恋愛対象外だった異性が恋愛対象になる瞬間とは

最終更新日:2017年5月18日

今までずっと恋愛対象外だと思っていた異性に対して、ある日突然恋愛感情が芽生えてしまうという経験がある人は非常に多くなります。

何とも思っていなかった相手に対して、なぜ急に恋愛感情が生まれてしまうのでしょうか。

そこで、恋愛対象外の異性が恋愛対象になる瞬間の例についてご紹介します。

1.つらい時期に親身になって支えてくれたことに感動をおぼえた時

つらい時期に親身になって支えてくれた異性に対して、ある日突然恋愛感情を抱いてしまうことはよくあるパターンです。

つらい状況にある時、人間は心を動かされやすい状態になると言われています。

このような時、自分の中では「絶対こうである」と信じていたものが、一気に崩れてしまうことがあります。

そのため「この人は絶対に恋愛対象外だ」と感じていた異性に対しても、心を動かされてしまうことがあります。

弱気になっている自分を心から心配し、最後まで支えてくれる人がいると、どんな人でも大きな感動をおぼえます。

この感動が感謝に変わり、更にそれが「自分を親身になって支えてくれたあの人と、もっと絆を深めたい」という親愛の情に変わっていきます。

ここまで来ると、それが恋愛感情に変わるのは時間の問題です。

そのため「好きな人がいるにも関わらず、つらい時期の自分を支えてくれた異性に心変わりしてしまった」というケースも、非常によくあるパターンです。

2.相手から突然の告白をされた時

恋愛対象だと思っていた異性から、突然告白されてしまったことがきっかけで、相手を意識し始め、それが恋愛感情に変わってしまうということもよくあるパターンです。

告白という行為は、一大決心で自分の恋心を相手に伝える行為です。

当然、自分の本気の思いを、まっすぐ相手に伝えなくてはなりません。

この本気の思いをストレートにぶつけられると、どんなに恋愛に慣れている人であっても、多かれ少なかれドキッとしてしまうものです。

そして、その驚きをきっかけに、ただの友達や知り合いとしてしか見ていなかった相手を「異性」として意識し始めるようになる人は少なくありません。

そして更に、その相手を「その他大勢の異性」ではなく「自分に恋心を伝えてきた、特別な異性」と認識するようになります。

これこそが、相手の存在が恋愛対象外から恋愛対象に変わる第一歩です。

本気の告白というものは、そのくらい大きな力を持っているものであると言えるでしょう。

3.相手に恋人ができて嫉妬心を感じた時

ただの友達としか見ていなかった異性に恋人ができた時、急に複雑な気持ちになるという人は多くなります。

実は、この「複雑な気持ち」こそが「恋愛対象外から恋愛対象に変わった合図」です。

何とも思っていない異性に恋人ができても、大抵の場合は無関心で終わってしまいます。

場合によっては、その人たちの交際を心から祝福することもあるでしょう。

しかし「恋人ができた」と聞いて、その人の幸せを素直に喜べなかったり、悶々とした気分になってしまうということは、相手を無意識的に「自分にとっての特別な存在」とみなしていた可能性が高いと言えます。

ずっと相手を恋愛対象外だと思い込んでいたということは、今までは自分の密かな恋心にすら気づかなかったのでしょう。

しかし「相手に恋人ができた」という出来事が心に衝撃を与え、心の奥に潜んでいた恋愛感情を覚醒させてしまうこともあります。

4.今まで見たことのない意外な姿を見た時

人は誰でも、長年友達や同僚として付き合っている相手に対して「この人はこういうタイプの人だ」という固定観念を抱くようになります。

しかし、その固定観念から大きくかけ離れたギャップを見てしまった時、その相手をある日突然恋愛対象として意識し始めることがあります。

つまり「今まで見たことのない姿」を見たことに対する驚きと興奮がきっかけで相手を突然意識し始め、それによって恋愛感情を抱くようになるというパターンです。

例えば、普段は頼りなさそうな男性が、一心不乱になって仕事に取り組んでいる姿を見た時、今まで見たことのなかった「男らしさ」を垣間見せられ、それがきっかけでその人を意識し始めたりします。

例えば、普段はサバサバしてかっこいい雰囲気の女性が、女の子らしい可愛い小物をたくさん持ち歩いている姿を見た時、今まで知らなかった「女らしさ」を感じ、それによってその人が気になって仕方なくなったりします。

このように「普段見たことのない男らしさ女らしさ」を見せられると、それがきっかけで相手を異性として意識し、心を動かされてしまうケースがとても多いのです。

恋愛対象外から恋愛対象に変わる瞬間はある

今まで恋愛対象外だと思っていた異性に対して、ふとしたことがきっかけとなり、相手を恋愛対象として意識し始めるということは非常に多くなります。

その結果「その相手と人生を共に歩むことになった」という人も多く、人生そのものの流れが大きく変わることもあります。

もし、恋愛対象外だと思っていた異性に対して急に違った感情を抱いたら、じっくり自分の心と向き合い、自分の本音を探ってみましょう。

もしかするとこの感情が、人生の転機に結びつくきっかけになるかもしれません。