男のロマンって何?女性に理解されない代表的な男のロマン5つ

最終更新日:2016年7月9日

女性にはなかなか理解のできない「男のロマン」ですが、男性と付き合っていく上では多少の理解と寛容な心が必要になることもあります。

また、少しでも男のロマンを理解してみると男心が手に取るようにわかるかもしれません。

そこで今回「男性が良く憧れる男のロマンをご紹介します。

1.ハーレム

多くの男性が夢に見る男のロマンと言えば、好みの美女に囲まれて生活する「ハーレム生活」でしょう。

男性の草食化が話題になっている昨今でも、ライトノベルではよく男性主人公が女性たちに囲まれる「ハーレムもの」が多く発売されていますし、アニメでもそういったハーレムを土台にしているものが多くなっています。

女性が好きな男性にとってこのハーレムというのはなかなか実現はしにくいものの、美女に囲まれて生活するというのは一種の夢でありロマンといっていいのかもしれません。

特に、日本では一夫一妻制で、恋人という関係でも浮気をしたりほかの女性とデートを楽しむことが許されていないので、夢のまた夢といった感覚に近いようですが、ライトノベルや漫画を読みながらひっそりロマンを抱いている男性が多くなります。


2.車やバイク

男性の中でも多くが憧れを抱くのは「車」や「バイク」の中でもスポーツカーと呼ばれるような高価でエンジン音に凝っていたり外車だったり、希少だったりするものです。

ハイウッドセレブやスポーツ選手などの多くのお金持ちが特注の車に乗っていたり、高価なビンテージのバイクを持っていたりするのは、男のロマンを叶えているからでしょう。

女性にはあまりわからないですが、男性にとっていい車やバイクを持っているというのは「ステータス」の一つで、女性でいうルブタンの靴やプラダのバッグなど高価なブランド品と似ているかもしれません。

まだ動く車を何度も買い替えたり、バイクを特注で改造したりして自分好みの格好いい乗り物を手に入れるというのは手に届きやすいロマンの一つと言えます。


3.アニメに出てくるような女の子

美人で胸が大きくて(小さくて)、足がモデルのように長くて声も可愛い…など女性からしてみればかなり幻想に近いような女性像ですが、男性にとっては「憧れるロマン」の一つでもあります。

女性が好きな男性というのは誰でも下心を持っています。

もちろん個人によって胸の大きい小さいやスレンダー系やらぽっちゃり系やらの好みはあるかと思いますが、女優さんやアニメのキャラクターなど自分の好みの女性像の女性を彼女にすることは男性最大のロマンでもあります。

特に、アイドルなど絶対に手の届かない高嶺の花のような女性には「一度でいいから抱きたい」というようなゲスな思いを抱くことも多いのです。

もちろん女性でも同じようにイケメンとのデートを妄想したり、格好いい二次元のキャラを妄想したりするのと同じような憧れと言っていいでしょう。

ただ、女性に比べると男性の方が「性」に直接的な面があり「大きな胸」「大きなお尻」「チラリズム」「膝枕」など性的な憧れが強いので女性からすると少し嫌悪感を抱いてしまいがちですが、男心はいつまでも少年なのかもしれませんね。


4.ロボット

新世紀エヴァンゲリオンや機動戦士ガンダムなど現代でもロボットアニメというのは高い人気を集めています。

人によっては何十万もするプラモデルを購入してコレクションしている人もいますし、自分で着色し格好良く改造したプラモデルを販売している人もいます。

ロボットアニメは子供のころまでのものと思いがちですが、それは大きな間違いです。

大学生や社会人になってお金に余裕が出てくると子供のころは買えなかったものが買えるので再熱しやすくなります。

また、女性にはわかりにくいですがロボットに夢中になる理由に「戦闘型ロボットのフォルム」「規模の大きな戦い」など理解しにくい男のロマンが詰まっているのかもしれません。

日本だけでなく、映画「トランスフォーマー」などがハリウッドで人気だったように世界的にロボット物というのは男性のロマンなのかもしれません。


5.秘密基地

少年の頃であれば誰もが経験したであろう秘密基地。

木の上だったり藪の中だったり、廃墟の中だったり…。

大人に干渉されず自分や仲間たちだけしかしらないスペースというのはロマンでありとても楽しい思い出だったでしょう。

大人になってもその秘密基地をロマンとして持ち続けている男性も多く、新居を立てる際に書斎など自分の秘密基地のようなスペースを作ろうとしたり、隠し扉などの要素も憧れの一つのようです。

男のロマンを理解しよう

男性のロマンというのは少年の心がそのまま残っているようで女性からしてみれば理解のしにくいものも多いですね。

ロマンの中でも個人で楽しめるものは良いですが、ハーレムなど彼女やほかの女性に迷惑をかけるようなロマンは憧れで止めておいてほしいものですね。