パソコンの起動が遅い。起動を早くする方法

最終更新日:2015年8月1日

最近では一家でも一人に一台パソコン端末を持っているという家も多く、一人暮らしの女性でもノートパソコンを持っている方が多いのではないでしょうか。

パソコン一つあればTVもネットも楽しめますし、買ったり、売ったりと使える幅が広いですよね。

けれど、パソコンの立ち上がりが遅いとイライラしてしまいますよね。

そこで今回はパソコンの起動が遅いときに早くする方法をご紹介します。

1.パソコンの放電を行ってみる

パソコンは電化製品ですので電気を使用して動きます。

その際に不要な電気がパソコンの中に溜まってしまいます。

この不要な電気がパソコン内の基盤や回路・部品などに帯電してしまうと、パソコンの動作が遅くなったり不具合が生じることがあるそうです。

ノートパソコンやデスクトップパソコンを電源に繋ぎっぱなしにしていませんか?

バッテリーやコンセントにつなぎっぱなしにしていると電源を切っていても電気が放電されることなくパソコン内の基盤や回路・部品などに電気が留まったままになってしまうそうです。

このように、電気がパソコン内に溜まっているせいでパソコンの起動に支障が出てしまっているのかもしれません。

そこで「放電」をすることをオススメします。

放電というと操作が必要になるように思えますが、簡単なステップで放電をすることができます。

パソコンの電源を切ったら、コンセントから電源プラグを、ノートパソコンなら電源プラグだけでなくバッテリーとの接続も切りましょう。

その状態で2分以上パソコンを放置するだけ。

です。

日頃からパソコンを電源やバッテリーに繋ぎっぱなしの人はパソコンの使用を終えたら放電ができるように電源プラグやバッテリーを抜いてみましょう。

そうすれば普段よりもパソコンの起動のスピードがあがるかもしれません。


2.ディスククリーンアップをする

パソコンは使っているだけで不要なファイルなどのゴミがハードディスクに溜まってしまいます。

メールをしたり、ネットを見たりするだけで過ごしずつゴミが溜まってしまい、パソコンのスピードをどんどん重くしてしまいます。

ゴミがかなり溜まるとパソコンの起動に時間がかかったり、画像が中々見れなかったりしてしまいます。

そこでパソコン自身がパソコン内のハードディスクなどに溜まったゴミや不要ファイルをお掃除してくれる機能があります。

「ディスククリーンアップ」といってウィンドウズのパソコンではプログラムの中に組み込まれていてクリックして5分~10分待つだけで自動的にパソコンの中を掃除してくれます。

これによりハードディスクの容量を空けてくれるのでパソコンがサクサク動いてくれるようになるでしょう。

起動が遅いのはハードディスクの容量が小さくなっている可能性があります。

こまめにディスククリーンアップすることでパソコンの起動を速くサクサク行えるようにできるのでディスククリーンアップのアイコンをデスクトップに設置してはいかがでしょうか。


3.フリーのソフトを使う

パソコンのセキュリティーのために、各パソコンに「無料・有料のセキュリティーソフト」を入れている方がほとんどですが、そのセキュリティーソフトの中でもパソコンのクリーンアップや動作を早くしてくれる機能などが付いたものが多くあります。

常にCPUの動作状況やメモリの残量などをチェックしたり、ハードディスクやファイルのスキャンができるので簡単にパソコンの中をキレイにして動作をサクサクにしてくれます。

ソフトをパソコンに入れるだけで簡単にウィルスのスキャンや不要ファイルの検索・消去などが行えるためかなりオススメです。

有料だけでなく無料でダウンロードできるものでもいい機能を持っているソフトがあるので一度ネットで探してみてはいかがでしょうか。


4.メンテナンスする

パソコンの起動が遅くなってしまうのは、ハードディスクの容量不足や帯電による影響などの原因の他に、パソコンが故障している可能性があります。

そうなるとシステムの復元を行ってパソコンがサクサクだった状態に戻す(過去の状態に戻す)か、最悪の場合パソコンをしかるべき場所に持っていったり、電話しながら遠隔操作でOSの修理などをしてもらう必要があります。

パソコンの放電やディスククリーンアップなどを行っても動作が改善されない場合はサポートに電話をしたり、修理に持っていきましょう。

そのままにしておくとパソコンが壊れて情報が洩れてしまったり、メモリに保存していたメールやファイルなどの復元が難しくなったりと仕事でも使っている場合などは特に早め早めに行動することをオススメします。

フリーソフトをダウンロードする時は注意が必要

お金をかけずともパソコンの起動時間を早めて動作をサクサクにできるようです。

ただしフリーソフトをダウンロードするときはしっかりとリサーチ・口コミなどを見て行わないと逆にウィルスなどが侵入してしまうかもしれないので気をつけましょう。