短気な人の心理とは。なぜいつもすぐ怒るのか

最終更新日:2016年3月29日

短気は損気という言葉があるほど短気はよくありません。

ですが、世の中には「あの人ちょっと短気かも」という方が結構います。

ここでは、そんな短気な人の心理についてご紹介します。

1.馬鹿にされたくない

短気な人は、人に馬鹿にされたくないという人が多いです。

人を威圧する事で「自分は誰よりも偉いんだ」と周りに知らしめる事ができると思っています。

ですが、周りからは「短気ですぐに怒らなくてもいい事で怒る。

考える力が足りない」と実は逆に馬鹿にされている事が多いです。

もし、自分が周りに馬鹿にされたくないと思ってすぐに怒ってしまうタイプならすぐにやめましょう。

すぐに人を威圧するよりも思考力を鍛えて人の考えを汲み取る事ができるようになった方が「あの人は穏やかで頭の回転が早い。

尊敬できる」と思ってもらう事ができます。

また、周りにこのタイプの人がいるなら「馬鹿にされた」と相手が思ったら厄介な事になってしまいます。

そのためあまり関わらないようにして、どうしても関わらないといけないようなら会話を「ええ、そうですね」「そうですか」等否定せず流すようにしましょう。

否定さえせずに話を聞けば相手は満足するので、あまり関わらないですみます。


2.プライドが高い

短気な人は、とにかくプライドが高いです。

少しでも自分のプライドが傷ついたら烈火のごとく怒る人もいます。

努力家で実力があるならまだいいのですが、努力もせずに人の悪口ばかり言うという人も多いです。

人の悪口を言う事で「あの人はない、自分の方がもっとすごい」と言う事を周りに分からせたいと思っています。

もちろん、周りからは「実力もないのに人の悪口ばかり言うなんて最低。

自分はあんな風になりたくない」と思われています。

もし、自分がこのタイプならすぐに人の悪口を言うのは絶対にやめるようにしましょう。

プライドを保つどころか逆に自分の価値を下げてしまう事になります。

その時間を少しでも自分磨きに充てるようにしてそのプライドの高さにふさわしい自分になるようにしましょう。

周りにこのタイプの人がいるなら、絶対に人の悪口に乗らないようにしましょう。

忙しいのですみませんと会話をするのを避けたり「それよりも~」と他の話題にすぐに切り替えて絶対に一緒に悪口を言わないようにする事が大事です。


3.何でも人のせいにする

短気な人は、自分は何も悪くない、全部他の人が悪いと決して自分が悪いと認めようとしません。

何でも人のせいにして反省しないので成長する事もありません。

今の自分に満足しているので、それ以上自分は成長しなくてもいいと思っているのです。

当然周りからは「あの人は全然向上心がないし、反省もしないから何を言っても無駄」と相手にされておらず嫌われています。

もし、自分が何でも人のせいにしてしまうタイプなら、自分が成長する機会を失っています。

何でも自分が悪いと思うのもよくありませんが、何でも人のせいにしてしまうのはもっとよくありません。

一生成長しないままになってしまいますし、人から信用も信頼もされずにいずれは一人ぼっちになってしまいます。

自分が悪い所は素直に認め、何でも人のせいにするのをやめる事で成長する事ができ、多くの人から好かれるようになります。

周りにこのタイプの人がいるなら、できるだけ関わるのを避けるようにしたいところです。

しかし仕事の時にどうしても関わらないといけない時は「これは仕事でお給料をもらってるんだから」と割り切るようにしましょう。

また、仕事で短気な人のミスが目立つようなら、自分が同僚の場合は別の同僚に相談したり上司に相談をする事も考えましょう。


4.理屈に合わない事が許せない

短気な人の仲には、理屈に合わない事が許せないという人もいます。

何でも自分の中で理屈に合わない事があると「それは違う、もっとこうするべきだ」「それは理屈に合わない、そんな結論は絶対に認めない」と怒ってしまいます。

割り切れないものが大嫌いで曖昧な事を特に嫌います。

このタイプの人は、正しい事を言っている事も多く「確かにそれもそうだな」と思わせる事も多いです。

ですので、話をよく聞くようにしましょう。

その上で相手が納得できるように理屈が会うように説明をすればあっさり納得してくれます。

これまでの3パターンに比べたら比較的コミュニケーションを取りやすいです。

自分が怒っている時は慌てずまず自分が冷静になる事で短気な人が「しまった、自分も冷静にならないと」と思うのでお互いが冷静にコミュニケーションを取る事ができます。

このタイプにはとにかく冷静に対処する事が大事です。

短気な人の心理を知ろう

短気な人の心理についてご紹介しました。

短気な人の多くはプライドが高く、自分を大きく見せようとしています。

ですが、自分を大きく見せようとして逆に自分を小さく見せてしまっている事に気がついていない人が多いです。

自分がもし上記に当てはまるなと思ったら今すぐにやめて少しでも穏やかな性格になるようにしましょう。

そうする事で信頼できる人が周りに集まってきます。

周りに短気な人がいる場合は、相手のペースに巻き込まれず上記を参考に適当にやりすごすようにしましょう。

そうする事でストレスにならずに付き合う事ができます。