存在感を消す方法とは。自分の存在感を消そう

仕事/ビジネス 友達との付き合い方最終更新日:2017年10月18日

「あまり目立ちたくない」とか「人から注目されたくない」という時に、存在感を消す方法を知っていれば、上手に立ち回ることができるはずです。

もっと自分が楽に生きていくためには、いくつかのテクニックが必要です。

1.「無口になる」努力をする

存在感を消す方法、それはまずは「無口になる」ことです。

口数を減らす努力をすれば、だんだんと存在感を消すことができるようになるでしょう。

よく話す人は、声が響いたりして、人から注目を集めることがあります。

何人かで笑いあっている様子は、周りの人の心にもしっかりと残っていることでしょう。

存在感を消すためには、ともかく言葉を発しないことです。

口にチャックをして「何も話さない」ようにしているうちに、人の目につくことはなくなってきます。

そして周りの人のあなたに対する印象は薄くなっていくことでしょう。

無口になることを目指しているうちに、自然と存在感は消えていきます。

いつの間にか「あれ、あの人ってさっきこの辺にいたかしら?」と、いたのかどうかさえ分からなくしてしまうことができるようになるでしょう。

2.「華やかな洋服」を着るのを控えるようにする

存在感を消すには「華やかな洋服」を控えるようにするのがオススメな方法です。

周りの風景と同化してしまうような、地味なファッションを身に着けているうちに、自然と存在感が消えていくことでしょう。

存在感を消すためには、ともかく人の注目を浴びないようにすることです。

それなのに、華やかなファッションをしていたりすると、もうそれだけで周りの人から見られてしまい、存在感を消すことができなくなります。

パット人目を引くような、そんなカラーの服を着ていると、どんな場所でも目についてしまいます。

茶色やグレーといったあいまいなカラーの洋服を着ていれば、まさに「壁の花」となることができて、上手に存在感を消していくことができるでしょう。

存在感を消すためには、華やかでセンスの良いファッションはやめておきましょう。

「あの人素敵ね」と思われるのは嬉しいですが、ただそうなると、いつまでたっても存在感をけしていくことができなくなってしまうからです。

3.「反対意見を言わない」ように口をつぐんでいる

存在感を消す方法に「反対意見を言わない」ということがあります。

はっきりと自分の意見を口にしてしまうと、それだけで人の目についてしまいます。

更に反対意見を言ってしまったら、ますます注目を集めてしまい、存在感が増してしまうからです。

自分はそうは思わないそういう時、はっきりと「それは違うと思う」と言いたくなってしまうことでしょう。

意見をはっきりと述べることはとても良いことですが、それだけ周りの人にインパクトを与えてしまいます。

「あの人ってはっきりと自分の意見を言えるね」とか「その意見に賛成する」という風に、何かと人から視線を向けられてしまうことでしょう。

存在感を消してしまいたいなら、積極的にならないようにするべきです。

反対意見を言ってしまうと、どうしても存在感が増してしまいます。

それを避けるためには、余計なことは言わずに「口にチャックをしておく」という事を心がけるようにしましょう。

4.「いつのまにかすーっといなくなる」ようにする

存在感を消す方法にあるのが「いつの間にかすーっといなくなる」という方法です。

そうすれば、周りの人から気が付かれずに、だんだんと存在を消していくことができるでしょう。

存在感を消すためには、そーっとその場を離れることが大切です。

席を立つときにも「ちょっと離れます」とか言わずに、いつの間にかフェイドアウトしていることを目指すようにしましょう。

そうやって、何も言わずに立ち去ることを繰り返しているうちに、存在感をすっかり消すことができるようになります。

最初のうちは「あの人、どこに行ったのかしら」と思われていても、次第に「いてもいなくても変わらない」という状態にしていくことができるでしょう。

仕事が終わって帰る時にも、誰にも何も言わずにデスクを離れてしまいましょう。

そうするうちに、だんだんと周りの人も気にしなくなり、上手に存在感を消すことができるようになるはずです。

5.部屋の真ん中にいないようにする

存在感を消す方法の一つに、視覚的に目立たないようにするという方法があります。

部屋の真ん中にいないようにすれば、誰かの視界に入ることもなく、存在感をなくしていくことができるようになるはずです。

部屋の真ん中にいると、どうしても周囲の人の目に入ってしまいます。

周りの人は自分に対して興味があるわけではないのです。

しかし、目の中に飛び込んできてしまうので、存在感は増してしまいます。

存在感を消すためには、できるだけ部屋の隅っこにいるようにしましょう。

そうやって人の目に触れないようにしていることで、自然と存在感を消していくことができるようになるからです。

目立たないように、部屋の真ん中にいないようにすれば、存在感を消していくことができます。

「人の目につかないようにする」それがポイントとなってくるでしょう。

存在感を消す方法を知ろう

存在感を消す方法を知って居れば、きっともっと自分自身が楽に生きていくことができるようになるでしょう。

そのためには、できるだけ目立たず地味に生きていくことが一番なのかもしれません。

そのうちにいつの間にかすっかりと自分の存在を忘れてもらうことができて、穏やかな毎日を送ることができるようになるでしょう。

 

    「存在感を消す方法とは。自分の存在感を消そう」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く