彼氏とののろけ話を周囲に嫌わずにする方法。イチャイチャラブラブ話を友達にしよう

恋愛最終更新日:2019年6月10日
惚気話をする女性

彼氏との楽しかったこと、嬉しかったことなど幸せな気持ちを誰かに話したい時ってありますよね。

しかし友だちにうっとうしがられるのが心配で、素直に話せないといった経験はありませんか。

そこで今回は「彼氏とののろけ話を周囲に嫌われずにさりげなくする方法」についてご紹介します。

相手の恋人の話も聞いた後に自分ののろけ話をする

どのような会話であっても等しく言えることですが、自分の話を聞いてもらいたかったらまず相手の話もしっかり聞きましょう。

とにかく相手の話を聞かないことには、自分の話を気持ちよく聞いてもらうことはできません。

これはコミュニケーションの鉄則でもありますよね。

相手の話を聞くと言っても、適当な相槌を打っているだけで内容をしっかりと聞いていない方もたまにみかけます。

しかしそういった態度は相手をいやな気持ちにさせてしまいますので、相手もその方の話を聞きたくなくなってしまいます。

適当に相槌を打ったり話を遮ったりすることはやめて、まずは相手の話をきちんと聞きましょう。

相手が自分から恋人の話をしてくるのであればその話を聞くだけでいいのですが、相手が自分からは恋人の話を話さないタイプの人であった場合には工夫が必要です。

まずは、相手がどのようなことなら饒舌に話してくれるのかを慎重に見極めましょう。

そして相手に話を促しましょう。

相手の恋人の素性などを自分から話さないような場合は、あまり突っ込んで聞かない方がベターです。

人には誰でも話したくないことがあります。

「休日は彼氏とどんなふうに過ごしているの?」「彼に料理を作ってあげたりする?」など当たり障りのないことを質問してみて、相手の反応を探ってみてください。

もしも、恋愛話を嫌がらない相手だと分かって初めて「うちの場合はね」と会話を広げていきましょう。

嬉しい想い出はついたくさん話したくなってしまうかもしれません。

しかし想い出話を最初から最後まであなたがしゃべっていると、相手がいくらやさしい人でも「この話、いつ終わるんだろう?」とうんざりしてきますので要注意です。

この場合は一通りすべてを話そうとせず、いちばん聞いて欲しい部分だけにスポットをあてて短縮して話をまとめてみましょう。

また、話のところどころで「こんな時、あなたたちならどうしてる?」と相手に質問を投げかけて、意見を聞いてみましょう。

話のクールダウンにもなりますし、休憩タイムのような感じにもなりますのでオススメです。

相手や相手の彼氏の対応や行動を「うらやましいな」「見習いたいな」と素直に認める言葉も忘れずにしてください。

彼の地位や外見についての話は極力避ける

自分の彼氏がハイスペックな大企業で仕事をしていたり、見た目がかっこよかったりすると、つい友だちに聞いてほしくなってしまいますよね。

しかしそんな話をしたくなったときには、ひと呼吸置きましょう。

自分では自慢をするつもりがなくても、そのような話はどうしても見栄を張っているように聞こえてしまうからです。

地位や外見にしか興味がない軽薄な女性に見られてしまう可能性すらありますので、気をつけましょう。

そのような話もできる友人だと断言できる場合を除いては、相手から誤解を受けてしまうような話はやめておいた方がよいでしょう。

また、お金が絡んでくる話も避けましょう。

特にあなたが高収入の男性とお付き合いしているような場合、つい相手に「この間お寿司屋さんに行ったんだ」ですとか「将来はマイホームを買おうと思ってるんだよ」など話してしまうこともあるでしょう。

悪気なく話していることでしょうし、直接的に彼の収入については触れていませんが、この場合でも気を付けましょう。

同じくらいの年収の男性とつきあっている友だちなら大丈夫でしょうが、そうでない男性とつきあっている友だちにとっては嫌味に聞こえてしまうことがあるからです。

大切な友だちとの関係を悪くしてしまわないためにも、こういった話題は避けましょう。

あなたの彼の魅力を伝えるときに話せることは他にもっとたくさんあるはずです。

表向きの話よりも、デートであった面白い話や優しい行動、困っているけれどなんだか可愛いところ話を聞いてる相手が大好きな彼に好感をもってくれるような、彼の内面的な話や出来事について話してみましょう。

彼の愚痴はほどほどにする

自慢に思われないようにと、つい彼氏についての愚痴を織り交ぜる人は多くいます。

もちろんそのような話も時には愛嬌があっていいものですが、過度に愚痴ばかりになってしまったり「モテてるって言いたいわけじゃないのよ」と逆に自分の悪い部分をあげると「文句ばかりなら別れればいいのに、なんでこんな話をいつまでも聞かなくてはいけないの?」と聞いている相手は疲れてしまいます。

のろけになりすぎないようにと気を遣う行為が「逆にのろけでしょ」と思われてしまうこともあります。

自分が聞く立場になって考えてみればわかりますが「結局好きなくせに文句ばかり」という話ほど聞いていて疲れるものはありません。

ほどほどを心がけましょう。

彼氏とラブラブな人を選んで、自分ののろけを聞いてもらう

のろけ話をきいてもらうには、話す相手を自分で選ぶことも大切です。

結論から言ってしまうと、最ものろけ話がしやすいのは彼氏とラブラブな女友だちです。

そういった女友だちであれば、あなたののろけ話に対してもよく理解できるでしょうし、相手も自分の彼氏についてのろけたいことがたくさんあるはずです。

そのためバランスよくお互いがのろけることができます。

しかし彼氏とうまくいっていない友だちを話し相手に選んでしまったり、そもそも彼氏がいない友だちや彼氏と別れたばかりの友だちなどに対してのろけ話をしてしまうと、相手を傷つけてしまいます。

のろけ話をする前に、目の前にいる相手がいま恋人とはどういった状況なのかをよく把握しましょう。

自分の彼氏ののろけ話を聞いてもらったあとには必ずお礼を言う

彼氏とののろけ話は、そうそう誰もが聞きたいものではありません。

それでも相手はあなたの話を聞いてくれているわけですから、もしも誰かがあなたののろけ話をこころよく聞いてくれた場合には、最後に必ずお礼を言いましょう。

「のろけ話みたいなのをしちゃってごめんね。こんな話、聞いてくれてありがとう」

このように言うだけで、相手も気分がよくなりますし、また聞こうとも思ってくれるはずです。

のろけ話をしつつ、相手から好印象を得よう

とにかく「のろけ=面倒なこと」という印象が強く、なかなか自分の話をできない人もいるのではないでしょうか。

でもそれは好きな気持ちが先走り過ぎて、つい自分の事ばかりを話してしまう人が多いからです。

きちんと相手の話を聞きながらお互いの恋愛のことを語り合うのは、友情を深める意味でもとても有意義なことです。

本当に幸せな気持ちの「のろけ」は、素直に恋人を大切にできる話し手の印象を良くしてくれるものとなりえます。

自慢をしたいという気持ちは捨て、純粋に恋人といて楽しかったこと、嬉しかったことをシェアしてお互いの恋愛を高めていきましょう。

 

    「彼氏とののろけ話を周囲に嫌わずにする方法。イチャイチャラブラブ話を友達にしよう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。