友達と一緒にバイトをすることのメリット4つ

最終更新日:2017年2月4日

バイトを始める時に「友達と一緒だったらな」と思うことは多いでしょう。

実際に友達が一緒ではないバイトをしている場合は、孤独を感じる人がいたり肩身が狭く感じたりと、バイトにいきたくなくなる原因を作ってしまうことも。

友達と一緒に同じバイトをすると、どんなメリットがあると言えるでしょうか?

1.バイトの細かい話を共有できる

バイトでミスをしてしまった、バイトで苦手な人がいるといった状況になっても、友達が同じバイトをしていることで、話を共有出来たり相談出来たりします。

一緒ではない友達に話したとしても、どんなミスでそのミスがどれだけの事なのか、あるいは苦手な人がどんな人間性なのかを知ることはできません。

話題を共有できないことで、話しても愚痴っても、どこか気分が晴れないままになり「分かってくれる人いないかな」と残念な気持ちだけが残ってしまうでしょう。

しかし友達と一緒に同じバイトをしていれば、ミスの内容も、苦手な人のことも、すべて「分かる分かる」と共有できる話題。

こうした人が身近にいてくれて、なおかつ友達であれば、ストレスを溜めることなく、共有という形で発散することが多くなります。

同じ場所でバイトをしているからこそ話せることもあり、自分にとっても心強い味方だと感じることが多いでしょう。

2.バイトを代わってもらいやすい

急に熱が出てきた、急に大事な用事ができたという時「バイトを休みます」と連絡をいればいいだけかもしれません。

しかし責任感の強い人であれば「私の代わりにお願いする人を見つけないと」と、休むことに責任を感じてしまうでしょう。

自分が休んだ分、そこに穴埋めとして代わりの人が必要になり、その手配を上司や同僚に任せることになると気が重くなり、中には無理をしてまでバイトに向かう人もいます。

このような時に、友達と一緒のバイトであれば「代わって欲しい」とすぐにお願いできる点はメリットと言えます。

バイト先で親しい人がいたとしても、友達のような関係ではなく連絡先も知らないとなれば、代わってもらいたくても言うことができない。

しかし元々友達の関係であれば、すぐに連絡が取れたり、場合によってはその場に一緒にいる可能性だってあります。

「熱があるから代わって」「今度の休みと代わって」とそこまで遠慮せずに言えること、そして責任を感じて無理しなくて良いことはメリットの一つと言えるもの。

あまりに頼りすぎて関係が悪化しない程度に「お互いさま」の気持ちの範囲内でやりくりをすると、両者にとって都合が良いと言えるでしょう。

3.バイト自体が楽しく感じる

体力的に大変なバイト、気を遣うバイト、精神的にきついバイトと、バイトは簡単で楽で、すべてが楽しいと思えることだけではありません。

社員のように責任を担うことがなかったとしても、バイトだからこそ容赦なく利用されて大変なこともあるでしょう。

このような時に、自分一人でバイトをしている場合「きついな」「やめたいな」と思ってしまうものですが、そこに一人でも友達がいることで、楽しく感じることもあります。

「やめたいな」と暗い顔をしている時に「○○がそんな顔してるの似合わないよ」と冗談ででも言ってくれたら気が晴れるもの。

「そうだよね、○○も頑張ってるんだし」と前向きになれて楽しくバイトをすることができるのも、友達がそこに居てくれるからでしょう。

多少大変なこと、辛いことがあっても乗り越える力になってくれることが、友達と一緒にバイトすることのメリットと言えます。

4.周りとの関係も深まる

人見知りの人、警戒心の強い人が一人でバイトしている場合、周りの人と仲良くなれるきっかけが持てず、いつまでもよそよそしい雰囲気を出してしまいます。

本当は「仲良くなりたいな」「もっと話してみたいな」と思っていたとしても、バイトという状況もあってなかなか話しかけられない。

こんな時、友達と一緒ということがきっかけで、仲良くなれるチャンスが二倍になります。

その友達が人見知りしない性格だったり、すぐ人と打ち解けられる性格だったのなら、便乗する形で自分も周りと仲良くなれます。

次第にバイト仲間とも仲良くなり、友達以外にも親しい人が増えて、最終的に皆が友達になっているケースもあるでしょう。

一人だと孤独に感じ積極的になれなくても、友達がいれば勇気を持てることが多く、消極的な自分を変えて人間関係を広げることもできます。

元々人と仲良くなるきっかけが作れない人は、友達が一人でもいることで、交流関係を広げてくれるメリットを感じられるでしょう。

友達と一緒にバイトをしてみよう

バイトと言っても仕事なので、友達とぺちゃくちゃ喋っていたり、手を抜いたりすることは許されません。

マナーや常識を守った上での友達とのバイトであれば、そこにはたくさんのメリットがあると言えます。

いつもバイトが長続きしない、バイトの人間関係が築けないという人は、一度友達とバイトしてみると良いかもしれません。

友達がいることによって得られるメリットを利用し、自分も少しずつ成長していくようにしましょう。