「好きかもしれない」と言われた時の対処法。笑顔で返そう

最終更新日:2016年1月2日

男性から急に「好きかもしれない」と言われたら、ドキッとしませんか?どういう反応をすればよいのか分からず、あたふたしてしまうことが多いでしょう。

男性との関係性やその時の状況によっても、その対処法はあるものです。

そこで今回は「好きかもしれない」時の対処法をご紹介します。

1.笑いながら「またそんなこと言って」と冗談と取る

これは、相手の男性との信頼関係が十分にあって、尚且つ恋愛に発展しない間柄である時の対処法です。

自分も相手に対して恋愛感情がない時で、相手も冗談で言うようなタイプの場合、笑いながら冗談で返す対処法が良いでしょう。

相手が冗談で言ったかどうか分かるぐらいの関係性であれば、そこには信頼関係が少なからずあると言える状態。

中には、お酒が入った状態でこうした勘違いしてしまうような発言をする男性もいます。

こういった関係の場合の「好きかもしれない」には、それほど意味が込められていなく、なんとなく口にしたといった所が多いでしょう。

そういう所女性として好きかもしれない、そういう所あなたの良い部分といった意味で発言している可能性が高いです。

友情関係が成り立っている場合で、恋愛感情がお互いにないと確信出来る場合には、冗談の発言に冗談で返すのが良いでしょう。


2.「私も好きかもしれない」と同じ発言を返す

もしあなた自身がその男性に興味を持っていたり、好きな感情があるのであれば、同じ言葉を返す対処法もアリでしょう。

相手がどういう意味で言ったのかを探る言葉でもあります。

相手は同じ言葉を返されたことで、自分と同じ気持ちで言っているのかと、相手の本心が気になるようになります。

「どういう意味で?」と聞かれたら、そのまま「あなたはどういう意味で?」と返す。

同じように返すことで、相手の発言の意味を知ることが出来るでしょう。

相手に同じ発言をすることで、相手に答えさせることが出来ます。

誘導尋問のような形ではありますが、真相を知りたいのであれば、同じように返すことが有効的でしょう。

もしあなたに男性への気持ちがあり、男性の気持ちを確認したいのであれば、この方法を用いることで、何かしらの展開が見込まれます。


3.「ありがとう」と気持ちを受け止める

男性の中では好きという気持ちがあっても、女性側にはそういう気持ちが存在していないケースだってあるものです。

こうした場合には、ある程度距離を取った対処をするのが良いでしょう。

「どうして好きなの?」「どういう意味で?」とその言葉に反応してしまうことで、余計にその男性の気持ちを膨らませてしまうことも考えられ、そしてその話題がそのまま続いてしまいます。

自分には、相手の男性に対して恋愛感情がない場合は、そこで一旦気持ちを受け止めて、流れを断ち切るというのも対処法となります。

受け止められたり話を終わらせられると、発言した側は戸惑いと共に「言ってはいけないことを言ったかもしれない」といった状況も作り出せます。

もしそれ以上話を広げたくないのであれば、こうして相手の言葉を飲み込むというのも方法の一つでしょう。

また、これから男として見る予定である時、今後どうなるか分からない関係性の場合にも、この「ありがとう」という言葉は適切でしょう。

可もなく不可もない感謝の気持ちに、悪い気分になる男性はいないはずです。


4.「いっそ好きになってよ」と自分の気持ちを出す

もしあなたがその男性の事を恋愛対象としてみていたり、もう好きという気持ちが存在しているなら、好きかもしれないではなく、好きと言って欲しいもの。

でも、微妙な発言で満足出来ない場合は、もう自分の気持ちがバレるのが覚悟で「いっそ好きになってよ」と言うことも悪くはないのです。

もしかしたら、相手の男性は自分に自信が持てずに曖昧な言葉を選んだのかもしれません。

また、あなたの気持ちが分からないから、自分を守るために微妙な言葉を選んだのかもしれません。

相手のことを好きという気持ちをもう持っているのであれば、相手にも自信をつけさせてあげましょう。

私も同じことを思っている、かもしれないではなく、好きになって欲しいという気持ちを相手に伝えることで、そのまま恋愛が発展する可能性は高いと言えます。

草食系男子と言われる自分の気持ちをなかなか口に出せないタイプが、もしこういう発言をしたのであれば、またとないチャンスでもあります。

自分の気持ちを交えた返しをすることで、あなたの気持ちを伝えてみるのも対処法の一つでしょう。

「好きかもしれない」と言われたらきちんと答えよう

「好きかもしれない」と言われた時、あなたは嬉しいと感じるのか、それとも複雑な思いを抱いてしまうのか、それによっても対処法は異なります。

相手の男性の事をどう思っているのか自分の中で整理するきっかけにもなるはずです。

進展したい、交際したいという気持ちがあるのであれば素直に。

逆に恋愛感情がそこにないのであれば、言葉を受け止めて流しましょう。