成功が怖い人の心理とは。なぜ成功するのが怖いのか

最終更新日:2016年9月15日

人は失敗よりも成功を重ねたいと願うものですが、中には成功することが怖いと思ってしまう人もいます。

一見良いことだらけのように見える成功がなぜ怖いと感じるのか、こうした感情を持ってしまう人の心理や理由を覗いてみましょう。

1.失敗の数が多くて成功が想像できないから

成功すること、何かを成し遂げること、こうしたことに慣れていない立場の人は、成功した後の想像をすることが出来ません。

成功した後に、何か嫌なことが起きるのではないか、成功することで何かを失ってしまうのでないかというネガティブな発想を持ってしまいます。

失敗ばかりを繰り返してきた人にとって、成功はキラキラしたような感覚を持つでしょう。

しかしその感覚を味わったことがないからこそ、その成功をきっかけに何が起こるか分からず、怖いという感情を持ってしまいます。

人は慣れていないこと、初めて体験することに少なからず恐怖心を持ってしまいます。

失敗が日頃から多い人にとっては、成功することが怖いものになってしまいます。


2.人が離れていくことが怖い

例えば仕事で成功し、立場的に上の存在となった人。

このような人は人から「すごい人」「雲の上のような人」といった感覚を与えることもあります。

成功することで羨ましいと思われる反面、そこに距離を置かれるようになってしまうこともあります。

それまで仲良くしてきた人、関係が深かった人たちが、成功をきっかけに自分から離れていってしまうのではないかという不安が、成功することが怖いと思ってしまう理由。

自分が成功すること以上に人との関係を大切にする人や、コミュニケーションを必要とする人にとっては、一つのリスクとなることもあるでしょう。

自分が変わらない存在であっても、成功することで周りの見る目が変わり、距離を置かれてしまう。

これによって自分から人が遠ざかっていってしまうのではという不安を抱くようになってしまいます。

いくら信頼関係を築いていても、いくら長い関係性であっても、成功することで特別な存在となり、疎遠にされてしまうことも少なくないのでしょう。

3.批判、無視、嫉妬されるのが嫌

残念ながら成功することは、全員が心から喜んでくれる訳ではありません。

中には妬みや嫉妬といった曲がった感情を持つ人もおり、成功することで批判してきたり、無視といったいじめに近いようなことをしてきたりと、残酷な対応をされることもあります。

ある人が成功するということは、誰かがそこで挫折を味わったり、犠牲にしている背景があります。

それを嫉妬という形に変えて、その人への対応が変わることもあります。

「一人ではできなかったくせに」「自慢みたいで嫌な感じ」こうした悪い感情を抱く人もいるもの。

人から嫌われてしまうこと、否定されることを恐れている人にとって、成功は怖いものになってしまうでしょう。


4.その後の目標を失ってしまうから

何かに成功した時、自分が持っていた夢であったり目標を叶えた瞬間となることもあります。

それまで数年、数十年と持っていた夢や目標を叶えた瞬間、嬉しいと思うと同時に、今後の目標を失くしてしまいます。

良いことであるものの、常に向上心を持ってきた人にとっては、さらに高い目標をおくことが必要で、成功した瞬間に焦りに似た感情を持ちます。

次に自分は何をすれば良いのか、さらなる上の目標をどうやって持てばいいのかと、その後の不安を強く感じてしまうのでしょう。

それまで成功に向けて必死に努力してきた人、色々なことや物、人を犠牲にしてきた人にとっては、成功することで寂しさを感じるようになります。

5.自分が変わってしまいそうで怖い

成功することでより多くのお金を得たり地位を得ることもあります。

これを望んで成功を目指す人もいれば、色々なものを手に入れることで、自分が変わってしまうのではないかという不安を感じる人もいます。

確かに人は得られるものが大きく、またそれが長期間に渡る日々が続くと、それが「当たり前」「自分の価値観」として定着してしまいます。

目的もないものにお金を投資したり、お金を得たことによって性格が変わってしまったりと、現実には大いに起こり得る問題。

客観的な見方を日頃から出来ている人は、自分の変化が気になってしまいます。

成功が怖い人の心理を知ろう

成功したい気持ちはあるものの、今の価値観や考えを変えたくない。

人間関係や人としてのあり方も変えたくない。

日常の「変化」を希望しない人は、成功することに怖い感情を持つこともあります。

成功することというのは、誰もが自然と目標にしてしまうものです。

もちろん成功することで多くのことや物を得ることが出来るし、一回り大きくなった自分を見ることが出来るかもしれません。

しかし周りの目、その後の自分といった目に見えないものに不安を覚え、成功することが怖いと思ってしまう人もいるのです。