スマホを落とさないように防ぐ方法4つ

最終更新日:2016年5月3日

いまや、スマホはなくてはならないものになりました。

スマホを落として失くしてしまったり、壊してしまったりしては、本当に困ってしまいますよね。

なかにはトイレや洗面所にスマホを落としてしまい、水没させて、中のデータもすべて失ってしまう人もいて、そうなった場合、落ち込んでも落ち込みきれないほどへこんでしまいそうです。

そこで今回は、スマホを落としてしまうことを防ぐ方法をご紹介します。

1.落下防止のストラップやチェーンなどをつけておく

スマホを落としてしまう人の多くは、スマホをそのまま手でもったり、ポケットに押し込んだりしている人です。

もしスマホにストラップをつけて首からかけておいたり、ベルトループにチェーンでつけておいたりしたとしたら、うっかり手がすべってスマホを落としたとしても、地面にスマホがたたきつけられて壊れることもなく、事なきを得ることができます。

落下防止の可愛いストラップを首からさげたり、長めのストラップを斜め掛けにしてスマホをつけ、プチポシェット風にしたりと、オシャレアイテムとしても使えそうですね。

無機質な感じのスマホを自分らしくカスタマイズしながら、スマホの落下を防げるストラップやチェーン、ぜひ試してみてくださいね。


2.スマホをパンツやスカートの後ろポケットに入れない

スマホってけっこうかさばりますよね。

女性用のパンツやスカートのポケットってちょっと小さ目だったりしますから、大きなスマホをすっぽり包み込むのは難しいのです。

もしデニムやスラックスなどのパンツの後ろポケットにスマホをむりやりつっこんでおいたとすると、何かの拍子に窮屈なポケットからスマホが飛び出してしまい、落下してしまう可能性が高くなります。

また、この場合最悪のケースとしては、トイレで用を足そうとズポンを脱ごうとした瞬間にぽちゃんと便器のなかにスマホを落としてしまうことも考えられます。

スカートやズボンのポケットにどうしてもスマホを入れたいのであれば、前ポケットにしましょう。

前ポケットであれば、最悪落としてしまったとしても気が付きやすいですし、トイレのときも便器の中に水没させる危険性はかなり低くなるでしょう。


3.無理して片手で操作しないで、両手でかかえて操作する

ガラケーは、手のひらにすっぽり包まれるサイズ感でしたよね。

メールを打つのも、画面を見るのも、片手ですいすいと操作ができたものです。

しかしスマホは女性の手で操作するには、微妙に大きいですよね。

でもなんとなく無理して片手で操作しようとしている人が多いように感じます。

しかし、無理やり手のひらよりも大きいスマホを片手だけで操作しようとすると、手がすべってしまいスマホが落ちてしまうリスクが高まります。

スマホが勢いよく落下してしまうと、画面の部分が割れたり、最悪の場合は、スマホがだめになってしまうことだってあります。

片手に荷物があるなど、やむを得ない場合以外は、スマホの操作を両手で行うようなくせをつけてみましょう。

また、通勤電車の座席に座ってスマホをいじる場合は、膝に鞄やコートをおいた上にスマホをおいて作業するようにしましょう。

こうして丁寧にスマホを扱うことで、スマホ落下リスクはだいぶ軽減されます。

大切にスマホを扱っているしぐさは、女性らしく上品にも見えますし、スマホを落下から守ることもできますし、一石二鳥ともいえそうですね。


4.あえて、目立つ手帳タイプのカバーをつけてみる

スマホがケースを含め、大きくなればなるほど、操作がしづらく、スマホを落としてしまう危険性もたかまるのではないかと考えている人も多いかもしれません。

しかし、実際は、中途半端に大きなスマホは片手で操作しようとしてしまうかもしれませんが、手帳タイプなどの大きなケースをつけたスマホはとても大きく厚みもあるので、かえって気を付けてスマホを扱うようになるので、落下の防止にもなりえます。

また、うっかり知らないうちに落としてしまったときなども、手帳タイプは目立ちますからすぐに拾ってもらえます。

最近の手帳タイプのケースにはICカードや名刺を入れておくスペースもあったりするので、貴重品を入れている人も増えています。

そうすると、スマホというよりは、お財布のような感覚になりますから、持つほうも「スマホは肌身はなさず、大切に持っておこう」と意識するようになります。

この意識こそ、スマホの落下防止につがなる大切なものです。

スマホを落とさないようになろう

今や生活に欠かすことのできないスマートフォン。

うっかり落として壊してしまうと、修理や機種変更にもお金がかかりますし、もし知らないうちに落として失くしてしまうと、データを盗まれたり、プライバシーを盗み見されたりといったリスクも非常に大きく困ってしまいますよね。

いずれにしても、スマホは落とさないように気を付けるのが一番です。

今日、ご紹介した方法をご参考に、さっそく今日からでもスマホを落とすことを防止する方法を実践してみてくださいね。