お金が貯まらない人の見直しポイント5つ

最終更新日:2015年10月10日

贅沢はしていないはずなのに、なかなかお金が貯まらないと悩んでいる方はいませんか?

そのような人は、本人が節約していると思っていても無意識のうちに無駄なお金を払っているものです。

お金を貯めるために見直すべきポイントを押さえ、きちんと貯金ができるようになりましょう。

1.特に必要な物が無いのに、店に入っていないか

大型のショッピングセンターなど様々な店舗が入っている所は、ただ商品を見ているだけで楽しいものです。

しかし、お金を貯めたいなら欲しい物が無いのに買い物へと出かけるのは危険。

一見すると、お金を使わずに商品を見て回るだけのウインドウショッピングは節約の味方と思われがち。

しかしながら、色々な物を見ているうちに必ず物欲が頭をもたげます。

意思の弱い人は欲しいと思った物にあっさりとお金を払い、手に入れてしまうでしょう。

結果としてウインドウショッピングのつもりだったはずが、ただの買い物へと変貌してしまうのです。

また、何も必要な物が無いにもかかわらずコンビニに出かける人も要注意。

そのような人ほど、特にお腹が空いていないにもかかわらず新発売のお菓子や飲み物に手を伸ばすもの。

欲しい物が無い時に、わざわざ店に足を運ぶ必要はないのです。

お金が貯まらないと悩んでいる人は、本当に買わなければならない物が現れた時に初めて店へと出かける癖をつけましょう。


2.頻繁に外食をしていないか

昼食・夕食時間をまたぐ長時間の外出は、よく食事をレストランやカフェの中で済ませますよね。

とはいえ、外食は節約をする上での大きな敵です。

外食のデメリットについて、順に上げてみましょう。

まず外食は、当たり前ですが自炊に比べて値段が高めに設定されています。

家で作ったら材料費が300円くらいのパスタでも、レストランで食べると800円を超えるなんていうのはよくあること。

しかし、その割に栄養バランスは安くつく自炊の方が高く取ることができます。

自炊なら野菜を好きなだけ入れても、1人分なら値段はそこまで変わりません。

また、おいしそうな料理がたくさん紹介されているメニュー表を眺めていると、あれもこれもと食べてしまいたくなりますよね。

食欲に負けて高い料理やデザートを注文してしまえば、食費は増える一方。

このように自炊と外食を比べると、自炊の方が安くて量も多く、栄養バランスのよい料理を用意することができます。

よく外食する人はその点を見直し、自炊のお弁当に切り替えましょう。


3.電気や水道を無駄に使っていないか

人は生きている以上、どうしてもお金を使わないわけにはいきません。

何も贅沢をしていないとしても電気代や水道代など、生活費という名のお金は確実に外へ出ていきます。

実はこの生活費が、お金が貯まらない人が見直さなければならないポイント。

自分が送っている日常をよく思い出してみて下さい。

現在使ってもいない部屋の電気をつけっぱなしにしてはいませんか?電化製品の電源はまめに落としていますか?歯磨きや洗顔をしている時、お湯を出しっぱなしにしてはいませんか?無意識に行っていた行動でも、すべてお金がかかるということがよく分かるはずです。

貯金を成功させる第一歩は、生活の中から電気や水道の無駄をなくすこと。

自分の行動を逐一チェックしながら、その中にお金の無駄が隠れていないか、徹底的に洗い出してみてはいかがでしょうか。


4.クレーンゲームが好きではないか

大人も子供も好きな人の多いゲームセンター。

中でもクレーンゲームは1回100円と安く、成功すればお店で買うよりも安く品物を手に入れる可能性があるため、挑戦する人は後を絶ちません。

そうは言っても、クレーンゲームへの挑戦も貯金にとっては立派な妨げ。

このゲームの罠は、失敗するとますますお金をかけたくなるところにあります。

もし途中で諦めてしまえば今まで投入したお金は返ってこない上、品物も手に入りません。

しかし最終的に品物をゲットすることができたなら、お金をつぎ込んだだけあった、というような気持ちになるでしょう。

しかし、よく考えてみて下さい。

何回、何十回と100円と投入して手に入れた品物は、お店で売っているものと比べて格段に高くついたのではありませんか?それなら成功したとしても、損以外の何者でもありませんよね。

よって、お金を貯めたい時にはクレーンゲームには寄りつかないこと。

どうしても挑戦したいのなら100円だけと決めて、それ以上のお金を使わないと誓いましょう。


5.着回せない服ばかり買っていないか

オシャレをする上で、どうしてもお金をかけてしまいがちな衣服。

店先で可愛い服を見つけ、我慢できずに買ってしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかしこの衣服も、お金を貯めたい時に見直すべきポイントです。

買ったばかりの服は、色々なコーディネートが楽しめるものでしょうか?どんなに可愛くても、着回しのできない服ははっきり言って無駄。

1着に尽き1つのコーディネートだと、何着も服を用意しなければならないからです。

お金を貯めたい時には、1着でたくさんの着回しができる服を買うことが理想。

他の服と組み合わせて様々なコーディネートができれば、1着だけで長く楽しむことができるため、新しい服が欲しいという欲を抑えることができます。

よって可愛い、欲しいという気持ちだけで服を購入するのは危険。

服を買う時には着回しができるかを念頭に置き、その上でお金を払うだけの価値があるかを見極めて下さいね。

効率よくお金を貯められる様になろう

節約をしても目に見える効果が出ないという方は、もしかしたらこのような点を見逃しているのかもしれませんよ。

かと言って、節約のしすぎは心を貧しくします。

どんなにお金を使わないと言っても、ケチになりすぎると周りの人も離れていくもの。

追い詰められないためにも節約をする際はメリハリをつけ、豊かな気持ちでお金を貯めることができればよいですね。