タバタプロトコルの運動効果がすごい!やり方をマスターして始めてみよう

最終更新日:2016年3月24日

今、タバタプロトコルが女性の間で流行しています。

4分間と短時間でできる運動で、忙しい方でもチャレンジする事ができます。

ここでは、タバタプロトコルの概要とやり方についてご紹介します。

1.タバタプロトコルの概要

タバタ式トレーニングの事をタバタプロトコルと呼びます。

このタバタプロトコルは、20秒運動して10秒休むのを8セット、計4分間繰り返す事で1時間自転車に乗るのと同じ程度の運動量を得られるという運動方法です。

1回4分間だけ、しかも週に3日間だけでいいのでどんなに忙しい方でも気軽にチャレンジするのが嬉しいところです。

しかも、有酸素運動と無酸素運動のいいところを取るとても効率のいい運動なので、短時間でしっかり運動したい方にピッタリです。

無酸素運動は、糖質を使う運動の事です。

短時間でしっかり運動をするので、筋力アップができます。

普段から運動不足でまずは筋力をつけたいという方がよくこの無酸素運動をします。

ただ、この無酸素運動は身体にあまり良くない、疲労物質である乳酸がたまりやすいので長時間運動できません。

そこで、このタバタプロトコルは無酸素運動をするのにとても効果的です。

有酸素運動は、酸素が必要な運動の事です。

酸素を取り込み脂肪を燃焼させるのでダイエットに向いている運動方法です。

他にも下半身を使って動くことが多いので、血流が良くなりむくみ等が解消されるので美肌や健康に繋がります。

普通、この有酸素運動は20分以上継続してやっと効果が出てきます。

ですが、このタバタプロトコルではそれがたった4分間だけでいいので有酸素運動をしてダイエットをしたいけど時間がないという方にピッタリです。


2.タバタプロトコルの方法

タバタプロトコルは、ややキツイ運動を20秒して10秒休むのを1セットで8回、計4分関する事で1時間自転車に乗るのと同じ効果を得る運動方法という事は1で書きました。

20秒の運動はスクワットでもダッシュに近いランニングでもペットボトルを使ったダンベル運動でも何でも構いません。

家に階段がある方ならその階段を使って運動をすると足腰が鍛えられます。

踏み台昇降でも程よい運動量を得る事ができます。

踏み台昇降なら雨でも家で運動する事ができるので続けやすいです。

運動をするのが久しぶりという方は、まずは軽いウォーキングから始めるのをオススメします。

まず、最初の数日運動するのに慣れていない頃は普通に歩くのを20秒、休憩10秒を4分間します。

これを週に3回する事で段々身体が運動できる身体に変わってきます。

自分でも「そろそろ慣れてきたかな?」と感じてきたら、腕や脚を大きく動かして本格的なウォーキングにチャレンジしましょう。

この本格的なウォーキングを使ったタバタプロトコルができるようになると以前よりも身体を動かすのが楽に、また楽しくなってきます。

そこからスクワットやジョギングを取り入れたタバタプロトコルにチャレンジしましょう。

スクワットやジョギングができるようになる事でさらに効率よくダイエットや筋力アップをする事ができます。

運動に夢中になってしまうと、つい20秒以上運動をしてしまいがちになってしまいます。

そんなときに便利なのがタイマーです。

スマホを持っている方はタバタプロトコル用のタイマーをダウンロードする事ができますので、是非使ってみましょう。

タイマーで時間を管理する事で夢中になって運動をしてしまう事を防ぐ事ができ、効率よく運動できます。

また、色々な運動にチャレンジしてみたいという方は、様々な動画サイトで実際にタバタプロトコルで運動をしている方の動画を見る事ができるので是非参考にしてみましょう。

特に普通の運動では物足りないという方は、かなり運動をしている方でもキツイトレーニング方法を見る事ができます。


3.タバタプロトコルを成功させるために

ウォーキング等ゆるい運動でも4分間続けるのはかなり大変です。

ですので「この運動は自分には少しキツイかな」と感じたら運動を今のものからもう少し簡単なものに変えましょう。

キツイなと感じたままその運動を続けてしまうと「これはちょっとしんどいな」と思ってしまうので長続きしなくなってしまいます。

自分にできる運動を自分で見極める事がタバタプロトコルを継続させるポイントです。

また、普段食べるものにも気を使いましょう。

せっかく運動をしても太りやすいものや身体に悪いものを食べていてはせっかくタバタプロトコルをする意味がありません。

特にダイエットを目的にしている方は、これを機会に運動と食事の両方を見直す事で美しく健康的な身体を手に入れる事ができます。

タバタプロトコルをやってみよう

タバタプロトコルの概要とやり方をご紹介しました。

1日たった4分を週に3回続けるだけですので、始めたいと思ったその日にチャレンジする事ができます。

自分次第で色々運動を変えることができたり、運動量を増やしたり減らしたりできるので忙しい方やあまり運動をした事が無い方、運動をもっとしたい方とあらゆる方がこのタバタプロトコルを取り入れた生活をしています。