日曜日が嫌いだという人の心理とは

最終更新日:2017年6月22日

多くの人は日曜日は休日だと言う認識があるので嬉しいと思っている人もいますが、中には仕事の人もいれば家族サービスでゆっくり休めない人もいるでしょう。

日曜日は週の終わりとして意識している人も多く、いろいろな理由で嫌いだと思っている人がいます。

そこで日曜日が嫌いな人の心理についてご紹介します。

1.どこに行っても混雑をしているから

日曜日が嫌いな人の心理としては、どこに行っても混雑をしているのでストレスが溜まるから嫌いだという人は多いです。

カレンダー通りに休みがとれる人にとっては、日曜日はいろいろな場所へいきたいと思いますが、同じように考える人もたくさんいます。

そのため行楽地や観光スポットは、日曜日はどこも混雑しているのでストレスが溜まってしまいます。

せっかくの休みにいろいろな場所にいきたいと思っても、混雑をしているのが予想できるので出掛けるか悩んでしまいます。

特に日曜日は子供も休みなので、平日休みよりも人出が多いのでうんざりしてしまいます。

たまの休みでいきたい場所に行こうと思っても、どこも混雑をしてストレスが溜まってしまうので、日曜日が嫌だと思ってしまいます。

2.明日から週が始まり仕事だという気分で憂鬱になる

日曜日に休みだと明日から仕事だという気持ちが強くなり、憂鬱な気持ちになってしまいます。

平日休みの人に比べて日曜日休みの人は、週の終わりが休みだという認識が強いです。

そのため明日から週の始まり月曜日だと思うと、だんだんと時間が経つにつれて憂鬱な気持ちになってしまいます。

休み明けの仕事はモチベーションが上がらないことは多いですが、日曜日休みの人は特に時間が経つにつれて休みが終わってしまうという意識が強いです。

理由としてはテレビ番組が平日とは違った番組が多いので、この番組が終わると明日から仕事だという気持ちが強くなってしまいます。

そのためゆっくり過ごしていても明日の仕事のことが頭よ過ってしまうので、日曜日が好きではないという気持ちにさせられるのです

3.日曜日に仕事がある人は普段よりも忙しいから

日曜日に仕事をしている人は、日曜日は平日よりも仕事が忙しいので単純に嫌いだという人は多いです。

カレンダー通りに休みがとれる仕事の人を羨ましいと思いますし、日曜日は自分の仕事が忙しいので休みたいでしょう。

特にサービス業で働いている人にとっては平日よりも忙しくなるので、休んでいる人が羨ましく思います。

日曜日に仕事をしていると学生たちも休みになるので、普段よりも人出が多くなります。

家族連れを相手にする仕事の人は相手にする人数も多くなるので、余計仕事が忙しいと感じてしまうでしょう。

日曜日に仕事をしている人にとっては人出が多い日曜日に仕事をすると、忙しくなるので日曜日は嫌いだと思ってしまいます。

4.週の終わりなので時間が経つにつれて寂しく思える

日曜日は週の終わりという意識があるので、仕事をしていても休みの人も何だか寂しく思えてきます月曜日は週の始まりなので新たな気持ちで張り切れますが、日曜日はもう今週が終わってしまうという意識が強くなります。

そのため日曜日の時間が経つにつれて今週も終わってしまうという意識から、だんだんと寂しい気持ちが強くなります。

社会人になると時間が経つのが早く感じますが、1週間が過ぎ去るのも早く感じてしまうでしょう。

明日から週の始まりだと思って頑張っていたのに、いつの間にか日曜日が終わってしまっていたということもあるので、時間が経つのが早いと感じて寂しい気持ちになります。

日曜日が休みの人は来るのが楽しみな反面、今週も終わってしまうという気持ちがあるので嫌いだという心理に陥ることがあります。

5.子供も休みなのでゆっくりできない

子供がいる人にとって日曜日は家族でゆっくりできる日でもありますが、同時に自分の休みをゆっくり過ごすことができない日でもあります。

日曜日を家族サービスに利用している人は多いですが、子供がいる人にとっていろいろな場所に連れていくことは仕方がないことです。

行楽地などはどこも混雑していますが、子供と一緒に遊んで過ごせる日は日曜日しかないので、混雑していても出掛けなければなりません。

自分が唯一の休みが日曜日だとしても、子供と家族のために時間を費やさなければならないのでゆっくり過ごすことはできません。

仕事でストレスが溜まっている人にとって家族との時間がストレス発散になればいいのですが、体力的に休めないので嫌だと思ってしまうことは多いです。

日曜日が嫌いな人もいる

日曜日が嫌いな人の理由として多いのが、どこに居てもゆっくり過ごすことができないことが理由として多く挙げられます。

観光スポットや行楽地は混雑していますし、子供連れにとってはゆっくり休日を過ごすこともできません。

明日からまた週が始まるという意識が強くなると、日曜日が嫌な日に思えてしまいます。

日曜日が嫌いな人の多くは人出が多くストレスが溜まってしまうので、ゆっくりできないことが嫌いな理由の大部分を占めています。