失恋で死にたい気持ちを克服する方法

最終更新日:2015年5月24日

長い間慕っていた彼への片思いが実らなかったり、付き合っていた恋人から振られてしまったり。

恋をしていると楽しいことばかりではなく、時にはとても辛い思いをすることがあります。

失恋してあまりの悲しみに死んでしまいたい気分になった時は、今回ご紹介する方法を一通り試してみて下さい。

1.信頼できる人に失恋話を聞いてもらう

人によっては心を癒すのに何年もかかる失恋。

彼のことを思い浮かべるだけで涙があふれ、食事をする意欲すらなくなってしまいます。

あまりに落ち込みすぎると誰にも会いたくなくなり、自分の殻にこもりがちになりますが、こんな時こそ周りの人間を頼るべき。

家族や友人、信頼できる人なら誰が相手でもいいのです。

何時間でも話をとことん聞いてもらって、たくさん泣いて下さい。

失恋による落ち込みを少しでも改善させるには、とにかく心を軽くさせることが重要です。

彼に対する未練や不満をぶちまけて子供のようにひたすら泣けば、家に帰る頃にはきっと辛かった気分がすっきりしているはずですよ。

ぽっかりと空いた心の穴を埋めてくれるのは、そういった信頼のおける周りの人達。

ただし、信用できると思っていても口の軽い人間が中にはいます。

失恋について相談する時は、相手をよく見極めてからにして下さいね。


2.わざと忙しくする

失恋した時というのは、のんびりする時間があればあるほど失った彼について考え、悲しくなってしまいます。

考えれば考えるほど辛くなるのなら、考える時間を作らなければいい話。

仕事や習い事、飲み会など、自由な時間がないくらいに予定をたくさん入れてみましょう。

わざと忙しくすることで彼のことを考える時間が無くなるため、辛く感じ続けることができなくなりますよ。

忙しければ当然疲れると思いますが、部屋でうじうじと悩んでいるよりはずっとマシ。

少なくとも、死にたいほど落ち込んだ気分にはならなくなります。

また、飲み会に積極的に参加して新しい出会いを探すのもおすすめ。

元通りにならない彼について考えているよりも、新しい恋人探しに向けて少しでも動いた方が何倍も充実した時間を過ごすことができますよ。

失恋した時は、部屋でじっと過ごすのは禁物。

もう無理と思うくらいにスケジュールを予定で埋めて、失恋の辛さを消してしまいましょう。


3.旅行に行く

意中の彼との恋がうまく行かなかった時、多くの人はふさぎ込みがちになります。

しかし、そうやって部屋で落ち込んでいても何も変わりません。

いっそのこと、今まで行ったことのないような遠い場所へひとりで旅行に行ってみましょう。

一人旅は、人間を成長させるもの。

今までに行ったことのない土地へ自分の力だけで行き、目にしたことのない色々なものを見て、たくさんのことを経験しましょう。

きっと旅行最終日には空っぽだった心が満たされ、一回り成長して帰路につくことができるはずですよ。

どんなに落ち込んでいたとしても、家に引きこもるのはよくありません。

死にたいほど悲しい気持ちの時は彼のことを忘れるくらいに充実した時間を過ごし、心に栄養を取り入れて、笑顔で家に帰ってきましょう。


4.ドカ食いをする

恋愛をしている間は大好きな彼に嫌われるのを恐れて、体重が増えないように気をつけていた人も多いはず。

好きな食べ物を満足に食べられずに、ストレスをためる日々もあったでしょう。

でも、失恋した今ならそんな我慢をする必要はありません。

大好物を買い込んで、「もう食べられない」と思うまでひたすら胃に詰め込んで下さい。

好きな食べ物というのは、口にするだけで悲しい気分を打ち消す効果があります。

「増えた体重を見て罪悪感に襲われ、ますます死にたくなるかも」と心配な人も大丈夫。

1日に限ってのドカ食いなら、体重は大して増えません。

こんな時でないとドカ食いなんてできないと開き直り、辛い思いをした自分を食べることで十分に慰めてあげて下さい。

お腹がはち切れそうになるまで食べたら、満腹感で悲しみも薄れているはず。

明日からは普通の食事に戻し、彼のことは綺麗さっぱり忘れて、新しい恋探しに励んで下さいね。


5.大掃除する

どんなに悲しくとも、好きだった彼のことを引きずっているうちは新しい恋なんてできません。

失恋から立ち直るには、彼とは完全に決別することが重要です。

彼からもらったプレゼントや一緒に写っている写真など、彼に関するものが部屋にあるなら、目にするたびに必ず辛い思いをしてしまうでしょう。

それがどんなに高価な品物であろうと、失恋したなら関係ありません。

ひとつも残らずすべてゴミ袋に放り込み、もう目につかないように袋の口をきつく結んでしまいましょう。

それが終わったら部屋の大掃除です。

彼との思い出を全部消すようにをイメージし、徹底的に部屋を綺麗にして下さい。

掃除が終わって綺麗な部屋を見た時、おそらく死にたいほど落ち込んでいた気分もさっぱりしているはずです。

身の回りを綺麗にすることで、辛かった気持ちの整理をすることができますよ。

失恋の辛い気持ちを乗り越えよう

失恋したばかりの時は辛いかもしれませんが、うまくいくことだけが恋ではありません。

しかしその悲しみから立ち直った時には、今より何倍も成長した自分になっているはずです。

もし失恋して悲しみのどん底にいる方は、今回ご紹介した方法を1つでも実践して下さい。