仕事運をアップさせる方法6つ。仕事運を向上させよう

最終更新日:2015年10月4日

仕事運アップはどのようにやっていけば良いでしょうか。

風水での仕事運アップの方法もあれば、自分の行動を見直すことで運気を上昇させる方法もあります。

そこで今回は風水を使った仕事運アップの方法と、行動にプラスすることで仕事の運気を上げる方法をご紹介します。

1.デスクやバッグから不要なものを取り除く

デスク周りやバッグの中は整理されていますか?

使い終わったメモ帳、粘着力の弱くなった付箋紙、処理済みの書類、お菓子の包み紙、書けないボールペンなどありませんか?不要なものがあるならすぐに捨てましょう。

風水は循環を基本としています。

不要なものがたくさんあると運気を低下させてしまいます。

悪い運気をため込まないためにも使い終わったものや不要なものは逐一捨てていきましょう。

いらないものを捨てることで流れがよくなりよい運もめぐってくるのです。

仕事運アップはまずいらないものを捨てることから始めてみてください。


2.パソコンのデスクトップは月に1回更新する

パソコンは電気で動き、情報のやり取りを行い、保存するというツールなので、さまざまな気が集まります。

気の流れをよくするために、デスクトップの画像は月に1回以上変更して常に気を変えることが大事です。

花、森林、海など季節感のある画像を使用すると時の運がよくなりチャンスを逃さなくなります。

自動的に季節感のある画像に切り替わるカレンダーなどのガジェットを利用するのもよいでしょう。

また、デスクやバッグと同じようにパソコンでもいらないものは捨てることが大事です。

不要なメールやデータはこまめに削除してフォルダ分けするなどして整理してみましょう。

3.キラキラアイテムを目線上に

自分の目線の上にキラキラするものを置くと直感力がアップします。

ガラスやビーズの置物やストラップなどはありませんか?かわいくて気に入っているけれども置く場所がなく使い道に困っているキラキラグッズがあれば、仕事場の目線上に置いてみてください。

仕事に行き詰ったときや迷っているときにひらめきをくれるかもしれません。

また、仕事とは直接関係のない趣味のものを置いて気の変わる場所を1か所作っておくことも有効です。

ただ、たくさん置くとごちゃごちゃしたりほこりがたまったりするので1つくらいにしてくださいね。


4.観葉植物で運気をアップ

観葉植物を置くことは仕事運以外の運気もアップしてくれます。

仕事場のデスクに置くことも有効です。

自宅では寝室に置くことで仕事運アップにつながります。

観葉植物を寝室に置くとゆっくり眠れる効果もあるためオススメです。

寝室に置けない場合はほかの場所でもOKです。

家の中の東の方位は仕事運、発展運に、北西の方位は貯蓄運、事業運、地位・社会運のアップに適しています。

観葉植物はどの方位に置いてはいけないということがないので、気軽に試しみてはいかがでしょうか。

ただし、葉のとがっているものはいらいらやケンカの原因になるので避けた方がよいでしょう。

小さいけれどまっすぐ上に向かって伸びるミリオンバンブーなどが仕事運を上げるのに人気です。

5.30分早く出社して仕事運アップ

風水以外にも自分の努力で仕事運をアップしていきましょう。

まずはいつもより30分早く出社するということです。

始業時間ぎりぎりに出勤した方が得だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが30分早く出社することで、通勤ラッシュやエレベーターが空いているかもしれません。

心にも余裕を持って出勤できるので始業時間までに気持ちの準備が整ってすぐに仕事を始めることができます。

ギリギリ出勤では汗だくだったり、心もざわざわしていたり、仕事開始までに時間を取られてしまいます。

早く出勤したらそれだけ損をすると思いがちですが、実はギリギリ出勤の方が損をしています。

スタートダッシュが早ければ1日の仕事のペースが違います。

長い目で見れば30分以上の利益があるでしょう。

いろいろな理由で30分は無理でしたら10分早くしてみてください。

仕事場の風景が違って見えることでしょう。


6.会話に相手の名前を入れる

仕事はたくさんの人が関係して成り立っています。

隣の席の同僚、その向こうの席の上司、お客様、書類や資材を運んでくれる運送の人、ビルのお掃除の人などなど、数え上げたらきりがありません。

その中でもあなたの仕事に直接かかわっている人々との関係は良好ですか?とても良好な人もいるでしょうし、ちょっと苦手だなという人もいることでしょう。

印象が薄くて名前もおぼろげな人もいるかもしれません。

様々な人がいる中で仕事をやっていかなくてはならないのでなかなか大変です。

そんな中でちょっと一工夫するだけでコミュニケーションの雰囲気が上がる方法があります。

それは会話に相手の名前を入れることです。

呼びかけるときに「あの~」や「すみません」ですませていませんか?もしそうでしたら次からは「あの~○○さん」や「○○さん、すみません」と名前を入れて呼びかけてみてください。

ちょっとした会話の中でも相手の名前を入れるのです。

「さきほどの××の件ですが」ではなく「○○さん、さきほどの××の件ですが」と言ってみてください。

ほかの誰でもない○○さんに話しかけているという実感が持てるのではないでしょうか。

○○さんは自分に話しかけられているなというのが実感できて悪い気はしないし、話もしっかり入ってくるはずです。

なによりも話しかけている自分自身が○○さんにこの話をしているのだなという印象が強くなるでしょう。

そのため少し恥ずかしかったり、苦手な人には言い出しづらかったりするかもしれませんがその後の効果は大きいです。

小さな行動ではありますがコミュニケーションの質が上がり、仕事の質が上がることへとつながります。

仕事運をアップしていこう

自分のちょっとした行動で運も変わってきます。

また、1度だけでなく何度も繰り返すことで運は鍛えられるものです。

さっそく今からできることを試してみてはいかがでしょうか。