職場の男性が見せる好意のサインとは。普段の行動に出ている好きの気持ち

恋愛最終更新日:2014年11月20日

職場では気になる異性がいてもその好意をなかなかアピールしにくいものです。
その中で「好意を持っているサイン」に敏感に気づくことができれば、チャンスを逃さない強みになります。

本記事では、普段気付けなさそうな職場の男性の「好意を持っているサイン」を紹介していきます。

1.挨拶の声のトーン、表情が他の人と違う

挨拶は誰とでも交わすコミュニケーション、そして会って1番初めにするコミュニケーションです。
職場なら、会っても挨拶をしないことは少ないのではないでしょうか?

このことは、他の人と自分を比較をする大きなチャンスになります。
さらに、上記でもあげたように会って1番初めにするコミュニケーションです。

人は好意を持っている人に会うと嬉しくなってしまいますよね。
つまり、挨拶は声のトーンや表情に本音が出やすいコミュニケーションです。

なので、ターゲットの彼の挨拶をしっかり観察すれば、「好意を持っているサイン」に気づくことができるのではないでしょうか。
気をつけなければならないのは、彼の普段の挨拶の仕方です。

この場合、他の人との比較をすることが大事ですから、彼が普段からどんな挨拶をしているのかも観察しなければなりません。

さらに言えば、男性と女性で態度が違ったり、先輩後輩、上司部下で態度が変わったりもします。
できるだけ自分と条件の近い人と比較するのが良いでしょう。
自分基準で観察しないように気をつけてください。

2.よく会う

職場によって職場環境はさまざまで、この方法がうまく使えないこともあるかもしれませんが、

職場の廊下等でよくすれ違うのは「好意を持っているサイン」かもしれません。
好意のサインとして、よく目があうというものがありますが、その進化系とも言えるでしょう。

もしターゲットの彼(彼女)が、普段会話のできる範囲のデスクにいない場合、コミュニケーションととるチャンスは
デスクに座っていない時だけになるでしょう。

また、プライベートな話をしたければ、みんなの視線の少ない廊下等で出会わなければなりません。

もし、よく会うなと思う人がいれば、それはもしかすると好意を持っている人がデスクにいない時に
トイレに行く、たばこを吸いに行くなどしているのかもしれません。

ストーカーじみてて怖いと思われるかもしれませんが、職場で他人の目を盗んで近づきたい場合、これくらいしなければ難しいのも現状です。
しかし、逆に言えば、もうここまでのアプローチがあれば、お食事のお誘いや連絡先交換の日は近いでしょう。

3.質問が多い、プライベートのことを聞かれる

これはもはや「よく目が合う」並みに当たり前のことかもしれませんが、
職場でプライベートの質問をするのはなかなか勇気がいるものです。

普段から仕事と関係のない会話をよくしていたとしても、本当にただの他愛のない会話かもしれません。
雑談の中で、「プライベート」のことに対しての「質問」があるかどうかに気をつけて会話してみると良いかもしれません。

 

    「職場の男性が見せる好意のサインとは。普段の行動に出ている好きの気持ち」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。

この記事への感想を書く