一目惚れした女性

一目惚れした男性にアプローチをする方法。女性から勇気を出してアタックしてみよう

最終更新日:2014年10月7日

女性から一目惚れした男性にアプローチするのは、
そう簡単なことではありません。

状況によってはどのようにアプローチしていいかわからないと悩むケースも少なくないはず。

そこで、ここではアプローチ方法を4つご紹介します。


一目惚れした女性

1.メッセージカードを渡す

一目惚れした相手が、たとえば会社の同僚だったり、
学校の同級生やサークルの仲間という関係であれば、アプローチの方法はいくつもありますが、
そうでない場合はどう接近していいかわからないということになるはずです。

そんなときにおすすめしたいのが、メッセージカードを渡すという方法。

手紙を書いて渡してももちろんかまいません。
しかし、普段手書きの手紙を書きなれていない人が多いでしょうから、
より書きやすいカードのほうをオススメします。

文具店には、小さなメッセージカードと封筒がありますから、
かわいいカードを購入し、それで思いを伝えましょう。

フランクに「一目惚れしちゃいました」という調子で書いてもいいですし、
「お話ししたいことがあるので・・・」とぼかした書き方にしてもいいでしょう。

そしてメアドや電話番号など、連絡先を書いて渡すのです。
これが、どんな状況でも一目惚れした時にもっとも使いやすい方法です。

2.まずは一目惚れした相手と話す機会を増やす

もう少し時間をかけて、より自然にアプローチする方法もあります。

それはまずは話をする機会を増やすというやり方。

世間話のようなところから始めて、少しずつお互いのことを話すようにしていくといいでしょう。

話の流れで、意外な共通点などが見つかることも少なくありません。

たとえば二人の好物がいっしょということが判明したら「こんど、いっしょに食べに行きませんか?」というように誘うこともできるでしょう。

共通の趣味がわかれば相手の男性のほうから「一度、食事をしながら、趣味の話をしよう」というように、誘ってくる可能性も生まれます。

3.同性の友人を介して、思いを伝えてもらう

たとえば仕事や学校関係で出会った男性が相手の場合は、
同性の友人に頼んで、好意を持っていることを伝えてもらうという方法も考えられます。

これはあくまでも、相手が自分の存在を認識していて、名前を言えばだれかわかるというケースに限定されます。

相手がお店の店員でこちらが客のような関係の場合は、
友達から伝えてもらっても「それ、だれ?」と思われてしまうことも少なくありません。

ですから、仕事や学校関係の知り合いで、相手が自分の名前と顔を知っている場合にのみ、使える方法と考えてください。

4.直接口頭で、思いを伝える

大変に勇気がいる、ハードルの高い方法ではありますが、
もっとも成功率が高いのは「直接口頭で、思いを伝える」というやり方です。

女性から「一目惚れしました」と告白されれて、それを迷惑と感じる男性は少数派です。

少なくても「うれしい」と感じてくれるはずですし、「OK」の返事をもらえる可能性はかなり高いといっていいでしょう。

状況に応じてのアプローチを

二人の関係性や状況、あなたの性格によって、用いるべき方法は違ってきます。

どれが一番無理がなく効果がありそうか考えた上で、方法を選択するといいでしょう。