好きな人を親友にとられた時の対処法

最終更新日:2016年10月26日

好きな人がいたのに、その人が親友とカップルになってしまったら、正直どうしていいのか悩んでしまいます。

どういう態度をとればいいのか分かりませんし、気まずくなってしまうこともあるでしょう。

親友が、自分の好きな人と付き合ってしまった時の対処法を知って、良い方向へ進んでいくようにしてみませんか。


1.自分の気持ちに無理をせずにある程度距離を置く

親友が、もし自分の好きな人と付き合ってしまったら、きっと心はとても苦しくなるでしょう。

そういう時には、自分の気持ちに無理をしないことが大切です。

心が落ち着くまで、ある程度距離を置くようにしてみるのが、ベストな対処法となるのでしょう。

本当は辛くてたまらないのに、無理に平気な顔をしても、苦しくなるだけです。

ふとした瞬間に、悲しい顔をしてしまって、親友に気を使わせてしまったりすることでしょう。

また、自分自身も親友を見ていると、切なくなってしまうかもしれません。

自分だってとても好きだったのにと、思わず言いたくなってしまうかもしれないのです。

親友も好きな人も、自分にとってはどちらも大切な人です。

その人達との関係を悪くしたくないなら、しばらく距離を置くようにしてみましょう。

そうして、失恋のショックが癒えたころ、また再び親友と交流をするようにすればいいのです。


2.一言「よかったね」と告げて大人の対応をする

親友が、自分の好きな人と付き合ってしまった時の対処法として、一言「よかったね」と告げるというものがあります。

親友に対してそういう大人の態度をとることで、きっと一段といい大人の女になることができるでしょう。

好きな人が、自分ではなく別の女性を選んだとしたら、とてもショックで悲しくなります。

ましてやそれが自分の親友だとしたら、どうしたらいいのか分からなくなってしまい、冷たい態度をとってしまいかねません。

そういう時は、とりあえず自分の気持ちをぐっと飲みこんでみましょう。

そして、苦しくても「よかったね」と言うことができたら、親友はきっとホッとすることができるはずです。

親友と好きな人が付き合ってしまったら、平静でいられる人はいないでしょう。

しかしそういう時こそ、たった一言だけ「よかったね」と伝えてみるのです。

そうすれば、親友はあなたという人を素晴らしい人と思えることでしょう。

苦しい時こそ大人の対応をすることで、ますます素敵な女性になることができます。

この恋は失ってしまっても、確実にあなたを成長させてくれるでしょう。


3.しばらくは親友とは二人きりにならないようにする

親友が、自分の好きな人と付き合ってしまった時には、しばらく親友とは二人っきりにならないようにするのが、ベストな対処法となります。

ふたりだけで過ごしているうちに、思わず本音をぶつけてしまう可能性があるからです。

二人っきりで過ごしていると、親友の幸せそうな様子がどうしても目に入ります。

ちょっとした時に、恋人となった彼からのメールやラインが届いたりするところを目の当たりにしてしまい、何だかやりきれなくなってしまうでしょう。

二人でいても、不自然に恋愛の話を避けてしまったりして、ギクシャクしてしまうかもしれません。

そういう時は、親友と自分以外にも、複数の人を交えて接するようにしてみましょう。

何人かで一緒におしゃべりをするなら、恋愛の話になっても適度にスルーすることができるはずです。

自分が話したくない話題なら、黙って微笑んでいればいいのです。

親友と好きな人が付き合ってしまった時のダメージから抜け出すまでは、しばらくは二人きりで会うのを避けましょう。

そうすれば、話題に困ってしまったり、気まずい雰囲気になることを避けることができます。


4.好きだった人と話すのは控えるようにする

親友が、好きな人と付き合ってしまった時の対処法に、好きだった人と話すのは控えるというものがあります。

好きな人は、もうすでに親友の恋人です。

それなのに、その親友の彼氏と二人っきりで会って話すのは、いろいろな意味で誤解を招いてしまうかもしれないからです。

もし、親友があなたの恋心を知っていたとしたら、あなたに対して申し訳ないという気持ちを抱えているはずです。

そしてそのあなたが彼と話していたら、もしかしたら彼氏にアタックしているのかもしれないと、誤解を受けてしまいかねません。

きっと親友の心の中には、罪悪感とともに彼をあなたに奪われるかもしれない不安がつきまとっていることでしょう。

あなたが好きだった人と話すことは、親友の気持ちを逆なでしてしまいます。

自分に新たに好きな人ができるまでは、もうしばらく時間をおいて、好きだった人と話さないようにしましょう。

そうすれば、親友に変な誤解や心配を与えることはなくなります。

余計な誤解や恨みを買うこともなく、親友との仲がこじれることもないでしょう。

好きな人を親友にとられた時でも冷静に前を向こう

親友が、好きな人と付き合ってしまった時は、苦しくて悲しくて、どうにかなってしまいそうと思うかもしれません。

しかし時間がたつにつれて、必ず気持ちはまた前を向くことができるはずです。

その日が来るまで少し気持ちを落ち着けるようにして、冷静さを欠かさないようにしましょう。

それが大人の対応でもあり、親友との友情を失わないための手段でもあります。