同じことをしてもバカにされる人とホメられる人がいるのはなぜか

最終更新日:2017年3月20日

仕事などを頼まれた場合に、同じことをしてもホメられる人とバカにされる人が実際にいるのは何故でしょう。

そういった場面を誰かが冷静な目で見ているとしたら、同じことをしているのに、実は不公平ではないかと思うのではないでしょうか。

しかしそういった事が起きるのには、実はそれなりの原因と理由があります。

1.ホメられる人とバカにされる人には人自体に違いがある

ホメられる人とバカにされる人には、既にその人の受け止め方自体に違いがあるということが一つにはあります。

同じことをやってもそれを受けとめる人がその人のことをどう受け止めるかによって大きく違ってきます。

つまり、その人のイメージと言うものに左右されることが大きいのです。

例えば、いつも落ち着いてしっかりしている人が仕事の準備をしてくれれば「さすが~」という事になり、いつもバカにされる人がしてくれても「あ~やってくれたのね」という事になることがよくあります。

何をやったかというよりも、その人をどう受け止めているのかというイメージによって評価されることが多くあります。

2.ホメられる人はずっとホメられ、バカにされる人はいつもバカにされやすい

そして、ホメられる人はずっとホメられ、バカにされる人はいつもそういうイメージで見られるのでバカにされやすくなります。

やっている事には変わりがなくても先入観があります。

そのため、そういう目で最初から見られ、偏見の目で見られていることが多くあります。

3.周囲とのコミュニケーションが取れている人はホメられる

これはよく見ていると実感するのですが、同じことをしても最初に「私、これをやったんですけど大丈夫ですか?」などと確認をして見てもらおうとする人には人はそのことを受けとめようとする態度になります。

それに対して、何も言わずにただやっている人には、最初からやった内容を評価しようという態度を取ることが多いものです。

最初の時点で確認で見てもらおうとする人と何も言わない人では受け止められ方が異なってくるということになります。

それが周囲とのコミュニケーションが取れている人はホメられるということです。

世に言う「根回し」というようなことです。

ちょっとした言葉かけが大事になってきます。

4.相手に最初からいろいろ聞いておく

最初に相手にいろいろ相談したり、内容を聞いておくようなことをすると相手も親しみを持って評価をしてくれるということが多くなります。

「これをやりたいのですが、どうしたらいいでしょうか」「どんなことに気を付けたらいいですか」などとアドバイスを最初にもらうことで、相手とのコミュニケーションも取れます。

相手が何を考えているのかもわかりますのでやる内容も評価されやすくなります。

5.ホメられる人とバカにされる人の違いはコミュニケーション能力

つまり、ホメられる人とバカにされる人の違いはコミュニケーション能力の違いが大きいものとなります。

相手とコミュニケーションをたくさん取っていれば、ホメられやすい雰囲気ができていることになります。

仕事などもやりやすく人間関係もうまく行っていると言えます。

バカにされている人は、それを改善するために相手やその場所でのコミュケーションを上手く図っていく事が大事です。

「よくあの人は何も聞かないのよね」「一人で何かやっているのよね」などと言われている人は何をやってもバカにされることが多い傾向があるのではないでしょうか。

6.バカにされない人になるには

人は、予想が立たないことに対しては、困ったりして評価できずにバカにしたりすることが多いものです。

「どうしてそんなことをするの?」ということになります。

また、予め「こうしようと思っています」や「ここがわからないんですが、どうですか?」などと聞いていれば、そこから自分も何をしていいのか、的外れなことをしなくても済むようになります。

自分のやることに予防線を張るというような言い方になりますが、自分がこうしようと思っているということを相手にもよく伝え、共有しておくことで、新しい事にチャレンジしたりしても割と受け入れてもらえることが多くなります。

バカにされずに「自分が何かをやりたい」「受け入れてもらいたい」と思った時にはしっかりコミュニケーションを取ることです。

バカにされている人は、ともすればやはり人とコミュニケーションを取りたくないものです。

どうせ言ってもバカにされると思う事も多いでしょう。

しかし、それは逆で「バカにされている」と感じた時ほどしっかりその人たちと会話をし、コミュニケーションを取ることです。

できれば、質問形式でアドバイスをもらうというのが一番いい理想の形とも言えるでしょう。

「バカにされている」いうことで恐れずにコミュニケーションを取っていくことで自然と親しんでいくことができ、バカにされることも少なくなっていくというのが多くの傾向です。

仕事などでも新人などの場合は、最初はバカにされる事も多くあるでしょう。

しかし、そこでくじけずに人に教えてもらうというような気持ちで対応していく事で相手もいろいろ教えてくれます。

まずは、こちらも潜入感を持たずにコミュニケーションを取ってみることも大事ということです。