親戚づきあいを無難にこなす方法

最終更新日:2016年8月31日

親戚づきあいって、時々面倒ですよね。

お正月やお盆など、親戚と顔を合わす時期は、何だか気が重くなってしまったりします。

できるだけトラブルになったりしないように、親戚づきあいを無難にこなすためのポイントを知って、心の憂鬱を吹き飛ばしてしまいましょう。

1.親戚づきあいのために面倒でも冠婚葬祭は参加

面倒な親戚づきあいを無難にこなすためには、いくら面倒であっても冠婚葬祭にはきちんと参加するのがポイントです。

そうすれば、親戚との関係が悪くなることはありません。

冠婚葬祭に参加しないと、どうしても親戚の中で目立ってしまいます。

たまにならともかく、しょっちゅう冠婚葬祭を欠席しているようでは、親戚から「またあの家の人は来ていない」と言われてしまうかもしれません。

そうすれば、親戚からの評判が悪くなってしまい、ちょっと面倒です。

親戚の中にはうるさい人もいて、わざわざ自宅に電話してきて注意したりすることもあるので、できる限り冠婚葬祭は出ておくようにしましょう。

ただ長い時間ずっと親戚と一緒にいると、精神的に疲れてしまうはずです。

例えば結婚式や法事に出た後は、サッと帰るようにして、ストレスを溜めないようにしましょう。

当たり障りなく親戚とつきあっていくためには、冠婚葬祭にはできるだけ出席するようにしましょう。

それが面倒な親戚とうまくつきあうポイントです。


2.あまり親戚と親しくなるのは控えるようにしておく

面倒な親戚づきあいを無難にこなすためのポイントに、あまり親しくなるのは控えるようにしておくというものがあります。

親戚だからといって、あまりプライベートなことを話し過ぎてしまったり、年中一緒にいたりすると、思わぬトラブルになってしまうかもしれないからです。

無難な関係でいるためには、親しくなりすぎるのはNGです。

関わりが深くなってしまうと、どうしても意見が違ったりぶつかったりすることが増えてしまいます。

親戚というのは、他人よりも親しい関係なので、ケンカをしてしまうとお互いストップがきかなくなる可能性があります。

余計なことは話さないようにして、自慢話もくれぐれもしないようにしましょう。

そうすれば相手からやっかまれることもなく、無難な関係でいることができて、トラブルにならずにすむはずです。

いくら親戚といえども、ある程度の距離は必要だと言えるでしょう。


3.親戚づきあいでもお金の貸し借りはしない

面倒な親戚づきあいを無難にこなすためのポイントの中で、とても重要なのはお金の問題です。

お金のことがきっかけで、親戚と関係がこじれるということは、非常によくあることです。

親戚だからといって、お金の貸し借りをしてしまうのは、やめておきましょう。

お互い「親戚だから」という気持ちがあるので、つい気軽に貸し借りしてしまいがちです。

しかし、借りた方は、他人でないので帰すのが遅くなってしまいがちですが、貸した方は「いつ返してくれるのか」と思っていて、イライラしてしまいます。

また、金銭的にゆとりがあっても、くれぐれもそういう発言をしないようにしましょう。

なまじ親しい間柄なので、お金を当てにされてしまったらやっかいです。

「あの家はお金に余裕があるから、余分に出してもらおう」なんて思われたら、やぶへびとなってしまいます。

そして、結婚などのご祝儀やお年玉などは、できるだけ渡すようにしましょう。

無理しない程度でいいので、少し多めに渡してあげるのがポイントです。

きっと先方から感謝されて、親戚づきあいがうまくいくでしょう。

お金を多めに頂いて、嬉しくない人はいないということです。

親戚とは、お金の貸し借りはくれぐれも控えるようにしましょう。

決定的な亀裂が入ってしまっても、なかなか縁を切ることができない親戚こそ、お金でトラブルを起こさないようにするのが大切なポイントです。


4.親戚づきあいでは悪口をうっかり言わないようにする

面倒な親戚づきあいを無難にこなすためには、親戚の悪口を言わないのがポイントとなります。

万が一相手の耳に入ってしまったら、相当気まずくなってしまい、面倒なことになってしまうからです。

親戚の人の悪口を、別の親戚と話していたりして、その話が本人に伝わってしまうということは、けっこうあることです。

もう一人の親戚も、嬉しそうに悪口を言っていたのに、当の本人に「○○さんがこう言っていたわよ~」なんて、ポロッと話してしまうこともあったりします。

どちらかというと、もう一人の親戚の方が危機として悪口を言っていたのに、悪口を言っているのは自分だけみたいになってしまったら、本当に困ってしまいます。

親戚同士、気を許してうっかり悪口を言ってしまったら、それがトラブルの原因となる場合もあります。

もし誰かが親戚の悪口を言い出しても、適当に聞き流して同調しないようにするのが、面倒な親戚とつきあっていくためには必要です。

親戚づきあいを無難にこなそう

親戚づきあいというのは、年齢も考え方も違う人々が集まるので、考えるだけで面倒な気持ちになってしまいます。

しかし、ポイントを抑えてうまく対処すれば、きっと素敵な親戚づきあいをすることができるかもしれません。

そんな風に考えて、できるだけスマートに対応すれば、面倒な親戚ともきっとうまくやっていくことができるでしょう。