロビンが減っていて酸素をいきたわらせにくくなっているので疲れがたまりやすかったり、自律神経が乱れやすかったりするなど理由は様々ですが原因の一つをつぶすつもりで貧血改善をしましょう。

貧血改善の一番いい方法は医療機関での治療ですが、普段の食事に鉄分(レバーなど)を意識して取り入れたり、プルーンや鉄分補給ヨーグルトなどを食べることでもできるので貧血気味だと感じる方は一度試してみると寝起きも改善されるかもしれませんよ。


4.枕があっていない

寝起きが悪い理由としてあげられるのは「寝具が自分にあっておらず睡眠中になかなか疲れが取れなくて朝起きるのがつらい」というものです。

枕の高さや柔らかさ、敷布団のマットが固かったり…。

一度寝具店に行って自分に合う枕を作ってもらいましょう。

快適に眠れる寝具を使えば一日の疲れもスッキリと拭い去ることができるので朝の目覚めもスッキリしたものになるかもしれませんね。

5.病気を患っている

寝起きが悪いのは「睡眠時無呼吸症候群」という病気の可能性があります。

文字通り、睡眠時に呼吸が止まることを繰り返すことで睡眠を妨害し、十分に疲れを取るどころか体に負担をかけてしまっているのです。

睡眠時無呼吸症候群を治療するには医療機関で原因がなんなのか検査をし、それから治療をする必要があります。

ですので生活リズムが整っていて、レム睡眠時に起きるように計算して眠っているのに寝起きが悪いと感じるようなら一度病院にいって検査をしてみましょう。

睡眠時無呼吸症候群以外にも病気が原因で寝起きが悪い可能性があります。


6.栄養が偏っている

体に必要な栄養分を摂取できていないと寝起きが悪くなってしまうということがあるそうです。

ついついコンビニ弁当やファストフードで済ませることが多くなってはいませんか?ちゃんと栄養をバランスよくとっていないと疲れが取れにくくなったりして寝起きが悪くなってしまいます。

そこで、まずはバランスの良い食事をとることをオススメします。

またしじみなどに含まれるオルニチンという成分は肝臓に良く、疲労回復などの効果があるため、疲れた日はコンビニでしじみのお味噌汁を買ったりして飲むと疲れがよくとれて翌日の朝すっきりと起きることができるかもしれませんよ。

寝起きを良くしてスッキリ朝を迎えよう

気持ち良い朝を迎えるためには健康的な生活が不可欠なようです。

スッキリな朝を手に入れるために正しい生活習慣を身につけましょう。