ペン回しをする人の心理5つ

最終更新日:2017年2月14日

学生時代のクセで仕事中にもペンを回す人がいますが、人によっては落ち着きがない人だと思われることもありますよね。

できればペンは回さない方がいいと分かっていても、クセで回してしまう人もいます。

そこでペンを回す人はどのような心理でペンを回してしまうのでしょうか。

1.気持ちを落ち着かせたい

ペンをつい回してしまう人の心理としては、緊張した状態を落ち着かせるために、無意識に近い状態でペンを回してしまうということがあります。

仕事中では緊張することがありますが、自分を落ち着かせようと思ってもなかなか落ち着けるものではありませんよね。

仕事では重要な場面もたくさんありますし、緊張しない方が無理というものです。

そんな時にペンを回すことによって、自分の緊張をほぐして気持ちを落ち着かせようとする心理が働きます。

普段からペンまわしをしていれば、緊張した時でもクセで回してしまいますが、そのクセが緊張状態を上手く緩和してくれます。

普段からクセでやっているペン回しをすることで、普段の心理状態に近づけることができます。

これはクセなので無意識のうちに体が反応してしまいますが、ペン回しをやることで心理的に落ち着くので、ついそのままペン回しを続けてしまいます。

2.イライラしている

人はイライラすると自分の気持を落ち着かせるために、体が無意識のうちに反応してしまうことがあります。

人によっては貧乏ゆすりをしたり物に当たる人もいますが、何かしていないと気が済まないのでついペン回しをしてしまうことがあります。

普段からペン回しをしている人にとっては、意識的にやることがありますが、無意識のうちにペンを回してしまうことの方が多いかもしれません。

考え事をしたり暇な状態だと、ついクセでペンを回してしまいます。

そのクセはイライラした心理状態の時でも同じで、何かしたいという欲求が働くので、クセであるペン回しをしてしまいます。

ペンを回していれば気分転換にもなりますし、だんだんと気持ちも落ち着いてくるはずです。

3.動けない時に代わりにペンを動かしてしまう

ついペンを回してしまう心理としては、動きたくても動けない状態の時にペン回しをしてしまいます。

仕事中ではデスクで仕事をしていたり、会議中で席を立つことができない時に、ついペン回しをしてしまいます。

ペン回しは歩いている時や立っている時には回すことはありません。

ペン回しをする時は決まって座っている時だけです。

座っていると自分の行動が制限されてしまい、自由に動かせるのは手や腕が一番動かせる部位です。

歩くことも立つこともできない状態では、動かしやすい手や指を無意識のうちに動かしてしまいます。

そのため手にペンを持っていると、ついペン回しをしてしまうのでs、この心理状態としては無意識のうちにペン回しをしていることが多いので、動かしやすい手にペンを持ってしまうと、ついクセで回してしまいます。

4.集中力をアップさせている

ペンを回す時の心理状態としては、何かに集中したい時にペンを回してしまうことがあります。

仕事中ではパソコンの画面を見たりレポートなどの資料を読む時に、じっと見て黙読で読んていても内容が入ってこないことがあります。

人にとってはリズムで物事を理解したり、きっちりと順序立てて理解してから読み進める人もいます。

人によって読む動作でも違うので、自分のリズムを掴むためには集中しなければなりません。

その時に手に何も持っていない状態よりも、ペンを回して何かしていた方が、高い集中力をキープしやすくなります。

もちろん人によって集中の仕方は違いますが、ペン回しが普段からクセになっている人にとっては、ペンを回している時はリラックスした状態に近くなります。

リラックスした状態で読み込むことだけに集中すると、より高い集中力を得ることができます。

5.考え込んでいる

何か考え込んでいる時にじっと何かを見つめて考える人や、歩き回りながら考える人もいます。

ペン回しをする人はペンを回している時がリラックスして集中しやすい状態なので、何か考えたいという心理の時にはペン回しをしてしまします。

ペンを回すことで気分も落ち着くので、高い集中力を得ることができます。

その時に考えを集中することで、自分の考えを集約することができます。

クセでペンを回しているのは遊んでいる訳ではなく、何かを真剣に考え込んでいる時でもありますが、まわりの人からは誤解されることもあるので注意しましょう。

ペン回しは人によって意味が違う

ペン回しがクセの人にとっては、ペンを回す動作が緊張をほどいたり高い集中力を得るために行う動作と言えます。

しかしペン回しをしない人から見ると、ペンで遊んでいるように思われてしまうでしょう。

仕事中では特に考えたりプレッシャーを受けることもあるので、ついペンを回してしまうこともあります。

ペン回しは遊んでいると誤解されやすいですが、本人の心理状態には良い影響を与えることは理解してあげたいものです。