仕事を早く終わらせて帰りたい時にすべきこと

最終更新日:2016年2月7日

プライベートな予定は週末優先で入れつつも、相手の都合や習い事のスケジュールの関係で「この日だけは絶対に早く帰りたい」っていうときありますよね。

早く帰れない理由は人によってさまざまですが、そんなときにすべきことをご紹介します。

1.当日に向けて終わらせておいたほうがいい仕事は前倒しでやっておく

早く帰りたい日が前日より前に決まっている場合はこの方法が一番誰にも迷惑をかけず帰れる方法です。

例えば締切が近い仕事だったりする場合、その日を除いたほかの日でフォローをすればいいのです。

もちろん使用する資料やデータが出来上がっていない場合だってあるとは思いますが、それ以外で出来る下準備は前もって自分でやっておきましょう。

そうしておくことで、仕事がいつもより早めに終わることもありますし「これが終わってるから早く帰れる」と気持ちの部分でもいくらか楽になるでしょう。

やっぱり仕事が終わってないのに早く帰るっていうのはちょっとした罪悪感が生まれたりしてしまいます。


2.その日の業務内容を見て、優先順位をつける

帰りたい日が前日より前に決まっている場合は、その日の業務スケジュールを見直してみましょう。

まず、前日または当日の始業開始と同時にその日自分がやらなければならない業務内容を書き出してみます。

やり方はエクセルやワード、テキストメモに打ち込んだり、手書きで書き出してみたり、自分に合う方法で構いません。

書き出して文字にすることによって自分の中で「どうすればより効率よく業務を終わらせることができるのか」というのが頭の中で考えやすくなります。

この方法は普段の仕事の進め方にも有効だと思いますのでオススメです。

そして、その書き出したものを見ていくと「あ、この業務はほかの日に回しても大丈夫だな」とか「これは前倒しでやってしまおう」というものが一つか二つくらい出てきます。

早く帰りたいと思った時は「その日のうちに絶対に終わらせなけれなばらないもの」を優先的にこなしていくことが大切です。

3.前もって周りにその旨をそれとなく伝える

思い切って「その日はちょっと早く帰りたいんです」っていうことを周りの人に伝えます。

そうすればよっぽど意地悪な人でない限り気を遣ってくれます。

自分以外の人が関わってくるような業務があれば、その業務を優先させたり前もって違う日にそれとなくお手伝いしたり。

「プライベートも大切」と思うかもしれませんが、仕事をしている以上やはり同僚の人との関係も大切です。

お互い持ちつ持たれつで仕事をしているわけですし、待ってくれない仕事があるというのも事実です。

それに、普段からちょっとしたことでお手伝いしたりしていれば相手も「いつも手伝ってもらってるから仕方ない」という気持ちになるものです。

しかし「この日は早く帰りたい」という意思表示はあくまで「それとなく」しましょう。

かなり前からおおっぴらに宣言するのも、言われる側はあまりいい気分はしません。

それが忙しい時期だったらなおさらです。

仕事の延長上で「この日は早く帰りたいんですよね」ってそれとなく世間話のような感じで伝えるのも良いでしょう。


4.その後の職場の人へのフォローは忘れずに

もちろん、どんなに用意周到に仕事を終わらせて早く帰れたとしても、自分のいない間に状況がかわっていてほかの人が対応してくれたなんてこともありがちです。

そういったとき、もちろんそういったことがなくて何事もなかったとしてもフォローしてくれた同僚には感謝の気持ちを忘れずに。

そして、最初に書いた通り早く帰りたい事情は人それぞれです。

今度はほかの人が「今日は早く帰りたい」なんてこともありますよね。

そういったときは積極的に手伝うなど、協力してあげましょう。

困ったときはお互い様です。

普段から手伝ったりある程度のコミュニケーションを取っておけば今後仕事をしていく上でも助けてもらえる場面は必ず出てきます。

それに前述の通り、普段から手伝ったり協力していれば自分が早く帰りたいときに言いだしやすくなります。

仕事を早く抜けたいという気持ちは大切なこと

プライベートだって大切です。

自分の仕事はできるだけ自分でやる、他の人の仕事もたまには手伝う、そうすることによって自分がピンチな状況になったとき、助けてもらいやすい環境を普段から作っていきましょう。

ストレスたまるかもしれませんが、自分にもメリットがあるわけなのでそこは割り切って考えましょう。