いつもパチンコデートで嫌な時に他のデート場所を提案する方法

恋愛 デート最終更新日:2016年2月23日

彼とのデートが、パチンコばかりなんて時間とお金を無駄遣いしているようで悲しくなりますよね。彼がパチンコを好きだからといって何で私までとも思ってしまいますよね。そんなときは、彼にパチンコデートばかりが嫌だなと伝えましょう。しかし、主張ばかりしているとただのワガママにしか捉えてくれず結局言いくるめられてしまうので、何て言えばいいのかしっかりと心得てから言ってみましょう。

1.頭が痛いから、静かな所でデートしたい

パチンコ屋は音が騒々しいですよね。

それなので彼には「頭が痛いから音が頭に響くから今日は静かな所でデートしたいな。」と言ってみてください。

すると、彼女が頭が痛いと言っているのだから無理にパチンコなんて出来ないなと彼は思ってくれるでしょう。

そして、心配をして大丈夫?と気遣ってくれます。そこで、「なんかごめんね。」と申し訳無さそうにしておきましょう。そうすることで、彼に嫌な思いをさせずにパチンコデートを回避出来ます。しかし、頭が痛いと言う設定なのですから、自然が溢れている所でのんびり過ごしたいと言ってみましょう。

そして、公園や、お寺巡りのようなデートをしてみてください。彼にとっても普段パチンコばかりのデートとは正反対なお金も使わず静かな場所でのデートに新鮮な気持ちを持ち、たまにはこんなデートも癒されるな、と思ってくれるでしょう。

そうすることで、パチンコデートも減らすことが出来ます。

2.映画やスポーツ等のチケットを用意してしまう

パチンコデートばかりで嫌になってしまった時は、映画やスポーツ、ライブのチケットを前もって買ってしまい「今日は、チケットあるからパチンコじゃなくてこっちに行こう」と半ば無理やり連れていきましょう。毎回毎回彼のパチンコに付き合っているのですから、強引に連れて言ったところで彼も怒らないでしょう。

パチンコデートが続いているということは今後も続いていく可能性がありますよね。そ
うならないために、チケットを買って無理矢理予定を入れてしまいましょう。しかし、ちょっとの優しさが有れば、自分の好みの物ではなく彼の好みの物を選んであげましょう。

彼も違う事に刺激を受ければ視野が広がり、違う事にも興味を持ちデートもパチンコばかりでは無くなるでしょう。
彼の一番の楽しみをパチンコから、違うものに変えてあげるのも、パチンコデートが減る対処法とも言えるのではないでしょうか。

3.自分がどういうデートをしたいのか具体的に言う

パチンコデートが嫌だとはいえ、ただ嫌なだけではワガママにしか聞こえませんよね。

そこで、自分がどんなデートをしたいのかお互いに言い合い話し合える場を設けるのが良いです。

例えば、「私は水族館に行きたい」と言うだけでも良いのです。パチンコデートばかりが続いてしまっている原因として、彼女がしっかりと意思表示せずに流されているという傾向があります。その現状を変えるためには「お互いにしたいデートも有るから、お互いのリクエストを交互にやっていかない?」と言ってみましょう。

そうすることで、自然と回数が減りますよね。お互いの意見を尊重することで上手くストレスも溜めずに、
パチンコデートとその他のデートをバランス良く出来るようになります。

どちらにせよ、自分の意見を言えなければ何も進みませんし相手にも伝わりません。しっかりとした意思表示をしてパチンコデートを減らしていきましょう。

,  

    「いつもパチンコデートで嫌な時に他のデート場所を提案する方法」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く