理系男子に効果的なアプローチ方法。上手に距離を縮めよう

最終更新日:2016年4月12日

鈍感なのか、恋愛経験が少ないのか…理系男子へのアプローチは一筋縄ではいきません。

鉄板テクニックも、必ず伝わるとは限らないのが難しいところです。

理系男子への効果ある恋愛アプローチをご紹介します。

1.まわりくどくしない

食事会などがあればいつも隣に座る→「偶然」ボディタッチが多い→「なれなれしい」食事に誘う→「空腹だから誘われている」と、理系男子には定番のアプローチも通じないことが多いのです。

まさか自分のことが恋愛対象になっているとは思ってもみない、これが理系男子の恋愛慣れしていないところでしょう。

ほんのり気持ちを漂わせるというのは、絶対に不可能だと考えておくべきです。

とはいっても女性も、ストレートに「あなたが好きだから食事に行きましょう」とは誘いにくいですよね。

「あなたと話していると楽しい」ということをアピールするのなら、できるのではないでしょうか。

あなたが特別ということをわかってもらいましょう。

こちらが好きという気持ちをほのめかし、それを相手がわかってくれて告白してくれる、こんな夢は理系男子にはあまり抱かないほうがよいでしょう。


2.反応を大きく変えない

女心がクルクルと変わることに、理系男子は対応できません。

ちょっとした会話で不機嫌になってしまったり、電話の対応が時間や日によって違ったりという女性を、まったく異世界の生物のように感じてしまうのです。

女性としては、そう深く考えていない発言も、理系男子は重く受け止めてしまいます。

複雑な女性の感情を全部わかってほしいというのは到底理系男子にはできないこと、と覚悟しておきましょう。

恋愛マニュアルなどは当然通用しません。

彼のことをありのまま見て、誠実に対応しようと考えること、感情をあらわにしすぎないことが大切ですね。


3.癒し系になることを心がける

理系男子は、勉強でも仕事でもハードワークになることが多いですね。

やはり疲れていることもあるでしょう。

そんな理系男子がつきあうなら、結婚するなら、女性らしく癒される存在を求めるのは当然ともいえます。

派手な女性だと、ホッとできないのでは?と理系男子は不安が膨らんでしまいます。

恋愛経験のなさからも、見た目が派手な女性は自然と避けてしまうことが多いようです。

もともとサバサバしているタイプの方は、無理に女性らしくしようとする必要はありません。

さりげない気遣いができることや、料理が上手なことなど、一緒にいてリラックスできる女性をめざしましょう。


4.距離をうまく縮めていく

理系男子は学生の間からずっと、女性が少ない環境に身を置いていることもありますね。

いきなりの恋愛アプローチや告白は、引いてしまう原因にしかなりません。

自分のテリトリーをきっちりと分けている人も多いです。

過剰に入り込んでしまうと、拒絶反応を示されてしまうこともあります。

恋愛アピールは伝わりにくいわけですから、ここは割り切って女友達としての距離感からスタートしてみるのもよいでしょう。

相手をキチンと見極めて、どこまで立ち入るのならOKかという判断も必要です。

理系男子とは、少しずつ距離を縮めていくようにしましょう。


5.自分も理系になってアピールしなくてもよい

もともと理系女子でないのなら、無理に自分も理系になろうとする必要はありません。

どうせ理系のことや自分の専門分野を理解するのは難しいだろうという前提を、理系男子は持っていることが多いわけです。

その仕事の内容をどんなに褒めたところで「ほめてもらってうれしい」とは結びつきません。

分かったような発言は、逆にイラつかせてしまうでしょう。

とはいっても、男性はほめられたいと考えているものですね。

専門分野外のことで彼の得意なものを見つければ、上手にほめてみるのがオススメです。

会話などから上手に探ってみましょう。


6.相談は内容を選んで

恋愛対象に相談を持ちかけるというのは、セオリーですよね。

悩みや困ったことを知ってもらうことで、距離感もグッと縮まります。

二人きりでの会話のチャンスですし、秘密の共有感もあります。

しかし、理系男子にはこの相談内容、少し論理的な部分を含ませないと上手なアプローチとはならないでしょう。

あまりに簡単過ぎる内容や、なんで相談したの?という話なら「そんなことも解決できない頭が悪い人」という印象を持たれかねません。

また重すぎる内容も、世慣れていない彼には難しいとしか感じられないでしょう。

彼のもともと持っている分析好きや解決好きという部分を、うまく突ける相談がベストです。

理系男子にアプローチしよう

理系男子だって、文系男子だって、一人の男性であることには変わりありません。

しかし、思っているよりも恋愛アプローチがスムーズにいかないことは多いのです。

これまで恋愛経験がある女性も、同じように…と考えてアピールすると逆効果になりかねません。

恋愛スキルは低いと思っておいた方が良いでしょう。

きちんと理系男子その人を見るようにしましょう。