恋人の誕生日を祝う際のポイント。彼に喜んでもらえる様にしよう

最終更新日:2016年10月8日

大好きな彼のお誕生日、盛大に祝って思い出に残るものにしたいと意気込んでしまいますよね。

お付き合いを始めてから、初めて迎えるお誕生日なら尚更です。

しかし、張り切りすぎて空回りしてしまったり、彼が少し引いてしまったりしないよう、お祝いの際に見失いがちな大切なポイントをご紹介します。

1.プレゼントは事前にリサーチしておく

女性のお誕生日プレゼントには必ずといっていいほど、前もってのリサーチが必須です。

ですが、それは女性側だけに限ったことではありません。

男性にも前もってのリサーチは必須です。

どんなに想い合っていても、センスや趣味が同じとは限らないからです。

様々なお店をまわって、友人にも相談して、とせっかく時間をかけても「彼にはこれを身に着けて欲しい」や「彼にはこれが似合う」と自分の好みだけで選んでしまいがちです。

どんなに高価なものであっても、これは好みの押しつけになってしまい、実際にプレゼントを受け取った彼からの反応が薄いなんてことになってしまいます。

そうならないためには、彼の服装の系統や好きなブランド、愛読している雑誌などを観察し、一緒に買い物に出かけた時にどのようなお店と商品に興味を持っているのかを見極めましょう。

こうすることで前もってのリサーチは自然とおこなえて、余裕を持って彼の好みに合ったプレゼント選びをすることができます。

プレゼント選びに欠かせないもう一つのポイントは、高価すぎるものを贈らないことです。

彼が欲しがっていた高級腕時計を贈りたいと思っても、これはあまり良い例ではありません。

欲しがっているものを贈りたいという気持ちはとても大切なのですが、男性は女性から高価すぎる品物を贈られると一気に引いてしまいます。

長年お付き合いされている熟年カップルなら、お互いの好みや欲しいものを十分に理解した上で、高価な贈り物は成り立ちます。

しかし、お付き合いしてまだ日が浅いカップルならば高価なプレゼントを贈られた彼は「ありがたいけど、ちょっと重い」と喜び半減のマイナスなイメージを感じてしまいます。

一般的に男性は、高級な品物の買い物は自分で一生懸命に働いて手にしたお金で購入するということにモチベーションが上がります。

ですので、彼へのプレゼントは高価すぎない、ほどほどのお値段のものを贈ると素直に喜ばれます。


2.お食事はちょっと特別に

お誕生日にはいつものデートとは違った特別なものにしたいですよね。

お食事に関する大切なポイントを紹介します。

基本的に男性は、いつも誰とでもオシャレで話題のあるお店でお食事したい女性とは違い、男同士ではこじんまりとした居酒屋さんなどでのお食事が多いのです。

ですから、お誕生日のお食事にはいつものデートでは行かないような、彼の知らないお店へいくことが大切です。

いつものデートでいくお店だと特別感はないですし、かといってとっても高級なディナーコースに招くのも彼が引いてしまいます。

テーブルマナーや金額、装いなど、細かいことに気を使わない程度の洗練されたお店選びがポイントです。

外食ではなく、手料理でおもてなしするのもとってもオススメです。

普段のオシャレな姿とは違って家庭的な雰囲気でエプロン姿もよく似合う彼女、彼はとっても喜ぶはずです。

ここで気を付けたいのがお料理のレシピ。

お誕生日だから、お祝いだからと勢い余ってもの手間と時間のかかるお料理を作っていてはお祝いする前にお互いが疲れてしまいます。

サッと簡単に作れるレシピを選びましょう。

オシャレなお料理をご馳走したくて、様々な創作料理を出すのもNGです。

創作料理は香辛料やスパイスなどが多く含まれるので、せっかくのお料理の品々の味がごちゃまぜになってしまいます。

こうならないためには、おふくろの味を演出することです。

手のこんだお料理でなくとも、一般的な家庭料理をお祝い風に色鮮やかに飾るだけで食卓は随分とにぎやかで華やかになります。

男性は、世のお母さんたちが家庭で作るようなお料理が大好きなので、唐揚げやハンバーグなどでもてなすと喜ばれるでしょう。


3.手作りケーキを作る場合はこぶりに

せっかくのお祝いの日だから、女性らしく手作りのケーキやデザートをあげたいと思う方もたくさんいらっしゃるでしょう。

手作りケーキをあげる時に大切なポイントを紹介します。

プレゼントも渡して、お食事もして彼は大満足という時に、大きな手作りケーキのプレゼント。

これはNGです。

お食事でお腹いっぱいになった彼は、すぐにケーキを平らげれるはずもなく、かといって翌日に何度かに分けて完食するのも彼一人では難しいことです。

こんなことにならないためには、手作りケーキは小ぶりにすることが大切です。

カットケーキやカップケーキほどのサイズだと、食事の後でも味わって食べてもらいやすいですし、翌日に食べるのもパクっと食べられるので、喜んで完食してもらえることでしょう。

恋人の誕生日を楽しく祝おう

恋人の誕生日を祝う際のポイントをご紹介しました。

お祝いを終えた後に、サラッと「また来年もお祝いさせてね」なんて一言添えると、彼はますます彼女にメロメロになるでしょう。