ロールキャベツ男子の特徴7つ。1対1の付き合いが得意なマイペース男性

男性の特徴最終更新日:2019年7月24日

近年雑誌やテレビなどのメディアで取り上げられることの多い「◯◯男子」というワード。

その中でも最近注目を集めているのが「ロールキャベツ男子」です。

ロールキャベツ男子とは見た目は草食系でありながら恋愛に関しては肉食系の男子のことを言います。

この「ロールキャベツ男子」には具体的にはどんな特徴があるのでしょうか。

7つのポイントを挙げてご紹介します。

ロールキャベツ男子は大勢でいるときは大人しい

ぱっと見で草食系男子のように見えるロールキャベツ男子は、協調性や空気を読む力に優れているため、大勢でいるときは積極的に人前に出たり場を仕切るようなことはしません。

肉食男子などはお祭りのような行事では積極的にみんなの前に立ち場を盛り上げる役にかって出ますが、ロールキャベツ男子はそのようなことはしません。

どちらかといえば買い出しや会場の準備設営、その他の雑用など、裏方で縁の下の力持ち的な役割をこなします。

イベントなどでも端っこの方でニコニコとして大人しくしていることが多く、傍目からは少々頼りなく見えることもしばしば。

肉食系のように積極的に目立とうとしないのがロールキャベツ男子です。

しかし、そこに注目すべきポイントがあります。

イベント事の買い出しや準備ほど、異性と二人きりになったり密にコミュニケーションをとる機会はありません。

女子もほとんどが見た目のおとなしいロールキャベツ男子に対して警戒心がありませんから、いつ間にか懐に飛び込まれているとは知らず、ついつい心を許してしまいます。

ロールキャベツ男子は2人きりになると積極的になる

普段みんなの前ではおとなしくしていることが多いのですが、狙っている女子と2人なった途端に豹変するのがロールキャベツ男子の大きな特徴の一つです。

みんなでいるときには全然喋らなかったのに、2人になった途端に積極的に話しかけてきたり、デートに誘ってきたり、告白をしてきたりします。

普段の行動からは想像できないような意外性や積極性を恋愛に対して発揮するのがロールキャベツ男子の特徴となります。

自然にスマートにツーショットを作る能力には長けていますので、女子も違和感なく気づいたら口説かれている状況になっていることでしょう。

普段からでしゃばることがなく、笑顔を絶やさず、周囲の和を重んじる一見草食系の男子が急に男らしく見えるものだから、そのギャップに女性たちはコロッと落ちてしまいます。

まさにロールキャベツ男子の真骨頂と言えるでしょう。

ロールキャベツ男子はファッションはシンプルで小奇麗

ロールキャベツ男子は特徴的な派手なファッションを好みません。

しかし、身だしなみに気を使っていないというわけではなく、シンプルで清潔感のある服をさらっと着こなしているという特徴があります。

決してオラオラ系男子が着るようなアクの強い服を着たり、つま先が尖ったような靴は履いたりしませし、むしろポロシャツやカーディガン、白シャツなどのまったり系の服を着て、優しげな雰囲気を作り出しています。

それはもしかすると、自分に自信がある故なのかもしれません。

自身の内面にある程度の自信を持ち、自分のできることできないことを客観的に分析できているため、自身に似合わない者を着たり流行を追ったりすることが無く、無難なものに落ち着きがちです。

好感度を下げないという点においては、一つの作戦であるともい言えます。

ロールキャベツ男子の性格はクールでマイペース

ロールキャベツ男子は基本的にポジティブな考えを持っていて、マイペースで努力家が多いのも特徴的です。

クールな性格であるため基本的にはあまり感情を表に出すようなことはありません。

嬉しい時や悲しい時でも感情を全く表に出さないというわけではありませんが、淡々とした喜び方や悲しみ方をします。

また、ポジティブな考え方を持っているため、物事がうまく行かない時でも必要以上に自分や他人を責めたりせず、目標や改善点を見つけて淡々と前に進むという傾向があります。

これは、ロールキャベツ男子が物事を客観的に物事を分析する事に長けているといえます。

相手や自身の事を日ごろから客観的に捉えているため、上述したように必要以上に自分を着飾ったりすることはありませんし、相手の事をよく見ています。

相手がどんな事に喜び、どんなことに悲しむのか、少し元気がなく何か悩んでいることがないのかふとした時ににそいうった気遣いを受けた女性が、魅かれないはずがありません。

これはロールキャベツ男子の最も優れた長所の一つでしょう。

ロールキャベツ男子は自慢話をしない

肉食系男子に限らず、男子の多くは自分の自慢話を好んでします。

自分の仕事のことであったり、趣味のことであったり、学歴や持っている自動車や腕時計のうんちくを延々と話す男子は世の中には多くいます。

ロールキャベツ男子は自分を大きく見せるようなことは好まず、等身大の自分についてよく理解しています。

クールで努力家が多いので、人前で自慢をせずにコツコツと影で努力をしている人が多く見受けられます。

自身よりもむしろ相手に興味があるので「話を聞く」のが非常に上手く、気付いたら相手の心のドアを開けていることがしばしばです。

女性からすると一緒に過ごすのが楽であるため、恋人よりも唯一の男友達となってしまうパターンもありがちで、そこが恋愛面からするとデメリットと言えるでしょう。

好感度が高く、いろいろな人の心のドアを開けた結果、八方美人と思われないよう注意が必要かもしれません。

ロールキャベツ男子は飲み会ではガツガツとしない

2人きりになると積極的に女子にアプローチをするロールキャベツ男子ですが、職場やサークス、コンパなどの多くの人が参加する飲み会ではガツガツと女子に絡むようなことはありません。

肉食系男子は飲み会ではここぞとばかりに女子にアプローチをし、場合によってはセクハラまがいのこともする場合があります。

しかしロールキャベツ男子はけっしてそのようなことはせず、飲み会の席でも隅のほうでまったりと飲んでいることが多いのです。

大勢でいるときはあくまで全員で楽しむ時間であり、女子にアプローチをする時間とは線引きをしていることが多いです。

ロールキャベツ男子は彼氏の有無をサラリと聞いてくる

普段は恋愛に興味が無いように見えるロールキャベツ男子ですが、狙っている女子に関する情報は積極的に得ようとします。

恋愛中に片思いの相手に恋人がいるのかどうかということは、男子女子を問わず誰もが気になるところ。

ロールキャベツ男子はお目当ての女子と2人きりになった時には、必要な情報はサラリと聞いてくる大胆さも持ち合わせているのです。

それをすることで相手が自分を気にするはず、というある程度の計算もできることがロールキャベツ男子の強みです。

ロールキャベツ男子の特徴を知り対応していこう

ロールキャベツ男子と呼ばれる男性に見られる主な特徴をご紹介しました。

こうした特徴から考察すると、ロールキャベツ男子は恋愛に対しては仲間と通して仲良くなるというよりも、1対1の付き合いや個人戦が得意であるという特徴が見えてきます。

また、必要以上に自分を誇張したり感情を露わにすることも少ないので、ストレスを溜めずに付き合うことができると考えられるでしょう。

ロールキャベツ男子と仲良くなろうと考えるなら、なるべくグループで会うようなことはせず、できるだけ1対1で話すことを心がけるとうまくいく可能性が高くなるといえます。

 

    「ロールキャベツ男子の特徴7つ。1対1の付き合いが得意なマイペース男性」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く