サイコパスの特徴とは。サイコパスってどんな人?

最終更新日:2016年8月31日

「サイコパス」という言葉を聞いたことがありますか。

サイコパスとは社会で生活を送る際に必要なさまざまな能力が欠如してしまっている、特殊な人格を持つ人のことを指します。

今回はそんなサイコパスの特徴をご紹介します。

1.サイコパスは嘘をつくことに罪悪感がない

普通の人は、嘘をつくと大なり小なり後ろめたい気持ちになり、ふとついた小さな嘘にその後何十年も苦しめられたりしますよね。

しかし、サイコパスにはそれが一切ありません。

平気で嘘に嘘を重ねていきます。

普通の人なら耐えられないこの行為ですが、サイコパスは嘘をついても「罪悪感」というものを感じません。

ですから嘘をつくことは別に特別なことでもなんでもないのです。

従って、反省や後悔なども一切しません。

またサイコパスは嘘を重ねることによって、相手の同情を引いたり、自分がいかに哀れな人であるか相手に信じ込ませたりしようとすることもあります。

それの上で自分の嘘にかかった相手を利用したりします。


2.サイコパスは共感性に乏しく、思いやりにかける

相手に共感できる、思いやりをもてるというのは、社会で生きていくなかで重要な能力です。

何か悲しいことがあって相手が落ち込んでいるときに、普通は冷淡に接したり、または陽気に笑いかけた下品な冗談を言ったりはしないですよね。

ですが、それを平気でしてしまうのがサイコパスです。

サイコパスには共感するという能力がなく、また思いやりもありません。

非常に自己中心的なものの考え方をするので、相手に合わせた行動はとりません。

ただ単に「空気が読めない人」なのであればまだマシですが、サイコパスは何か社会的に不味い行動をしてもそれに後から罪悪感を抱いたり、反省したりすることがありません。

ですからあなたの周囲にあまりにも空気が「読めなさすぎる冷たい人」が居たらちょっと要注意です。


3.サイコパスは表面上は社交性があるように見える

実はサイコパスは、一見すると非常に口がうまく表面上は良い人に見えることがある、という特徴があります。

しかしサイコパスは何か目的があって誰かを利用したい場合、相手を信用させるためにはどんな手でも使ってきます。

口がうまいため、自分を大きく見せたり、魅力的に見せたりという「善い人」を演じることが非常にうまいのです。

それに加えてすでに述べた通り、嘘をつくことにも抵抗がないので、サイコパスの嘘はその場では嘘と見抜くことが難しく、周囲の人は勢いで事実とは異なることを信じ込まされてしまいます。

まるで映画のようですが、善い人だと思っていたら突如豹変した(ように見える)のがサイコパスです。


4.サイコパスは責任感がなく、他人に責任を転換する

サイコパスは責任感がなく、何かミスをしてもあくまで自分には責任がないと言い張ったり、逆に指摘した相手を責めてきたりします。

すでに述べた通り、サイコパスには罪悪感というものがありません。

自分の行動に対して、一切責任は持ちません。

それどころか、誰の目に見ても反社会的な行動をとったとしても、他人から非難されると逆ギレしてきたり、普通の感覚からすると信じられませんが「お前が俺にそうさせた」など責任を転換してきたりします。

サイコパスと行動を共にすると少なからず普通の人も影響を受けてしまい、思考がおかしくなってしまうと警鐘を鳴らす研究者の意見もあります。

ですから、サイコパスの疑いのある人に出会ったら速やかに距離をおかなければなりません。

そうでないと最悪思考をコントロールされてしまうことがあります。


5.サイコパスは衝動的に反社会的な行動をとることがある

サイコパスは、幼児のように自分の感情を抑えたりコントロールしたりすることが苦手であると言われています。

社会生活を送る上では、何か不愉快なことがあったとしてもぐっと抑えなければならないこともありますよね。

例えば上司からミスを叱責された、などということがあった場合普通は素直に謝るか、誤解であればそれを解くために言葉で相手に説明をしようとします。

しかしサイコパスの場合は感情のコントロールが効きませんので、突然相手を殴ってしまうなどの問題行動を起こしたりしてしまいます。

頭では殴ってやりたいと思っていても、後々のことを考えたら普通はそんな行動は取れません。

ですがサイコパスはそこまで考えて行動はしません。

何度も述べたように、行動を起こした後にその自分の行動に責任を感じたり、反省をしたり、後悔をしたりするということはサイコパスにはないのです。

サイコパスの特徴を知ろう

社会にでると実にさまざまな人との出会いがあります。

しかし自分にとってプラスになる出会いもあれば、時には残念ながらマイナスになる出会いもあります。

サイコパスの人を見破る、というのは難しい話です。

ですがサイコパスと普通の人の考え方は根本的に異なっていますので「この人ちょっとおかしいな?」と思ったら無理して付き合わず距離を置いたり、周囲に早めに相談したりすることが大切です。