ゴホンと咳払いをする人の心理とは。注意や相手の反応を確かめる時に使う人がいる

人の特徴最終更新日:2016年12月15日

周りにに咳払いをよくする人はいませんか?咳払いをよくする人には様々な心理が隠されています。

その心理を知る事で相手の事をもっとよく知る事ができます。

ここでは、咳払いをする人の心理についてご紹介します。

1.気づいていないことを注意したい

いつも咳払いをしない人が今話している時にやけに咳払いをしている時は、気づいていない事を注意したいという心理状態という事が多いです。

「それなら直接言って欲しい」と思う方は多いですが、世の中には自分で気がついた方がいい場合もあります。

人に言われるばかりでは成長しません。

自分で気がついてこそ初めて成長するからです。

この心理の人はとてもいい人です。

特に上司の場合はいい上司に出会ったと思って間違いありません。

本当に嫌な人の場合は直接嫌味を言ったり、後から悪口を言うからです。

そして何より相手の成長について考えません。

相手の成長の事を考える事ができる上司こそとてもいい上司です。

咳払いをされた方は「遠回しに伝えるなんて」と思うかもしれませんが、それも部下の成長を思ってこそです。

ですので、上司が今日はやけに咳払いをしていると思ったら自分が何か気がついていない事がないか行動をよく振り返ってみましょう。

そして自分が抜かっていたり失敗をしていた事に自分で気がつく事で同じ失敗を繰り返さずにすみます。

そしてさらに自分自身を成長させる事ができますし、自分で気がついた事に上司は喜んでくれるはずです。

2.自分の事しか考えていない心理

咳払いをする事でストレスを解消するという心理の人もいます。

一人の時にするならいいですが、中には大勢の人がいる前でわざと咳払いをする事でストレスを解消するというケースもあります。

こういう人は、自分の事しか考えていないとても自分勝手でわがままな人です。

よく咳払いをする人でさらに自分の自慢話をしたり、相手を小馬鹿にするような事を言う人には気をつけましょう。

その人は相手の事を一切考えていない、自分が気持ちよければそれでいいという傲慢な考えの持ち主です。

関わっていると自分がストレスになってしまうのでできるだけ避けるようにしましょう。

仕事等でどうしても避ける事ができない場合は、可能な限り必要最低限の事務的な会話以外は避けるようにしましょう。

また、自分のプライベートな事等聞かれても一切答えない、または当たり障りのないつまらない事を意識して言うようにしましょう。

相手はつまらないと感じるのですぐに会話を終わらせる事ができますし、自分の事を周りに面白おかしく言われるのも避ける事ができます。

3.脈ありかどうか確かめている

特に男性に多いのは、咳払いをして相手がこちらを見るかどうかで脈ありか確認をするという心理です。

咳払いをした後好きな人がこちらを見る事で「ひょっとして自分の事を好きなのかも?」と思うのです。

ただ、人は誰かが咳払いをしたらついそちらの方に目を向けてしまうものです。

ですので、咳払いをした後好きな人がこちらを見たからと言ってそれが脈ありかどうかは分かりません。

咳払いをして脈ありか確認したい心理の人はそれに気がついていない人が多く、脈ありだと思ってアプローチをして失敗をしたというケースは多いです。

その男性が自分にアプローチをしているかどうかは咳払いと同時にアイコンタクトがあるかどうかで分かります。

人は好きな人ができると無意識につい見てしまうものです。

咳払いをしている時はそちらに意識が集中するので、目は思わず無意識で好きな人の方を見てしまいがちになります。

ですので、咳払いをした相手が自分の事を見ていたらそれはアプローチをしている証拠です。

気になるなら話しかけ、あまり好みのタイプではないならあえて意識して見ないようにしましょう。

4.注目されないと気がすまない

咳払いをすると、皆の注目が集まります。

ですので、咳払いをする人は自分が注目されたい、他の人が注目されているのが我慢できないという心理の人もいます。

このタイプの人は自分が注目されている、目立っている時は機嫌とてもいいですが、自分以外の誰かが注目されているとみるみる不機嫌になるのですぐに分かります。

分かりやすく感情的なタイプです。

あまり親しくない、関わりたくない人がこのタイプの場合は相手を褒めておけばとりあえず機嫌を損ねる事無く、トラブル無くその場を収める事ができます。

自分がこのタイプでこの心理を直したいと思っている場合は、すぐに直すようにしましょう。

今自分と関わっている多くの人からは「厄介な人」と思われている可能性が高いからです。

相手を褒めて立てる事ができるようになる事で多くの人から信頼され、好かれる人になる事ができます。

咳払いをするのはあまり良く思われないことが多い

咳払いをする人の心理についてご紹介しました。

他にも咳払いには相手を牽制する、もしくは相手に自分はすごいとアピールしたいという心理もあります。

特に男性に多いですが、この場合実は相手にそれを見抜かれている事も多いです。

本当に強い人は咳払いをする必要など無いからです。

咳払いをする人は、例外もありますが基本的に男女共にあまり良く思われない事が多いです。

ですので、周りに咳払いをよくするあまり感じがよくない人がいたら避け、自分が癖になっているという場合はすぐに直すようにしましょう。

 

    「ゴホンと咳払いをする人の心理とは。注意や相手の反応を確かめる時に使う人がいる」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。