日常生活に飽きた時どうすれば良いか

最終更新日:2017年3月16日

毎日同じことの繰り返しという人は「何か刺激ないかな」「最近自分の生活に飽きてきたな」と思う機会は少なくないかもしれませんね。

日常生活に飽きた時、どんな方法でそんな気持ちを上手く対処することができるのか。

すぐにでも試せるものから、勇気を持って試してみるものまで、対処法をご紹介します。

1.一人旅をしてみる

「旅行にいく」となると、友人と行ったり彼氏と行ったりと、誰かと一緒にどこかへ出かけるというパターンはあったかと思います。

ただ、一緒にいく人が、日常生活の中にいる人の場合だと、現実から逃れるという気持ちにはなれないかもしれません。

また、誰かと一緒にいることで、自分のしたいようにしたり、予定を変更したりという融通がなかなかきかないため、思い切りストレス解消したりリフレッシュしたりということが難しいものです。

日常生活に飽きた時は「一人旅」を試してみると良いでしょう。

一人で行動すること、一人で出かけることに、多少は勇気がいるものですが、いざ行ってみると満喫できるものです。

好きなようにプランを立てて行動すること、またいつもとは違う環境を楽しむことで、日常生活の「飽き」を解消できるでしょう。

現実を忘れる、初めての刺激を受ける、自由に動けるといったメリットが一人旅にはたくさんあるものです。

一度プチでも良いので、一人で出かけてみると楽しさを知れるかもしれません。

2.新たな日常を作ってみる

今現在、仕事と家の往復のみという人の場合は、そこに新たな日常生活となるものをプラスしてあげると良いでしょう。

例えば料理教室に通ってみる、ジムに行ってみる、ペットを飼ってみるなど、新たな行動や生活を加えてみましょう。

新しく何かを始めることに少し抵抗があったとしても、始めてみると意外と刺激となり、ワクワクとさせられる機会は多いものです。

むしろ「これから」「新しく」という状況や環境が、飽きた日常に刺激をもたらしてくれます。

自分の趣味、好きなことを活かして、生活の中に新たな日常をプラスしてみてください。

そこからまた違う新たな発見と出会えたり、日常を変えてくれる環境に出くわす可能性もあります。

何をやりたいか、してみたいかを考えて、自分の日常に加えることができるものを探してみると良いでしょう。

3.引っ越してみる

一人暮らしをしている人、実家に住んでいる人など、自分の帰る場所は決められているでしょう。

ただ、日常生活に飽きた場合は、その住処を変えてみるのも一つの対処法です。

長い時間過ごす家、必ず帰る場所となる家が新しくなり、雰囲気も変わると、それだけで新鮮な気持ちになれるものです。

また家が変わると当然、周りの景色や環境も変わり、ただ散歩するだけでも新たな刺激となることでしょう。

実家に住んでいることで居心地が良いと感じ、そこから動きたくないと思う人もいるかもしれませんが、飽きている日常をそのまま送り続ければ何の刺激も感じられません。

「こんなところにカフェがあったんだ」「ここに裏道があったんだ」と、新たな家で気付けることが徐々に増え、日常を変えてくれることもあります。

その場所が今住んでいる場所からあまり離れていないとしても、家の中の雰囲気が変わること、家具が変わることで気分転換にもなります。

引っ越してみることで、新たな日常生活を送ってみてはいかがでしょうか。

4.目標を一つずつこなしていく

日常生活に飽きているという状態の人は、そこから成長したり刺激を受けたりということが少なくなってしまいます。

ただ、そんな人であっても、今からやりたいと思っていることや、今後挑戦してみたいと思っていることは何かしら持っているはずです。

まずはリストにして、今からやりたいと思っていること、またはこれまではできなかったことを挙げてみて、それを叶えるために一つずつ目標とすると良いかもしれません。

例えば前まで「5キロダイエットする」と決めていたのに、実際には痩せずそのまま生活してきてしまったという人は、そのダイエットを今の目標にしてみるのです。

または「字をキレイに書きたい」という人は、今の目標を「字」に定めて、通信講座を利用したり、習字教室に通ってみましょう。

これまでしようと思ってもできなかったことを目標にしたり、いつかはやってみたいと思っていたことに挑戦してみる機会だと思って行動に移すと良いです。

日常生活に「飽き」が生じているということは、そこに「余裕」があることが多く、何かをスタートさせたり目標を持つ機会には丁度良いタイミングです。

飽きている今だからこそ目標を持って、一つずつこなしてみると良いでしょう。

日常生活に飽きたら新しいことに目を向けてみよう

日常生活に飽きてしまうことはよくあることです。

社会人になれば尚更、仕事で拘束されている時間、帰宅する時間、家を出る時間が決まってきて、毎日がただ過ぎてしまうという人も多いでしょう。

ただ、日常に飽きてきているということは、そこに悩みや不安、ストレスを感じにくくなっている証拠でもあります。

今だからこそできることを探して、実行に移してみることで、日常生活に刺激をもたらすことができるかもしれません。