飲み会きっかけで職場恋愛をスタートする方法

最終更新日:2015年8月2日

男女の出会いで最も多いのが、職場恋愛ではないでしょうか。

お互いに普段から顔を合わせていたり、共通の知り合いも多いからこそ信頼しやすく恋愛に発展しやすいと考えられます。

特にお互いがリラックスする飲み会がきかっけになることが多いと言えます。

それでは飲み会をきかっけに実際に職場恋愛をスタートするにはどうすればいいのでしょうか。

1.一緒に幹事をする

まず気になる男性が社内にいる場合や、話してみたいと思う人がいる場合一緒に幹事をすることで近づきやすくなると言えます。

人数が多い飲み会で数名の幹事が必要な場合や、自分が幹事になった場合に経験者の男性に助けを求める事も良いでしょう。

人には親和欲求と言って他人と仲良くなりたいと言う心理があります。

普段は仕事に忙しかったり、相手が自分に興味がなさそうな場合は傷つくことを恐れて敢えて話しかけなかったり距離を保っている事があります。

しかし何かがきっかけで親しく話す事ができたり、一緒に同じ事をする機会があれば親近感が湧き、相手への好意がぐっと増します。

単に幹事をやると言ってもお店選びから料理選び、会計等様々な準備が必要です。

その時にお店の話を単にするだけではなく、「オススメはありますか?」「お好きなジャンルや気になるお店はありますか?」「普段はどんな所に行かれますか?」等相手の好みや個人的な話も少し交えながら決めていきましょう。

自分に関しても「~というお店に良く行きます」「先日行った~が今回の会場にも使えるかなと思って」等さりげなく自分の好きなジャンルやオススメを伝えましょう。

相手を知る事や自分の事を相手に知ってもらう事は、互いに関して興味を持ち恋愛関係に発展させる為にとても大切な事です。

選ばれなかったお店に関しても「今度幹事だけでお疲れ様会をしましょう」等と持ちかけても良いでしょう。

少人数で話す事ができる幹事は、気になる男性に近付くチャンスであると言えます。


2.普段の様子を褒める

次に飲み会が実際に開催された場合、できるだけ普段話さない相手とも話しましょう。

その時に普段その人が頑張っている様子や、手伝ってもらって嬉しかった事、お礼等を伝える場にするのも良いでしょう。

または「是非一度話したかった」等と普段思っている事をストレートに伝える事も効果的です。

人には「承認欲求」という心理があります。

これは相手に認められたい、褒められたいと誰しもが感じている心理です。

仕事ではどんなに頑張っても結果が求められ、また結果を出して当然と言う風潮があります。

もちろんそれでお給料を頂いているので、皆結果を出す為に普段から精進していますよね。

飲み会とは普段の仕事とは違い、業務に直接的な関わりが無くても話す機会となります。

もちろん普段はどんな事をしているのか、趣味は何か等一般的な会話をしても良いですが、もし相手と仲良くなりたいと思っているのであれば、彼の承認欲求を満たす事でお互いの距離が縮まる可能性が高いと言えます。

普段彼が駆け回っている姿を見ている人は「普段から忙しそうで、頑張ってらっしゃる方だなと思っていました」と彼を褒めて見ましょう。

人に気を使っている姿やさりげなく手伝ってもらえてうれしかった事等を伝える事も、彼の承認欲求を満たすこととなります。

あなたが自分の事を見ていてくれたと知る事で、彼としてはあなたに好感を抱くはずですし、そこから会社の事や仕事の事等話がはずむことが考えられます。

そこから仲良くなるきっかけが得られれば今度少人数や2人だけで食事に行く機会が得られ、恋愛に発展する可能性があると言えます。


3.普段とは違う一面を見せる

最後に飲み会きかっけで職場恋愛をアピールする為には、普段とは違う一面をアピールする事が効果的です。

男性は何事においても追いかける事を好むと言われ、又狩猟生活の名残からか変化や動く物に興味を示すと言われています。

変化=普段とは違う一面を見せる事と考えられ、仕事を離れた飲み会であれば格好の機会となるはずです。

例えば普段は仕事をバリバリこなしている女性が、飲み会で料理を取り分ける、さりげなくお皿を取り換える、机をキレイにする等の家庭的な一面を見せることで、男性が興味・好感を持つこととなるでしょう。

或いは普段はおとなしく言われた事をこなす女性であれば、皆の飲み物を取りまとめたり幹事役を引き受け一生懸命な姿を見せたりことで男性にとっては興味を持つきかっけになるとも考えられます。

もちろんわざとらしいくらいのアピールや、飲み物が少し減る度に飲み物を注ぐ姿は、男性にとってもわざとらしく接客をされている様に感じるはずです。

普段はあまり話さない人とも周りの雰囲気に合わせて楽しく話したり、笑顔で話しかけたりと普段とは違う一面を相手に見せることで高感度がアップする可能性があります。

その翌日や次に会う機会には「昨日はお疲れさまでした」「ごちそうさまでした」等と声をかけ、そこから次の会話につなげましょう。

そうすることで社内でも話すきかっけとなり、社内恋愛につなげる可能性が高くなると言えます。

飲み会から社内恋愛のスタートをきろう

飲み会から社内恋愛をスタートさせる方法をご紹介しました。

顔見知りで知り合い同士が多い職場であれば、安心して相手との恋愛をスタートさせられるとも考えられます。