入籍前に二人がすべきこと。プロポーズ後は結婚について話しあおう

最終更新日:2016年2月19日

彼からのプロポーズを受け、幸せ絶頂の今、次に待っているのは入籍の日。

しかし、それまでにはしておかないといけない事はたくさんあります。

一つ一つじっくりパートナーと考え、話し合い、準備をしないとその後の結婚生活に支障をきたしかねません。

そこで今回は入籍までにすべきことをご紹介します。

1.双方両親への挨拶日を決める

女性側の両親への挨拶、その後男性側の両親への挨拶が一般的となっています。

両親の都合はもちろんですし、自分達の都合も考え、日にちを決めましょう。

この際、自分の親に結婚の挨拶をしに来るという事をきちんと伝えておくのが良いでしょう。

両親としても、心構えや準備をしておいてもらわないといけません。

特に男性が女性の両親に挨拶するのは、テレビドラマなのでもあるように、非常に緊張する事です。

女性は、男性が余計な心配をしなくて良いように、両親にはしっかりと話しておくと変な空気にならないでしょう。


2.結婚式の日にちや入籍日、今後の2人についてよく話し合っておく

挨拶日を決めたら挨拶に行くまでに2人で話し合い、決めておくと良い事がたくさんあります。

まずは結婚式の日にち。

何月何日までは決めなくて良いでしょうが、何月くらいにはという予定は立てておいたほうが良いでしょう。

そして、入籍日です。

これも、結婚式予定日と同じように、予定を立てておきましょう。

最近では、入籍し、結婚生活を先にスタートし、その後ゆっくり結婚式を行うパターンも多いようです。

自分達でしっかり考え、決めましょう。

挨拶に行った際には、他に「子供のこと」「結婚したら仕事はどうするのか」等、両親から聞かれることもあります。

その時にアタフタならないよう、2人で人生設計を話し合っておきましょう。

3.家計について

なかなか話しにくいのがお金の話です。

しかし、1番大事でもあります。

今までのそれぞれの貯金はどうするのか、結婚して家計はどちらが握るのか、お小遣いはいくらか。

決めることはたくさんあります。

お互いの貯金額を知らないまま結婚してる夫婦もたくさんいますが、結婚生活を送っていくには、家計についてはオープンにした方がいいかも知れません。

結婚してからのケンカの原因は金銭問題が多いので、お互いの金銭感覚を知っておく為にも、細かに決めておく必要があります。


4.結納について

女性側からしたら、きちんと結納をしてほしいと思ってる方も多いのではないでしょうか。

最近では結納はしない所も多いみたいですが、男性側から提案してくれたら嬉しいですよね。

女性側から切り出すのはなかなか難しいかも知れませんが、きちんと聞いておきましょう。

結納と言っても、堅苦しい形式だけでなく、略式という形もあります。

お互いが1番いい方法を決めておくのが大切です。

5.同居の可能性

お互いの両親についてよく知っておきましょう。

健康状態によっては同居を前提と考えているパートナーもいるかもしれません。

結婚してから、当たり前のように同居に向かって準備されたらたまりませんよね。

同居の可能性はお互いどうなのか。

包み隠さず話しておいた方が良いでしょう。

また、両親の考えもはっきり聞いておきましょう。

挨拶の段階でそこまで話すのは難しいかも知れませんが、会話の中で上手に両親の考えを聞き出せたらいいですね。


6.その他決め事はしっかりしておく

挨拶の為に決めておく必要のある事、その他、自分達の中で必要な事、それぞれあるでしょう。

挨拶の為に決めておく必要のある事は先程紹介しましたが、家計についてはもちろん、例えば「転勤について」「子供は何人か」「住む場所はどこか」入籍前に決めておきたい事は尽きません。

1度、思いつく事をメモして2人でじっくり話し合う機会を作りましょう。

ここを疎かにすると、必ずと言っていいほど、結婚生活は上手くはいきません。

どんな小さな事でも構いません。

現実的な話をどんどんして、解決していきましょう。

7.結婚式場のブライダルフェアにも積極的に参加する

結婚式場の目星がついていたとしても、他の式場のブライダルフェアに参加するのも良いでしょう。

ブライダルフェアに参加するというのは、結婚式場を見つける目的もありますが、新鮮な気持ちに戻れたり、益々2人の結婚生活が楽しみになってきます。

2人の愛を深める為にも、バンバン参加しましょう。

また、プランナーの方は結婚の道のプロですので、何か相談にも乗ってくれるでしょう。

いろいろな式場を見て、楽しみながら準備をしましょう。


8.ブライダル検診を受ける

入籍する前に、自分達の体の事をよく知っておきましょう。

ブライダル検診は、スムーズに子供を授かる為にも非常に大切な事です。

女性だけでなく、男性も必ず受けましょう。

ブライダル検診はあまり受けている人もいないようで、重要な病気は妊娠してから分かる方もいるようです。

早期発見の為にも、必ず入籍前に受けておきましょう。

そして、結果をお互いに把握しておきましょう。

入籍前に準備をしよう

何よりも大事なのは、入籍前にたくさん話し合うという事です。

少しでも不安要素を無くして、夫婦生活がスムーズにいくように下準備をしておくといいですね。

結婚生活を始める前は、話し合いが多くなり、ケンカもするかも知れませんが、そんな時は家具などを見に行って気分転換もいいかもしれませんね。

入籍前にたくさんたくさんぶつかることで、幸せな結婚生活が待っています。