好きな人がいることのメリットとは。恋愛が人をより素敵にする

最終更新日:2017年4月5日

今は特定の人と付き合ってはいないけれど、実は好きな人がいる、という方は多いでしょう。

好きな人がいる状態って、一体どんなメリットがあるのでしょうか。

ここでは具体的にそのメリットについてご紹介します。

1.自分の外見に気を遣うようになる

今日はなんとなく気分がのらない、布団から出たくない、会社にいきたくない、学校を休みたい、なんて思ってしまう日ってありますよね。

冬の寒い時期なんて特に、暖かい布団から一歩外に出るまでにどうしても時間がかかってしまいます。

やっとの思いで布団から這い出して出かける準備をしてみたけれど、気分的にテンションが上がらない日はついつい適当な服装で出かけてしまいたくもなりますね。

けれどももし、出かけた先に偶然自分の好きな人がいて、突然話しかけられたりしたらどうしますか。

好きな人がいると、出かける前にそんな考えがよぎってしまうのは当たり前。

だって、どんな些細な可能性であろうと好きな人に出会えるチャンスがあれば、そのチャンスを逃すわけにはいきませんものね。

当然かわいい自分を見てもらいたいから、服装にも髪型にもメイクにも気が抜けません。

どんなに疲れてテンションが下がっていようと「もしも好きな人にこの格好を見られたらどうしよう」という思いの方が先にたつので、いい加減な格好で外に出る事がなくなります。

2.知らない知識を増やすことが出来る

それまで全く興味のなかったことでも、好きな人が例えば「僕は読書が好きなんだ。特に小説を読んでいる時が一番楽しいよ」なんて話しているのを聞いてしまったら、あなたも同じ小説を読んでみたいと思ってしまいますよね。

どんな内容なのか、どんなジャンルが好きなのか、彼の好きな小説について少しでも知りたいと思ってしまうのが普通です。

それまで全く小説になんて何の興味もなかったとしても、好きな人が「好き」と感じるものに興味を持って自分でも知りたくなるのは当たり前の事。

なぜなら、好きな人の好きなものを知る事こそ、好きな人自身をすることになるのだから。

そうやって、今まで触れてこなかった知識を増やすことが出来るのも好きな人が入ることの大きなメリットです。

3.料理の腕前が上がる

料理が得意な男性や、家事が好きな男性というのも最近では増えてきました。

しかし昔ながらの考えを持つ男の人や世間一般の考え方としてはまだまだ家庭料理は女性が作るもの、といった考え方が主流ですよね。

もしかしたら、自分が好きになった人も、そういった考え方の持ち主かもしれません。

双でなくても、好きな人に愛情を込めて美味しい料理を振舞いたいと思う気持ちは自然なことです。

ですから、料理が苦手だったりあまり好きではなかったとしても、好きな人のために料理をすこしずつでも頑張ってみようと思うんですね。

もしも好きな人とお付き合いすることになって「お腹空いたから何か作ってよ」と言われた時にささっと簡単に手料理を振舞えたら「家庭的な子なんだな」と思われて女子力の高い子だという印象を持ってもらえますよ。

料理が出来ない女の子より、出来る女のこの方が絶対ポイント高いですよ。

4.苦手な事にもチャレンジできる

例えばあなたはスポーツが苦手だったとします。

けれどもあなたの好きな人はスポーツ万能だったとしたら、きっとあなたは苦手意識がありながらもスポーツについてちょっとは興味を持つでしょう。

そして苦手なスポーツを全面否定するのではなくて、自分でも少しはチャレンジしてみようかなと思うかも知れません。

好きな人がサッカーをやっていたとして「今度サッカーの試合見に来てよ」と誘われたなら、全く知識ゼロでいくよりもサッカーの事を少しでも知った上で見に行こうと思いますよね。

好きな人がサッカーの練習で一生懸命走りこんでいる姿を見ていれば、自分でも苦手なジョギングをする時に「もうちょっと頑張ってみよう」と思えるでしょう。

5.周りの人に感謝する事が出来る

誰かを好きになるとその人のことばかりいつでもどこでも考えてしまいますよね。

会えない時に「あの人は今何をしているのかな」とか「誰と一緒にいるんだろう」とか、自分の知らない世界で過ごしている好きな人のことを色々と想像してみますよね。

そして時には「他の女の子と一緒にいるのかも」「もしかしたら彼女と一緒に過ごしていたりして」なんて自分にとって悲しくなるような想像もしてしまうかもしれませんね。

そんな時、ついつい友達に自分のつらい気持ちを聞いてもらいたくなったり相談したくなったりするかもしれません。

友達はきっとあなたの事を考えて、優しく慰めてくれるでしょう。

自分が悲しい時やつらい時にそんなふうに優しくされると嬉しいものですよね。

自分ひとりでは乗り越えられないような気持ちも、誰かの助けや支えがあれば頑張ろう、と前向きになれます。

普段何気なく接してくれている友達に対してそんな時こそ「ありがとう」と素直に感謝の気持ちを伝えましょう。

いつもなら照れくさくってそんなふうに言葉に出来ないかも知れまえんが、自分を支えてくれている友達に感謝することで、自分もそんなふうに支えてあげたいと感じることでしょう。

好きな人がいる事で自分も変わることが出来る

「自分には無理だ」とか「自分なんて」と自分の事を卑下しているような人でも、好きな人が出来たなら好きな人と自分との将来を夢見たり、好きな人のことで頭がいっぱいになったりしますよね。

好きな人につりあう自分になれるように努力したり、もっと相手の事を知ろうとしたり、そんな気持ちが自分自身を少しずつ変えていきます。

恋をすると、女の子はキレイになるものです。

好きな人の事を思って頑張っている女の子は、例えその恋が成就しなくても確実にキレイになって、成長していくものです。