夫が地元へ帰りたがっている時どうしたら良いか

最終更新日:2017年7月7日

結婚してから都心部で生活しているのに、突然夫が地元に帰りたいと言い出した時は、どうすればいいか悩んでしまいます。

ついていきたい気持ちもありますが、将来的な生活の不安があると気軽に決断できません。

そこで夫が地元に帰りたがっている時の対処法についてご紹介します。

1.週末だけ地元に帰って生活をする

夫が地元に帰りたいと言ってきた時は、週末だけ地元生活をするようにしてみましょう。

地元に帰りたいという夫の心理としては、今の生活でのストレスが溜まっているからこそ、地元に帰りたいと思っているのでしょう。

自分にはここ以外にも帰る場所があるという思いがあるので、今の生活が辛いので地元に帰って楽しい生活を送りたいと思っています。

妻としては今のままの生活を続けていても、夫がストレスで倒れてしまったらそちらの方が大変です。

そこで休みの前の日にすぐに地元に帰って、1日をゆっくり地元で過ごす生活をしてみましょう。

自分の休みが2日間あれば、1日はゆっくりと地元で過ごすことができます。

夫は地元に帰っているという気持ちが持てるので、ストレスも軽減されますし、毎週リフレッシュして元の生活に戻ることができます。

2.将来的な生活について話し合う

夫が地元に帰りたいと言い出した時は、夫だけでなく家族の将来にも大きく関わってくるので、将来的な生活についてしっかりと話し合いましょう。

夫にとっては地元は生まれ育った町なので安心して生活できますし、友人や両親なども住んでいるかもしれません。

しかし妻や子供にすれば未知なる土地なので、将来的な生活の不安しかありません。

今の都心部の生活に慣れているのに、地元に戻って不便な生活をすることも不安やストレスの要因となります。

なぜ地元に帰りたいのか、将来的な生活はどう考えているのかなど、具体的な話し合いを納得するまでしましょう。

結局は夫についていくしかないと腹を決めていても、ノープランで地元に帰りたいと言われても迷惑するのは家族の方です。

地元に帰るならしっかりとした将来設計を立ててから帰りたいので、納得するまで話し合いましょう。

3.自分が不安に思うことをすべて解決してもらう

地元に帰ると言われた時に真っ先に思うのは、仕事や生活についての不安が頭をよぎります。

どこにでも夫についていくと決めていても、いざいきなり地元に帰ると言われれば、納得してから帰りたいと思うものです。

そこで夫には自分が不安に思っていることをすべて解決してもらってから、不安がなくなったら帰ってもいいと伝えましょう。

自分は地元でどんな仕事があるのか、どれくらい稼げばいいのかなど、生活に直結するようなことも具体的に考えておきましょう。

不安なことをすべて解決することができれば、自分も安心して夫についていくことができますし、新たな生活を楽しむ余裕も出てくるはずです。

4.ある程度の仕事や貯金の目標を立てる

地元に帰るとなれば仕事を辞めて新たに探したり、引っ越しなどの費用が掛かるなど、何かとお金の心配がつきません。

地元に住めば生活費が少なくなると言っても、ある程度の貯金がなければ将来的に不安な生活を送ることになります。

そこで夫が地元に帰りたいと言い出した時には、夫と目標を決めてクリアしたら地元の帰ると約束するのもいいでしょう。

地元に帰る前にある程度の仕事のメドを立てておいたり、副業をして稼ぐことを目標にします。

また貯金額も目標金が達成したら地元の帰ると約束すれば、夫も張り切って頑張るでしょう。

今の生活にストレスを感じているからこそ地元の帰りたいと言い出している可能性が高いので、今の生活に目標となるものを作れば元気も出てきます。

目標達成をすれば地元に帰ると約束すれば、自分もある程度の安心感を持って地元にいくことができるでしょう。

5.有給などを利用してまとまった休日を地元で過ごす

地元に帰りたいと言っても実際には仕事のこともあるので、なかなか帰れないからこそ夫も地元に帰りたいと夢を見てるのかもしれません。

都心部と地元ではまったく生活の雰囲気も違うので気持ちはわかりますが、いきなり帰りたいと言われても難しい部分はあります。

ならば会社の有休やまとまった連休を使って、休みのには地元で生活してみましょう。

旅行にいく人も1日ゆっくりと旅行にいけば、普段のストレスも発散することができます。

夫も地元での生活をすればストレスも軽減されるので、今の生活を止めて地元に帰りたいと言わなくなるかもしれません。

地元でゆっくり過ごせば夫も満足してくれるはずなので、できるだけまとまった休みを利用して、夫には地元の生活を楽しんでもらいましょう。

地元の生活を実際に体験してよく話し合おう

夫が地元に帰りたいと言い出せば、結局は妻は夫の言うことに従うしかありません。

しかし将来的な生活プランについてはしっかりと話し合う必要があるので、納得するまで話し合いましょう。

最終的には夫に従うと言っても、不安なままではついていくことはできません。

実際に地元に住んでみることは大切ですし、よく話し合ってから決断しましょう。