二流と三流の違いとは。三流で終わってしまう人の特徴を知ろう

最終更新日:2016年8月22日

二流な人と三流な人との差は、いったいどこにあるのでしょうか。

パッと見た感じはあまり違いがないように見えますが、実は意外と大きな違いがあったります。

二流な人と三流な人との差がどこにあるかを知ることは、もしかしたら自分自身を変えるきっかけとなるかもしれないのです。

1.二流な人はをや物事をやり遂げられるが三流な人はやり遂げられない

二流な人と三流な人との差はどこにあるか、それは物事をやり遂げることができるかどうかということです。

二流な人は内容はどうであれ、ともかくやり遂げることができて、三流な人はやり遂げられないまま終わってしまったりします。

二流な人は責任感を持っているので、頼まれたことや仕事を何とかやり遂げようとします。

しかし、完成させるのに精いっぱいとなってしまって、内容はイマイチだったりすることもあるでしょう。

それでもきちんとやり遂げることができるので、周りの人は二流な人のことを信頼するはずです。

それに対して三流な人というのは、やり遂げることができないことばしばしばあります。

ちゃんとやらなくちゃと思うのですが、三流な人はいい加減なところがあるので、期日までに間に合わなかったりします。

そして、できなかった言い訳をあれこれしてしまい、顰蹙を買ってしまいます。

つい「自分は一生懸命やったが時間が足りなかった」というような、責任転嫁をしてしまうので、いつまでたっても三流なままでいます。

二流な人は、出来栄えはともかく全力でやり遂げようとしまいます。

三流な人は、途中であきらめてしまいます。

その違いはかなり大きなものと言えるでしょう。


2.二流な人は心に不満を溜めて三流な人は不満を口に出す

二流な人と三流な人との差は、不満を口に出すかどうかです。

不満があったとき、二流な人は心に溜めこんでしまい、なかなか口に出すことはありません。

しかし、三流な人というのは、周りの人にあれこれ不満を言ってしまいます。

もっと上を目指すなら、不満をそのまま放置しておいてはいけません。

不満の原因を探って、根本から解消するべきでしょう。

しかし二流な人は、口に出さないで我慢しているのが精いっぱいです。

本当は不平不満を述べたいと思っても、グッとこらえているのです。

そして三流な人は、不満を我慢するという考えがなかったりします。

周りのことを考えないで、平気で思ったことを口にしてしまいます。

それがどれほどマイナスなことなのか、まるで分かっておらず、信用を失ってしまうのでしょう。

二流な人は、不満を心に溜めてしまいます。

そして三流な人は、いつでもダラダラと愚痴や不満を言ってしまいます。

不満があると、心にストレスがかかってしまいます。

そういうときに、二流な人と三流な人の違いはハッキリと出てしまうのでしょう。


3.二流な人は人の顔色を伺い三流な人は人の気持ちに無頓着である

二流な人と三流な人は、人と接するときにも差が出てきます。

二流な人は人の顔色を伺おうとしますが、三流な人は人の気持ちに無頓着だったりします。

本当は、相手の気持ちをサッと汲んで、それに合った対応をするべきでしょう。

ただ、二流な人というのはそこまでスキルが高くありません。

そのため、相手が何を考えているのか、必死で探ろうとしてしまいます。

そして三流な人は、人の気持ちを考えないところがあります。

相手がどう思うかではなく、自分中心で物事を決めてしまったりします。

それが如何に失礼か、相手がめいわくすることが、そのことを理解していません。

三流な人は人間関係も三流なままです。

二流な人は、的確に相手の気持ちを理解していないかもしれません。

しかし、一生懸命気配りをしようとします。

そういうところが、人の気持ちに無頓着な三流の人より、はるかに見込みがあると言えるでしょう。


4.二流な人は努力をしているが三流な人は努力することを諦めている

二流な人は、真面目で常識がある人です。

普段から努力することを忘れず、一生懸命頑張っています。

三流な人は、自分に対して甘いところがあります。

なので、ある程度努力をしても、すぐ諦めてしまいます。

二流な人というのは、実は実力が足りなかったりします。

自分でもそのことを分かっているので、精いっぱい努力して足りない分を補おうとしてしまうのでしょう。

二流な人は時々的外れな努力をしてしまったりしますが、それでもちゃんと頑張る気持ちを持っているのです。

三流な人は、残念ながらそういう意気込みがありません。

頑張ろうと思いながらも、つい手を抜いてしまったりします。

心が弱く、怠け心に打ち勝つことができないのでしょう。

二流な人は、例え能力が低くても、それでも努力する人です。

三流な人は、努力しようと思っても、諦めてしまいます。

そういう差がある二流と三流な人というのは、人生を送るうちに大きな違いが生まれてくるでしょう。

二流と三流の違いを知ろう

二流な人と三流な人は、実力はそれほど違いがありません。

しかし、気持ちの持ち方がかなり違うので、結果も大きく違ってきます。

能力は同じくらいでも、心がけ次第でもっと素敵な自分になることができます。

それを二流な人と三流な人との差は、はっきりと示しているのでしょう。