顔色を良くする方法。肝臓への負担やストレスを発散しよう

最終更新日:2016年1月29日

顔色が悪いなと思う事がありますよね。

そんな時にどうしたら顔色がよくなるのか知っていますか?

もちろん、原因によっても対処法が違います。

少しでも顔色が良くなる為の方法を五小空きします。

1.貧血の場合の顔色改善

貧血がある人が顔色が悪い場合は、食事の内容を見直すことが大切です。

鉄分を多く摂取する必要があります。

レバー、赤身のお肉、貝類、青魚、煮干し、青のり、ひじき、ほうれん草、海藻等を多く摂取する食事にしましょう。

鉄分を多く含む食事をする際に、ビタミンCも一緒に摂取することで、鉄分の吸収を高めてくれます。

単品で多く食べればいいという訳ではありません。

バランスのとれた食事を心がけましょう。


2.リンパの流れを良くする

リンパの流れがよくない場合も顔色が悪くなることがあります。

その場合はマッサージをして、リンパの流れをよくしましょう。

まずは、顔のコリをほぐします。

マッサージをする場合は顔に負担をかけないように、クリームなどを塗ってから行う事が大切です。

顔全体をマッサージしていきます。

痛いなと感じる部分はリンパが詰まっている事が考えられます。

念入りにマッサージを行いましょう。

顔のマッサージは力を入れてではなく、優しく行いましょう。

もちろん耳のマッサージも行います。

次に首のコリをほぐします。

首全体をマッサージしていきます。

首のマッサージは多少強めに行っても問題ありません。

念入りにマッサージをしていきましょう。

最後に肩のコリをほぐしていきます。

肩のコリをほぐすのに、マッサージもいいですが、ストレッチなどを行うことも有効です。


3.肝臓の働きを改善

肝臓の動きが悪い場合も、顔色が悪くなってしまうことがあります。

お酒の飲み過ぎの場合には、お酒を飲むのをやめましょう。

ずっとやめるのは難しいと思います、その場合はお酒を飲まない日をつくりましょう。

肝臓を元気にする為にはバランスのいい食事も大切です。

ビタミン、ミネラル、たんぱく質等が必要です。

魚介類、豆類、野菜などを中心とした食事にしましょう。

インスタント食品や、ジャンクフード等はなるべく控えるようにしましょう。

絶対に食べてはいけないという訳ではなく、たまに食べるなど上手に付き合っていくことが大切です。


4.肌のケア

お肌のケアが大切です。

肌が老化していくと、肌の色が悪くなってしまいます。

普段からお肌の手入れをしましょう。

まず、一番大切なのが保湿です。

肌にたっぷり潤いを与えることが大切です。

外的刺激から肌を守る為にも保湿が重要です。

角質層から肌に潤いを与える為にも、セラミドが配合されたスキンケアがいいでしょう。

どれだけ疲れていても化粧は落としてから寝るようにして下さい。

肌に負担をかけないようにしましょう。

顔を洗う場合など、ゴシゴシこするのはやめて下さい。

泡をたっぷりとつくり、優しく洗う事が大切です。


5.ストレス発散

ストレスのたまり過ぎは顔色も悪く見せてしまいます。

ストレスにより活性酸素が溜まってしまうと血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなると肌の色も悪くなってしまいます。

上手にストレス発散するようにしましょう。

自分の好きな事をするのもいいでしょう。

運動して体を動かすこともオススメです。

自分の趣味の時間を作り、充実した日々を送ることが大切です。

好きな事をしていると、気持ちも明るくなります。

ストレス発散の方法は人それぞれ違うでしょう。

自分にあったストレス発散方法をみつけましょう。


6.タバコをやめる

タバコを吸う人は、タバコをやめましょう。

タバコを吸うことによって顔色が悪くなります。

タバコはビタミンCを壊してしまいます。

タバコを吸っている限り、ビタミンC不足になってしまいます。

肌にビタミンCは大切です。

顔色を気にするのであれば、タバコをやめることです。

軽いタバコならいいかなと思う人がいるかもしれませんが、それは関係ありません。

タバコはどんなタバコでも同じです。

喫煙することがよくありません。


7.体の冷え

体が冷えていたり、疲れていて顔色が悪い場合もあります。

そんな時は体を温めるようにしましょう。

ぬるめのお風呂にゆっくりつかって体を温めましょう。

お風呂に浸かる事で体温が上がります。

体温が上がると顔色もよくなります。

冷たい飲み物を飲むのではなくて、温かい飲み物を飲むようにしましょう。

ハーブティなどリラックス効果のある飲み物もいいでしょう。

カモミール、ジンジャー、シナモン等は体を温める効果があり、カモミール、ラベンダー、ローズ等はストレス解消の効果があると言われています。

顔色を良くしていこう

顔色を良くする為には、いくつか方法があります。

ただ、原因により、どうしたら顔色がよくなるのかが違う場合があります。

自分は何が原因なのかを考えて改善していきましょう。